中山金杯2016予想 フルーキー、ネオリアリズムほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山金杯2016の予想です。思い返せば、昨年はラブリーデイがこのレースを勝ってからの快進撃が始まったのでしたね。中山のほうの金杯も同じように進めていきます。では過去の傾向から。

京都金杯はこちらから→京都金杯2016予想 内枠有利の傾向&トーセンスターダムほかの分析

中山金杯の過去の傾向

中山金杯2016

【2015年】12.3 – 10.8 – 12.5 – 11.5 – 12.3 – 12.0 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.9 1.57.8
【2014年】12.2 – 10.5 – 12.4 – 11.8 – 12.5 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.3 2.00.1
【2013年】12.3 – 10.9 – 12.8 – 12.1 – 12.5 – 12.1 – 11.8 – 11.6 – 11.6 – 11.8 1.59.5

まず2015年から。昨年は冬の中山開催にしては異例の高速馬場といっていい水準でレコード決着。もちろんラブリーデイ-ロゴタイプの走りが優秀だったこともあるけど、馬場自体もかなり速かったことは間違いない。ラップは後半4Fに11秒台が並ぶ持続力勝負になって、速力+持続力の戦い。枠で見ると1~3枠が上位を独占して内枠が有利になった。ラブリーデイはキンカメ×ダンス、ロゴタイプはローエングリン×SS。対照的に2014年は低速戦。後半に12秒台前半が並んでいて、2015年と比較してみると面白い。適性は体力、馬力+持続力のイメージかな。枠は変わらずに2枠オーシャンブルーがうまく内から抜け出して、2着も2枠カルドブレッサ。オーシャンブルーはステイゴールド×Dashing Bladeで、カルドブレッサはジャングルポケット×SSという血統。

2013年はその中間くらいの馬場の速さ。この年も後半に11秒台が並んで持続力が問われているけど、2015年ほど速力は求められていない。タッチミーノットが中段から差し切り。ジャスタウェイは外差し届かず。タッチミーノットも3枠なので、基本的には内のほうがいいのだろう。血統はダンス×ミスプロ、シングスピール×ドバイミレニアム。2012年は前半ゆったり入って後半1000mの勝負。この年はハイレベル戦だったように記憶している。馬場は2013年とややかかるくらい。フェデラリストが外から捲って快勝。フェデラリストはエンパイアメーカー×SS、ダイワファルコンはジャングルポケット×SS。最後に2011年はかなりスローで流れた年。ラスト3F11.6 – 11.2 – 11.8は小回り2000m重賞では瞬発力よりの展開だなあ。内前が有利になって2枠のワンツーという結果。コスモファントムはStephen Got Even×Paris House、キョウエイストームはスウェプトオーバーボード×SS。

ざっと各年を復習すると、まず内外については内のほうがいい。7枠、8枠は一頭も馬券になっていないし、毎年1~3枠のいずれかが絡んでいる。適性は馬場によって異なり、2015年ほど速ければ持続力に加え速力も必要になってくるし、2014年ほどかかれば体力・馬力が求められる。基本的には小回りの中距離重賞なので、ペースは上がりやすく持続力勝負。血統はミスプロ系、母父SSが健闘していて、トニービンとかも良さそう。

フルーキー、ネオリアリズム

ここから出走予定馬の検討へ。

まずはフルーキー。チャレンジカップはデムーロJの好騎乗もあったけど57kgのハンデを考えるとまずまずの内容か。ハイレベル戦の富士Sからのステップは、マイル→1800mの延長も含め、かなりいいステップだったと思う。ここまでのベストパフォーマンスを選ぶのは少し難しいが、1800mがおそらくベストの距離なのだろう。能力的にはG3なら上位にいる、というくらい。当然今回の課題はコーナー4つのコースと2000mという距離。まずコーナー4つについては、小倉1800mで経験済み。その時は500万でもものなので、判断が難しいものの、レース振りを見ていると問題なさそうだし、適性的にも持続力よりのレースを得意としている。2000m分の体力があるかどうかほうが大きいように思う。菊花賞で3000mは走っているが、インがかなり有利な馬場で2枠からエピファネイアに1.5差はいまいちかなと。Redoute’s Choice×SSという血統、外回りマイル~1800mで安定して高いパフォーマンスで走っていることを考えると中山2000mでさらに上げてくることは考えづらいと判断するのが合理的。ハンデ57.5kgで人気なら中心視することもないかなあ。ステップとしては前走ほうがよかったわけだし。馬場は速いほうがいい。

【ウェルカムS】12.9 – 11.0 – 11.0 – 11.6 – 11.6 – 12.5 – 12.5 – 11.4 – 11.9 1.46.4

次はネオリアリズム。札幌500万から覚醒した感があった昨年までの内容。一連のレースのレベルはOP特別くらいと見ている。時計とラップだけ見れば一番いいのは前走のウェルカムS。縦長になってネオリアリズムの位置からはスローの瞬発力勝負。ジャパンカップと同じ週なので、ネオリアリズムの進路はムーアJが当日通っていたベストルート。ラストインパクトと同じところで馬場の恩恵があった可能性は高い。そのことを考慮すると課題評価は禁物か。北海道のレースをみても適性的には問題なさそうで、ネオユニヴァース×Meadowlake、リアルインパクトの半弟という血統も悪くない。ただ55kgでも能力が少し足りないというか、上位ではないので積極的に狙いたいかと言われると微妙なところ。どちらかというとフルーキーと同様に速い馬場で決め手が活きる状況がいいのかな。

ブライトエンブレムは、低速戦かつ上がりのかかる展開になるかどうか。弥生賞→皐月賞でパフォーマンスを落としていること、セントライト記念で捲くりきれなかったことを考えると2つ揃わいと厳しいか。昨年のような高速馬場になるとまず届かないので、少なくとも2014年の馬場以上かかってほしい。能力面を考えると56kgは見込まれた感があるかな。ネオユニヴァース×ウォーエンブレムは魅力的だけど。

べルーフも明け4歳で56kgのハンデ。金鯱賞はハイレベル戦といっていい評価ができるので、べルーフ自身の走りも悪くない。小倉記念からも上がりがかかる展開が希望でそうなればブライトエンブレムよりは期待できる能力値。昨年くらい速い時計になると速力が足りないので2分前後で決まってくれれば、前走より相手関係は楽になるわけで、上位にくる可能性は高い。

ヤマカツエース、マイネルフロスト

【福島記念】12.4 – 11.1 – 11.8 – 12.2 – 12.8 – 12.4 – 12.1 – 12.6 – 12.0 – 13.1 2.02.5

ヤマカツエースは福島記念での◎はそこそこ自身があったレースで、函館記念、札幌記念の内容がよかったし、富士Sからのステップもプラスだった。福島記念は上がり37.4とかなり重い馬場での特殊なレース質になったのでレースレベルは測りにくいが、そこまで高くないと見ている。その福島記念、北海道での2戦をから適性面は、瞬発力・速力に欠けたタイプなので、重い馬場かつハイペースという条件がベスト。福島記念はまさにその条件が叶ったわけで、そう考えると今回さらに好転することはないはず。特に昨年のような速い決着になれば苦しくなるし、スローになればさらに厳しくなってくる。能力面は56kgでも上位にはいるのでどれだけ時計がかかる馬場になるかといったところ。ただ前走より買いづらいことは間違いない。

【金鯱賞】12.4 – 10.6 – 12.4 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.1 – 12.0 1.58.8

マイネルフロストもベルーフと同じ金鯱賞からのステップ。その金鯱賞は12頭立てではあったものの、8枠からのレースなってしまった。それでもミトラとは0.3差で、上がりも2位。べルーフと同様にハイレベル戦の金鯱賞なので悲観する内容ではない。ただ、オールカマー、アルゼンチン共和国杯でもきっちり負けているということはある。昨年も中山金杯には出走していて、そのときは56kgでラブリーデイに0.7差という内容。適性的にはもう少し時計がかかったほうがいいタイプなので、馬場次第では昨年より前進は可能かな。金鯱賞外枠→中山金杯内枠となればラブリーデイと同じだし、タイプ的にも内枠を引きたい。56kgなら◎だけどなあ。

ほかにはライズトゥフェイム、フラアンジェリコ、ステラウインドあたりだけど、ピンとくる馬はいなさそう。能力的にはフルーキー、ヤマカツエース、マイネルフロストが上位かな。どれだけ速い馬場になるかで印は変わってきそうだけど、能力、適性で考えると現時点ではべルーフ、マイネルフロストの金鯱賞からの2頭が比較的好印象。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする