目黒記念2016予想 ◎クリプトグラム

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目黒記念2016の予想です。今年はマリアライト、タッチングスピーチの牝馬2頭が人気を集めているというメンバー構成。ハンデ戦かつ東京2500mという特殊な条件なので、荒れることも多々。さっそく予想していきます。

目黒記念の傾向

ではまず過去の傾向から。

目黒記念2016

【2015年】7.1 – 11.5 – 11.7 – 12.3 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.5 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.4 – 12.0 2.29.7
【2014年】7.1 – 11.6 – 11.2 – 12.6 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 11.8 – 11.9 – 11.8 – 11.4 – 12.0 2.31.0
【2011年】7.0 – 10.9 – 11.0 – 12.4 – 12.7 – 12.4 – 12.1 – 12.3 – 12.4 – 12.6 – 11.4 – 12.1 – 13.2 2.32.5

2015年は1枠+2枠で決まったように内枠が上位を独占。それ以前を見ると枠の差はないが、4角位置からは外差しはなかなか効かない。時計は高速馬場だと30秒を切ってくるし、標準レベルなら30秒以上かかる。2015年と2013年はダービーの勝ち時計も速かったように超高速馬場でのレース。ラップからは後半の持続力勝負になりやすい。2400mとは違って2回坂を越えることからも体力タイプが好走しがち。ただ、2015年にヒットザターゲットが激走したように高速馬場だとある程度の速力も必要になってくる。枠よりも適性面を重視したいレース。

血統もそれに関連してトニービンなどグレイゾヴリン系やマヤノトップガンのロベルト系が好調。ディープ産駒だとファタモルガーナやスマートロビンのように軽いタイプより体力豊富なタイプを選びたい。ローテーションはここ2年大阪ハンブルグC組が連対中。レコンダイト、マイネルメダリストはともにちょい負けからのステップ。OP特別ではメトロポリタンSも好相性で、100m延びても対応できる馬がいい。前走重賞組だと2桁着順の馬が多数でハンデの関係から連続で好走することは難しい。

東京芝の馬場傾向

前日の東京芝の馬場傾向についてはダービーの記事を参照。内が有利でも適性面を重視、時計は30秒台を想定しておく。

目黒記念2016の予想

◎クリプトグラム
△マドリードカフェ
△マリアライト
△スーパームーン

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はクリプトグラム。大阪ハンブルグカップは2頭が離す逃げで3番手以降は平均~ややスロー。その中で52kgだったとしても33.7という抜けた上がりで走れたのは評価したい。東京2500mという条件も高速馬場なら問題ないと見ているし、血統もキンカメ×チアズメッセージ。後は外枠がどうかだけで、縦長になりそうなメンバー構成ならクリアできると見て。

△にはまずは穴からマドリードカフェ。前走の大阪ハンブルグカップはクリプトグラム同様評価が必要で、ハンデ54kgならここでも通用すると見ている。先着されたクリプトグラムはハンデ52→54、マドリードカフェは53→54。枠も加味すると逆転も可能だが、母系の血統、川島Jに不安があるので、相手まで。マリアライトは適性面も不安はなく、2500mの体力勝負は歓迎。56kgで目標も少し先だろうということで本命にはしない。最後のスーパームーンはブライアンズタイム×サドラーズウェルズの血統で選んだ。AJCCからやや間隔があいたかなという点は不安も、過去には同じステップで同厩舎ルルーシュの2着がある。アルゼンチン共和国杯の内容も悪くないし、デムーロJも魅力的。

今週の重賞:
日本ダービー2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする