マイルチャンピオンシップ2015予想 Cコースの京都芝の馬場傾向を踏まえて

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイルチャンピオンシップ2015の予想の続編です。今週から京都はCコース使用。さらに週中の雨の影響がどれくらいかあるか不明で、馬場の確認はしっかりしておきたい。まずはいつも通り馬場傾向を確認してから、印へと移ります。

※各馬の分析についてはこちら→マイルチャンピオンシップ2015予想 過去の傾向&サトノアラジン、イスラボニータほか

京都芝の馬場傾向

5回3週京都

 芝のレースは3R2歳未勝利1800m戦から。シゲルシーラカンスがスローの流れで離して逃げたところをディープ産2頭が差したというレース。逃げたシゲルシーラカンスもラチ沿い1~2頭分を空けて進路を取っていたことは注目しておきたい。時計はやや速いかなくらいの水準で、まだ雨の影響は残っているだろうから、これからさらに高速化する可能性は高い。5R新馬戦マイルは1,2枠のワンツー。京都内回りでラスト2Fが11.5 – 11.4なので内が有利になるのは当然といえば当然。アドナルシーはアンライバルド×スピンニングワールド、レッドアヴァンセはディープ×ダンシングブレーヴという血統。安定の京都ディープ祭り。6R新馬戦スプリントも内々での決着。4F目が緩んだので、前も残りやすい展開だったとは思うが。
 10R衣笠特別は人気に答えてマキシマムドパリが勝利。展開はスローになって33秒台の瞬発力戦。この流れで4角中が上位を占めたこと、11頭立でも8枠、7枠で決まったことからすると、極端な外以外なら問題ないと判断していいかな。時計についてはちょっと高速化しているか?マキシマムドパリはキンカメ×SS、ナムラアンはエンパイアメーカー×SSという血統。メインのアンドロメダSもマキシマムドパリ同じような進路を取ったトーセンレーヴが久しぶりの勝利。2着の穴トラストワンは内を立ち回った。ここもスローになったものの、内しかノーチャンスというわけではない。時計はやはり速めで、トーセンレーヴはディープ×ビワハイジ、トラストワンはマイネルラヴ×デヒア。最終のスプリント戦も京都1200mにして速めのペースで流れた。このペースで内々での決着なので外過ぎるとやはり厳しそうだ。

 土曜日の傾向をまとめると、内外については外回りなら内~中で、極端な外は減点する必要がある。時計は速めでマイルチャンピオンシップなら32秒台前半くらいか。昨年よりは遅い。血統はいつもディープ産駒をはじめキンカメなど。

マイルチャンピオンシップ2015の予想

 枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→マイルチャンピオンシップ2015の枠順

 展開は、内からケイアイエレガントのハナが濃厚。レッツゴードンキも内から先行、外からはリアルインパクト、ロゴタイプ、クラリティスカイ。この辺は番手を狙ってくるだろう。先行勢がある程度いるので、番手争いは激しくなる。各馬の押し上げも早くなるだろう。ややハイくらいのイメージで。人気馬はイスラボニータが内の中段、サトノアラジンはその後ろ、フィエロもそのあたりか。モーリスは安田記念のように同じ堀厩舎のリアルインパクトについていくか、控えるのかは判断が難しい。

◎サトノアラジン
○フィエロ
▲ダノンシャーク

 ◎はサトノアラジン。前記事でも書いたように今年の富士Sはハイレベルな戦いだった。特に、後ろから差してきたこのサトノアラジンとダノンプラチナについては高い評価を与えなくてはいけない。その富士Sが瞬発力勝負であったことから、サトノアラジンの懸念は持続力勝負になったときにどうか?という点。展開もスローが考えづらいので、なおさらその点をどう判断するかが重要になってくる。その持続力という点について、同じ京都の高速馬場での菊花賞で経験している。その際は3000mでもペースが上がって厳しい流れ。サトノアラジンにとっては明らかに3000mは距離適性外だったにもかかわらず、直線スムーズさを欠いて大きくは負けていない。このレースから、京都の速力+持続力勝負なら対応できると読めないこともない。枠もいいし、血統はディープ×ストームキャット。能力値的にはこの馬が最上位にいるので、現在4番人気なら対応できるほうに賭けてみたい。

 ○はフィエロ。昨年と同じステップのスワンS→マイルチャンピオンシップ。スワンSのパフォーマンスは昨年も今年もそれほど評価できるものではないのは同じ。やはりベストは京都マイルでの速力勝負だろうし、陣営もここで仕上げてくる。今年も引き続きいい枠を引いた。ただ、昨年ほどの高速決着ではないだろうということから、サトノアラジンのほうを上に取った。▲もディープ産駒からダノンシャーク。毎日王冠を改めて見直すと、決して内容は悪くない。ダノンシャークはどちらかというと、瞬発力ではなく、昨年のマイルチャンピオンシップのように持続力で勝負するタイプなので、毎日王冠の流れは適性的に合ってはいない。この毎日王冠から、今回は京都マイルの速力+持続力の条件に好転する。これは昨年の富士Sからのステップと似ている。フィエロ同様、31秒台の決着にはならないこと、岩田Jでも外枠ということからから評価を下げたものの、ステップとしてはいいし、能力的な不安はない。

 結局3番手までディープ産駒を並べることになった。穴っぽいところだと、ケイアイエレガント。ちょっと今回は展開的に厳しそうなので印は付けなかったけど、京都牝馬Sの内容はいい。有力馬が凡走して、縦長になる展開利があれば馬券になる実力値はある。モーリス、ロゴタイプについては、やはりこの枠で減点せざるを得ない。イスラボニータは枠は絶好も、昨年よりは時計がかかるといっても京都マイルの速力勝負では対ディープを考えると適性的には劣るのではないか、さらに天皇賞の緩い流れの差しポジションからここへのステップは位置取りが思ったより後ろになってしまうのでないか、という点で評価を下げた。確かに天皇賞は強いし、状態面も良さそうではあるのだが、今回は良さがでないかなあと判断した。

 明日は完全に雨の影響がなくなって乾くだろうから、傾向が変わってくる可能性が無きにしもあらず。ということで、その辺はまたTwitterでつぶやく予定です。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする