武蔵野ステークス2015予想 過去の傾向とノンコノユメの古馬挑戦

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャンピオンズカップに向けて、武蔵野ステークスの予想です。ノンコノユメとゴールデンバローズ、モーニンの3歳3頭に注目が集まりそうな今年の武蔵野S、まずは過去の傾向から振り返る。

武蔵野ステークスの過去の傾向

武蔵野S2015

【2014年】12.3 – 10.7 – 11.2 – 11.8 – 12.1 – 12.2 – 12.0 – 12.9 1.35.2
【2013年】12.3 – 10.9 – 11.5 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 11.9 – 12.2 1.35.3
【2012年】12.1 – 11.0 – 11.9 – 12.7 – 12.9 – 12.4 – 11.5 – 11.9 1.36.4

 昨年はオーバーペース気味に流れて、エアハリファが抜け出したところをワイドバッハが差し切りという結果。過去をみても東京ダートマイルらしい決め手が活きる展開もあってワイドバッハやイジゲン、グロリアスノアは35秒台の上がり。レベルが高い年になると良馬場で1分35秒台の前半で決まる。昨年は2頭が強い内容だったし、2013年はベルシャザール、アドマイヤロイヤルらのハイレベルな争い。一方、イジゲンの2012年はスローになったこともあったけど内容としては凡戦で36秒台での決着。枠順はここ5年は毎年1~2枠から1頭は馬券に絡んでいるので、少し注意しておきたい。3歳馬についてはベストウォーリア、イジゲン-ガンジスが近年馬券になっていて全くダメというわけではない。

 ステップについては前走東京ダートで結果を出してきた組が好走している。ダート路線のなかでは特殊なレースに入る部類の武蔵野ステークスなので、過去に東京ダートの実績はあったほうがよさそうだ。速い上がりに対応できるタイプを狙ってみたい。

3歳勢

 まずは人気を集めるであろう3歳の3頭から。
 最初はノンコノユメ。

【青竜S】12.8 – 11.6 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 11.5 – 11.7 – 12.2 1.36.4

 このブログでも再三指摘しているように今年の3歳ダート路線のポイントとなるレースのひとつが青竜Sで、かなりレベルの高い一戦だった。3歳春の時点で古馬1600万レベルには間違いなくあるという内容で、ユニコーンSでもそのレベルの高さは実証済み。ノンコノユメについては、この青竜SとユニコーンSの東京マイル2つが強く、またジャパンダートダービーは勝ったものの、そこまで評価はできない内容であることから、ここに適性があるのは間違いないだろう。古馬をみてもそこまで強力なのはいないので、あっさり差し切るのかなと考えていたところ、斤量が58kgという事実に気付いていなかった。能力・適性は間違いないけど、休み明けで58kgは中心視するにはちょっとなー、という感じはある。相手が低調とはいえ。希望する条件としてはやはり決め手が活きる東京ダート。

 ゴールデンバローズは巻き返しのチャンスではある。レパードSはコーナー4つの1800mで適性外、ユニコーンSはドバイ遠征明けで状態いまいちと一応言い訳はできる。もっともノンコノユメとは違ってここまでのパフォーマンスは一枚落ちる。斤量は3kg軽い55kgだし、ベストパフォーマンスのヒヤシンスSと同じ東京マイルの舞台。血統的にも条件は好転しているし、ムーアJ騎乗だ。買うなら今回かなという気はする。

 もう一頭はモーニン。

【秋嶺S】12.3 – 10.5 – 11.0 – 11.9 – 12.7 – 12.6 – 12.1 – 12.6 1.35.7

 ここまでデビューから5連勝できているわけだけど、内容もいい。特に前走の秋嶺Sは良馬場で1.35.7で走っているし、まだ余裕がありそう。単純に35秒台で走れたらこのメンバーでは通用する計算になる。課題を挙げるなら速い上がりに対応できるかで、前走もややハイくらいのペースで自身の上がりは36.9。スローからの切れ味勝負になったらまず35秒台では上がらないといけないので、対応できるかどうか?5戦で上がり最速4回なのであっさりクリアしそうな気もするが。父ヘニーヒューズはアジアエクスプレスと同じ。ノンコノユメの58kgを考えると55kgという斤量は有利に映るなあ。

古馬勢

 対する古馬勢について。
 南部杯からはタガノトネールとアドマイヤロイヤル。今年の南部杯は57.9-38.9と前半からガリガリ飛ばすレースで上がりがかなりかかる展開になった。そのなかでベストウォーリアが順当に抜け出し快勝したレースなんだけど、ここでのタガノトネールは一定の評価が必要だろう。このペースを引っ張ってワンダーアキュートに先着で、4着以下は引き離した。プロキオンSの記事でも書いたように天保山Sがいい内容で、1400mなら現役でもベストウォーリア、コーリンベリーらに続く現役トップクラスにはいる馬。南部杯で距離の目処はたったように思うので、マイルという距離自体は問題ないとは思うが、東京マイルで瞬発力が問われたときにどうかというのはやはり不安だ。昨年くらいペースが流れ、積極的な競馬ができればというところ。実力値はこのメンバー構成なら上位にいるので。一方のアドマイヤロイヤルは南部杯では負け過ぎだし、今年に入ってからは得意の左回りの条件でもパフォーマンスを落としている。全盛期の内容なら勝てる相手だけど、もうそろろ厳しいのかなあ、というのが正直なところか。

 ほかに挙げるならグレープブランデー。ご存知フェブラリーステークス勝ち馬で、昨年の武蔵野Sは3着。今年のフェブラリーステークスも好内容で、東京マイル適性は言わずもがな。前走のエルムSも久しぶりに馬券になったし、再度58kgでも警戒しないといけない条件だ。ただ休み明けなので、仕上がりには注意するのと、できれば内枠がほしい。
 ニシケンモノノフは距離の不安がある。グリーンチャンネルCはOP特別にしてはレベルは低め、上がり勝負には対応できるけど、ベストはやはり1400mなのでだろう。ベルゲンクライのほうはブラジルCがいい内容でマイルは逆に距離不足ではないか?ブラジルCからのステップはベルシャザールが結果を出してはいるものの、さすがに彼と比較するのは気の毒に思われる。アハルテケステークスでは2着にきているものの、レベルとしてはやや低い。

 3歳vs古馬という構図でみると、モーニンが3歳筆頭で、古馬勢はタガノトネール、グレープブランデー、ベルゲンクライ。ノンコノユメは実力値では最上位も、やはり58kgは減点せざるを得ない。あとは展開がどうなるかと、決め手がどれだけ活きるかがポイントになってくるので枠順、当日の馬場を確認したい。続く。

予想記事更新しました!印はこちらから→武蔵野ステークス2015予想 高速ダートで浮上するのはどの馬か?

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする