中山記念2016予想 ドゥラメンテほか豪華メンバーが集結!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山記念2016の予想です。ドゥラメンテをはじめ、リアルスティール、イスラボニータ、アンビシャスなどなど豪華メンバーが集まった今年の中山記念。まずは過去の傾向を振り返ったあと、各馬の分析へ進んでいきます。

中山記念の過去の傾向

中山記念2016

【2015年】13.1 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 12.2 1.50.3
【2011年】12.8 – 11.5 – 12.0 – 12.2 – 11.6 – 11.4 – 11.7 – 11.1 – 11.7 1.46.0

ここ2年は稍重での開催で、決着時計は遅め。フェデラリストが勝った2012年も重馬場で、この時期なので雨が降りやすく馬場も悪化しやすい。良馬場だと46秒台が目安。どちらにせよ中山1800mなので、内枠、4角内が有利になりやすい。昨年はヌーヴォレコルト、2014年はジャスタウェイが内を割る競馬だったし、シルポートをはじめ逃げ馬も残る。4角外で馬券になったのは、ここ5年では2011年のヴィクトワールピサとリーチザクラウンのみ。ヴィクトワールピサはご存知のようにこのレースをステップにドバイワールドカップを勝つくらいの能力だったことを考えると余程抜けていない限り、外を回して勝ち切ることは難しい。ラップは小回りコースなので持続力勝負が基本。重くなればパワーが必要になってくるし、軽い馬場なら速力が求められる。

血統は2年連続でハーツクライ産駒が勝利。ヌーヴォレコルト、ジャスタウェイのほかにもダイワファルコンやキャプテントゥーレもトニービン持ちで警戒しておきたい。やはり基本はSS系で、母父SSの好走が目に付く。ロゴタイプ、ダイワファルコン、シルポート、フェデラリストが該当する。ローテーションはこれといって統一感はないものの、少し間隔を開けて使ってくる馬のほうがいいかなという感じ。過去の勝ち馬を見ても弱い馬は勝っていない。

では次に各馬の分析へと移ります。

ドゥラメンテ、リアルスティール

【皐月賞】12.5 – 10.7 – 12.0 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 11.6 1.58.2

まずは2冠馬ドゥラメンテ。3歳春のレースを振り返ると皐月賞で大きくパフォーマンスを上げている。皐月賞、ダービーともに高速馬場で速い時計での決着。上の皐月賞なんかは後半3F11.7 – 11.4 – 11.6を4角で大きく外に膨れながら楽々差し切っている。完全にリアルスティールが勝つパターン。ダービーも外枠だったので、苦しむかなと予想していたものの、折り合い面にも進化を見せて快勝。京都記念の記事でも書いたように近年のダービーで外を回して勝った馬は名馬クラスなので、ドゥラメンテも春の時点では世代では抜けた存在だったことは確か。古馬と比較しても3歳春の時点で遜色なし。今回は適性面も不安はなく、速力、持続力勝負になればなおいい。イメージとしてはヴィクトワールピサの競馬かな。当然課題となるのは仕上がり面なので追い切りには注意したいし、骨折明け、57kgでもあるのでオッズと相談して判断したい。血統はキンカメ×SS×トニービンで文句なし。

リアルスティールのクラシックは結局勝ち切れず。特に菊花賞はレベルは高くなかったので差し切ってほしかったけど、仕掛けが少し遅れてしまった。皐月賞、ダービーともにドゥラメンテには完敗も、今回は過程としてはこちらのほうが上で、なんといっても55kgの斤量。逆転できるならここしかないか。この世代レベルは疑問視しているけど、サトノクラウン比較では通用する計算。瞬発力を活かすタイプでもなく、持続力勝負もいい。皐月賞の競馬がしたいので、内枠を引きたい。ディープ×ストームキャットなので馬場は軽いほうがいい。

4歳からはアンビシャスも参戦。アンビシャスもリアルスティール同様に55Kgでの出走。秋の2走は枠にも恵まれたし、もう少し頑張ってほしかったというのが本音。どちらも33秒台の上がりが求められたので、ラジオNIIKEI賞みたいに持続力よりのほうがいいのかもしれない。ディープ産駒でも母父はエルコンドルパサーであることからもそう推測できる。なので今回の条件は悪くない。ドゥラメンテ、リアルスティールにまともに走られると厳しいのでまずは内枠。

イスラボニータ、ラストインパクト

【マイルCS】12.6 – 10.9 – 11.1 – 12.5 – 11.9 – 11.1 – 11.5 – 11.2 1.32.8

イスラボニータのマイルチャンピオンシップは中盤緩むラップで4角13番手からではさすがに苦しかった。それを考慮すると強い内容だし、天皇賞も8枠からラブリーデイに0.2差なので昨秋のレースは評価しないといけない。昨年も中山記念には出走していて1番人気5着。これは馬場が大きかったのかなと。フジキセキ×コジーンなら速力を活かす条件が一番いい。軽い馬場かつイン伸びで、内枠という状況がベスト。

ラストインパクトは小倉大賞典以来の1800m。ジャパンカップの好走は内枠+ムーアJの騎乗が大きな要因で、ジャングルクルーズ、ワンアンドオンリーでも僅差の競馬をしていることから過大評価をしてはいけない。ただ小倉大賞典からは中山1800mがいいほうに出る可能性はあってディープ×ティンバーカントリーの血統もいい。同じようにスローから道中動いて、という流れなら警戒したほうがいいのかなと。

他にはフルーキーが中山金杯から。戦績を見てもチャレンジカップが一番強いし、2000m→1800mの短縮はプラス。金杯と同じ競馬では届かないし、時計は少しかかったほうが。ロゴタイプは昨年より速力が問われることはプラスで、かつ斤量も57kgで1kg減。相手は強化されているけど、適性面は魅力。できるだけ速い馬場が希望。

ざっと見てきたけど、高速馬場のほうが力を出せるタイプが多いかなという印象。ドゥラメンテの臨戦過程に不安がある以上、人気するようであればほかの馬から入っていいのかもしれない。枠次第のところも大きいが、55kgのリアルスティールとアンビシャス、速力勝負のイスラボニータ、穴なら人気ブログランキングへが候補かな。ではひとまず追い切り、枠順の発表を待つこととします。続く。

アーリントンCはこちら→アーリントンカップ2016予想 過去の傾向とアーバンキッドほか各馬の分析

阪急杯はこちら→阪急杯2016予想 ミッキーアイル、レッツーゴドンキほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする