マイラーズカップ2016予想 ◎ダノンリバティ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイラーズカップ2016の予想です。フィエロ以外は少し寂しいメンバー構成。騎乗予定だったデムーロJが皐月賞で騎乗停止で乗れずなので、他馬にも付け入る隙はあるかもしれません。では予想を進めていきます。

マイラーズカップの傾向

マイラーズC2016

【2014年】12.5 – 11.0 – 11.4 – 11.7 – 11.2 – 11.4 – 10.9 – 11.3 1.31.4
【2013年】12.3 – 10.8 – 11.0 – 11.7 – 11.5 – 12.1 – 11.5 – 11.7 1.32.6
【2012年】12.1 – 10.8 – 11.4 – 11.9 – 11.3 – 11.2 – 11.8 – 12.7 1.33.2

ここ2年は超高速馬場でのレース。こういう馬場なれば、速力と位置取りが重要で、どうしても前が有利になってしまう。2013年はまた違って、時計がかかる馬場で外差しが決まった年だし、2012年は重いイン伸び。今年も高速馬場になりそうではあるが、馬場に応じて求められる適性が変わるのでしっかり把握したい。これは内外についても同じ。

血統は、この条件なのでディープ産駒は毎年馬券になる活躍ぶり。特に究極の速力勝負になった2014年は、ワールドエース、フィエロ、エキストラエンドが1~3着でディープが独占。ディープ以外に目立つのはリファール系を中心にノーザンダンサー。2015年は母父ノーザンダンサー系が1~3着。2013年には父ラスカルスズカ(リファール系)のサンレイレーザーが穴を開けている。ローテーションは、これといって傾向はなし。

マイラーズカップ2016の有力馬分析

では次に各馬の分析です。

フィエロ、アルバートドック

まずはディープ産駒から。

フィエロは香港マイル以来のレース。香港マイルは相手も強かったし適性も少しずれるので敗戦は仕方ない。ベストはやはり高速京都のマイル。ここまでのベストは2年前のマイルチャンピオンシップ。ディープ×デインヒルからも速力勝負で流れる展開が一番向いている。今回も高速馬場なら、条件としてはいいし、この相手に56kgはかなり有利に思う。海外帰り、目標は先ということから仕上がり、冒頭でも書いたように騎手が誰になるかの不安はあるが。

ダノンシャークもベストは高速京都のマイル。全盛期と比較すると能力は落ちているのが事実も、昨秋の毎日王冠くらい走れば十分勝負になる相手。ここ2走は阪神1400mで適性外かつ不利があった。阪神1400m→京都マイルは条件好転なので、あとはペースが上がれば。エキストラエンドも中山マイルよりは京都マイルのほうがいいタイプ。近走も一定のレベルでは走り続けているので、全体のレベルが落ちるかどうかだけ。

アルバートドックは中日新聞杯はまさかのシンガリ負け。小倉大賞典もレベルは低めだったので、中距離のG3でもまだ力不足の現状。今回のポイントは京都マイルになって伸ばせるかどうか。リゲルSの内容はいいし、3歳春の白百合Sは超高速京都で勝っていること、血統ディープ×ヌレイエフ系からはここで覚醒してもおかしくない状況ではある。転厩の難しさもあるだろうから、仕上がり面は注意しておきたい。

ケイティープライドはちょっと能力不足。京都金杯で内枠を引きながら凡走しているあたり厳しい感じ。マーティンボロはマイルに短縮して以来、いかにも距離が足りないという負け方なので、やはりもう少し距離があったほうがいい。雨で重くならないとマイルでは軽すぎる。

ダノンリバティ、レッドアリオン

【六甲S】12.6 – 11.3 – 11.6 – 11.9 – 11.5 – 10.9 – 11.2 – 12.1 1.33.1

ダノンリバティテイエムイナズマは大阪城S、六甲Sから3回連続で同じレースに出走。2つとも高速馬場の阪神でのレースで、大阪城Sは斤量、六甲Sはラップを加味すると、ほとんど同等の評価ができる。レベルは六甲Sのほうが上で、このメンバー構成なら、フィエロ以外なら上位の内容。ダノンリバティのほうは、キンカメ×エリシオからも32秒台前半の速力勝負になると苦しいので、2012年くらいの馬場が希望。テイエムイナズマも対フィエロを考えると、ブラックタイド×ダンチヒでも多少時計がかかったほうがいい。停滞気味な他の馬ち比べると充実度ではこの2頭なので、2012年の馬場なら狙いやすいかな。

レッドアリオンサンライズメジャーの昨年1,2着コンビは今年もスローを先行して、のパターンを狙う。レッドアリオンの好走パターンはマイラーズカップ、関屋記念のような高速馬場を先行して速い上がりでまとめるというもの。出遅れもあるので、外枠を引いてゆったり運べるか次第。57kgで昨年以上に状況が向くと考えるのは難しいかもしれないが。サンライズメジャーも先行ちょい差しができるかどうか。能力は足りているし、休み明けを一度叩いて状態面はプラス。キャピタルSを見ていると少し時計がかかったほうがいいかなとも思える。

【幕張S】12.4 – 10.7 – 10.8 – 11.3 – 11.8 – 12.0 – 12.4 – 12.4 1.33.8

最後にネオスターダム。幕張Sは超ハイペースの水準で前に厳しいレース展開。後ろから進めたネオスターダムにとっては展開利があったし、それでこの内容なので、レベルとしては1000万少し上あたりの評価。丹波特別もいまいちなので、現状重賞では能力的には足りない。半弟トーセンスターダム、エヴリウィスパーの母系なので京都マイルは悪くないのだろうけど、もう一段上の走りが必要になる。

京都芝の馬場傾向

次に土曜日の京都芝の馬場傾向です。

3回1週京都

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

京都はCコース使用。エアレーションの影響か、この時期の京都にしては時計は出てない。メインの準OP1200mで33.9-34.1の1.08.0、橘Sでは20秒台で決着するくらいの水準。基本は内ではあるものの、外差しも決まるレースもあり、やや内有利~フラットくらい。血統は5R内回りマイルがヴィクトワールピサ×トニービン、ブラックタイド×Devils Bag、7R外回りマイルがサムライハート×アンブライドルズソング、モンジュー×Efisioのワンツー。どちらもトニービン持ちが勝って、モンジューなどマイルにしては重めの血統が好走している。

明日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

土曜日夜に雨が降っている京都。明日は晴れ予報なので良馬場でも、土曜日より多少かかるとすれば、32秒台後半~33秒台前半の想定で。適性的にも少し重めを狙ってみたい。

マイラーズカップ2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→マイラーズカップ2016の枠順

◎ダノンリバティ
△フィエロ
△テイエムイナズマ
△ケントオー

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

この馬場なら◎ダノンリバティから入ってみたい。キンカメ×エリシオで京都マイルだと少し重いかなくらいの適性なので、馬場はこれくらいがいい。六甲Sからは57→56kgで1kg減で、調教もいい。上にも書いたようにフィエロ以外に対しては、能力的にも上位なので。

フィエロは騎手と馬場で相手の評価。ただ56kgは力関係からするとかなり有利に思えるので消すことはできないのかなという感じ。残り2頭の△は2枠の2頭。テイエムイナズマは、ここ2走ダノンリバティと同等の内容。カチカチの馬場よりかはこういう馬場のほうがいいはず。ケントオーは阪急杯は超高速馬場で大外枠はさすがに厳しく凡走。2走前の洛陽Sではテイエムイナズマにも先着しているし、レースレベルも高め。阪神1400m→京都マイルはプラスなので入れておきたい。

明日もし馬場に変化があればまたTwitterにて。

今週の重賞:
フローラステークス2016
福島牝馬ステークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする