中山金杯2016予想 ハンデ戦&読みにくい展開から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山金杯2016の予想続編です。こちらのほうも枠順が決まったので、印を付けていきます。まずは昨年暮れの馬場傾向を確認しておきます。

※各馬の分析についてはこちら→中山金杯2016予想 フルーキー、ネオリアリズムほかの分析

中山芝の馬場傾向

5回4週中山

土曜日については、有馬記念の記事を参照→有馬記念2015予想 中山の馬場を踏まえて最終結論!

続く日曜日は、3R2000m内回りから。1枠マヤノピナクルが先行した8枠キャプテンロブロイを差し切り。ラスト1Fは12.4に減速していることからも持続力勝負。この流れで外差しが届かないということは内のほうがいいか。マヤノピナクルはドリームジャーニー×アルザオ、キャプテンロブロイはゼンノロブロイ×キャプテンスウィーヴという血統。4R新馬戦マイルは一転して外外。スローからサトノキングダムがディープの決め手が活かしたという結果。どうも土曜日と比較するとひとつ時計がかかっているか?7Rグットラックハンデも外差しが上位に。後半5Fの勝負になってプロレタリアトが外差し。9RホープフルSもハートレー、ロードクエストの決め手比べ。ペースが速かったわけではないので、外ものかな。ハートレーはディープ×Congrats、ロードクエストはマツリダゴッホ×チーフベアハート。有馬記念はゴールドシップが動いた段階でペースも上がって5F勝負。レベルは低め。ホープフルSを見ても土曜日よりは時計はかかる。最終ハッピーエンドCもアドマイヤゴットが豪快に外差し。33.8-35.2なのでハイペースはハイペースなんだけど、これが届くということは外がいいということなんだろう。

表を見てもわかるように土曜日→日曜日で大きく馬場傾向は変わって、外差し優勢になり、時計もかかる馬場になった。中山金杯はCコースで開催されるので、Aコースだった有馬記念の週とは異なる傾向になる可能性が高いものの、想定としては日曜日の馬場で59秒台の時計、内外はフラットで予想する。

中山金杯2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→中山金杯2016の枠順

まず展開を読むのが難しい。各馬の前走での4角位置はほとんどが2桁。さらに先行馬もスピリッツミノルくらいで、そのスピリッツミノルもチャレンジカップでは追い込みで悪くない内容なので、今回も控えてくるかもしれない。そうなればどの馬がいくかはかなり読みづらくなってくる。ヤマカツエース、フルーキーでも前に位置取りになりそうで、ペースが上がるとは考えづらいけど、過去の傾向からは5F~4F勝負にはなっているので、それくらいからペースアップする展開になるか。先行~好位に有利な流れで極端な差し馬には厳しい流れになりそうだが。

◎フルーキー
○マイネルフロスト
▲べルーフ
△ヤマカツエース
△ステラウインド

◎は結局フルーキー。検討記事ではチャレンジカップがベストの条件だったので、今回は狙いづらいというような趣旨のことを書いたのだけど、ここまで先行馬がいないと前に付けてあっさり、というパターンもある。後半だけの勝負なら体力は誤魔化せそうだし、外目の枠なので動きやすいのもいい。能力的には57.5kgでも上位、デムーロJ騎乗で買わないといけないのかなと。阪神1800m→中山2000mは好転とはいえないが、小倉1800mでは結果を出しているし、コーナー4つ自体には問題ない。

対抗はマイネルフロスト。金鯱賞は外枠からのレースで、ハイレベルでも健闘してきた。福島民報杯の競馬ができればスローにも対応可能だし、毎日杯をみても一定以上の速力もある。57kgは軽くもなく、重くもなくといったハンデで、位置取りが後ろになる可能性もあり、○にしました。▲も同じ金鯱賞からべルーフ。3歳春の内容からは低速戦向きなので、時計はかかってほしいタイプ。あまり速い馬場にならなければ、もっと上に評価してもよかったけど、2分は切ってきそうなので。ベリーJ騎乗はプラスの要素。

ヤマカツエースはいい枠を引いたけど、福島記念よりは条件は悪化している上、後半速力が問われる流れでは持ち味が生きない。函館記念も上がりがかかったレースなので、そこと比較するとちょっとずれる。どれだけ積極的に動けるか。ステラウインドは七夕賞の走りができれば馬券になる力はあるし、内枠を引けたので、抑えは必要。ブライトエンブレムも低速戦向きなので、2分を切るような馬場だと減点が必要だし、ネオリアリズムも少し能力が足りない、ライズトゥフェイムも東京向き、それに加え大外枠。

買い方は◎フルーキーからマイネルフロスト、べルーフを中心に印をつけた馬に流す感じかな。今週からAコース→Cコースに替わるので馬場の確認はしておきたい。特に、時計の出方はよく観察する必要がありますね。

京都金杯はこちら→京都金杯2016予想 枠順決定!混戦の中からの本命は

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする