マーチステークス2016予想 ◎ドコフクカゼ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーチステークス2016の予想です。毎年、中山ダート1800mかつハンデ戦ということでなかなか難解なレースで、今年もその例に漏れず混戦模様。総武ステークス組と交流重賞組が中心になりそうです。ではさっそく進めていきます。

マーチステークス2016の過去の傾向

まずは過去の傾向から見ていきます。

マーチS2016

【2015年】12.5 – 11.4 – 12.5 – 13.2 – 12.3 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 13.0 1.52.7
【2014年】12.2 – 11.2 – 12.2 – 12.8 – 12.3 – 12.8 – 12.6 – 12.2 – 12.9 1.51.2
【2013年】12.6 – 11.2 – 12.7 – 13.0 – 12.4 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 13.5 1.52.6

表をみると、8枠が3連勝中で、馬券内で見ると4年連続絡んでいる。内枠も2,3着には来ているのでダメというわけではないものの、外枠のほうが有利になっている。4角外の差し馬も届く。ラップは中山1800mらしく、ラスト1Fは13秒台まで減速する流れで、時計もかかる。中山の重いダートでの消耗戦というのが基本。

血統は、ロベルト系が大活躍。2014年ソロル、2013年グランドシチー、バーディバーディはいずれもブライアンズタイム持ちだし、2012年サイレントメロディも父シンボリクリスエス。ロベルト系以外なら、2015年はSS系とノーザンダンサー系の組み合わせが1~3着を独占したし、2014年もその組み合わせが2着に好走しているので注意しておきたい。前走で見ると、目立つのは仁川S組。師走Sなど中山1800mのOP特別組もちらほら。今年も仁川Sからの出走があるので、要注目。

マーチステークス2016の有力馬分析

次に各馬を見ていきます。

総武S組

【総武S】12.4 – 11.6 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 12.5 – 13.3 1.51.9

まずは総武S組から。稍重の中山ダートで、やはり良馬場と比較すれば速い時計での決着。このラップでも中山1800mなら平均。レベルは過去マーチsと比べても遜色なく高いレベルとみていい。

バスタータイプは、好位から進めてイッシンドウタイに競り勝ち。ここ3走の内容を見ると、香取特別→アレキサンドライトS→総武Sと段々パフォーマンスを伸ばしている。これは覚醒したとみていい。血統もホワイトマズル×ブライアンズタイムでロベルト系持ちで、レース内容からも適性は文句なし。懸念は斤量で、バスタータイプは56kgの1kg増なのに対し、ほかの総武S組は、イッシンドウタイはじめ軽くなるので、差は詰める可能性が高い。前走が優秀な走りなのは間違いないので、外枠を引いてスムーズな競馬ができればというところ。

2着イッシンドウタイは58kg→56.5kgのハンデ。58kgだったことを思えば総武Sは強い内容で、昨年のマーチS2着からも適性は間違いない。ただ、昨年は8枠からのレースだったので今年も引き続き外目の枠を引けるかは重要。斤量だけ考えれば、バスタータイプを逆転できる計算にはなる。3着サンマルデュークも58kg→56.5kgも1.5kg減。ここ3走は決してフロックではなく、本物。今回も上位の上がりを使ってくるだろうから、どれだけ前に厳しい流れになるか次第。武士沢J→蛯名Jの乗り替わりは気になるものの、能力的には上位の一頭。

7着モズライジンは名古屋大賞典を挟んでここへというステップ。名古屋大賞典はアウォーディーに完敗、総武Sもいまいちも、師走Sは強い。ラップを見てば、先行馬には厳しい流れだったので、サンマルデュークより上に取れる内容。道中で動いていくスタイルが嵌れば、ハンデ55kgで十分圏内で走れる能力はある。動きやすい外枠がほしい。

クリノスターオー、ドコフクカゼ

クリノスターオーはダイオライト記念から。ダイオライト記念はクリソライトには力負けも致し方なし。2014年の平安Sくらいのパフォーマンスならこの相手で58kgでも勝ち負けでも、中山向きという感じはしない。京都、阪神でやや高速よりのダート、後半の勝負という条件がベストだろう。能力は上位なので、悩ましい一頭。

【仁川S】12.4 – 11.5 – 12.1 – 13.6 – 12.6 – 12.8 – 12.7 – 12.3 – 12.1 – 12.2 2.04.3

ドコフクカゼは仁川Sでアポロケンタッキーに2馬身半差の内容。ラップの通り、後半3F勝負になって差し馬には少し厳しい展開だったこと、58kgだったことを加味すれば悲観する内容ではないのかなと。ブラジルCは優秀だし、この馬の能力からすれば56.5kgのハンデは軽い。あとは中山1800mへの短縮がどうかだけど、2014年のマーチSで3着があるように悪くはないはず。血統もワイルドラッシュ×フレンチ×リアルシャダイ。

最後に昨年の覇者マイネルクロップ。昨年と比較すると、佐賀記念からのステップは同じ。違う点は、佐賀記念1着が2着に、ハンデが56→57kgに。8枠からだったこともあるし、条件としては今年のほうがよくなるということはないのかな。

中山ダートの馬場傾向

2回4週中山ダート

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

土曜日の中山ダートは良馬場にしてはやや速い時計が出ているという印象。枠も4角位置も内のほういい。10R1200m春風Sなんかは外差しが決まっているので、クラスが上がれば差しが効きやすくなるという傾向通りではある。血統は、ノボッジャク、クロフネなどヴァイスリージェント系が活躍。ロベルト系はじめ、ヘイロー系もやはり良さそう。マーチSは51秒台、中枠有利くらいのイメージで。

マーチステークス2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→マーチステークス2016の枠順

◎ドコフクカゼ
△バスタータイプ
△モズライジン
△イッシンドウタイ
(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はドコフクカゼ。上に書いたように56.5kgはこの馬の実力からすれば軽い。中山1800mも2014年のマーチSで好走しているし、ロベルト系持ちで過去の傾向に合致。さらに母父フレンチで、土曜日の傾向にも合致。

△には総武S好走馬を選択。サンマルデュークは、蛯名Jに乗り替わりと良馬場にしては時計が速めなので、相手3頭しばりなら消す方向で。

今週の重賞:
毎日杯2016
日経賞2016
高松宮記念2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする