毎日杯2016予想 ◎スマートオーディン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日杯2016の予想です。例年、クラシック路線とマイル路線が交差するレース。今年は弥生賞組がかなり強力なので、マイルよりの馬が集まったという印象。NHKマイルCに向けても重要な一戦なので、要注目です。

毎日杯2016の過去の傾向

ではまず過去の傾向から。

毎日杯2016

【2015年】12.9 – 11.4 – 11.6 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.2 – 12.2 1.47.2
【2014年】12.6 – 11.3 – 11.5 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.9 – 10.7 – 12.4 1.46.7
【2011年】12.5 – 11.1 – 11.3 – 12.8 – 12.7 – 12.5 – 11.1 – 11.4 – 11.7 1.47.1

重馬場になった2012年を除けば、外差しより、内の先行馬あるいはイン差しの馬が上位にきている。外差しで勝ち切ったのは、2013年キズナのみという状況で、近年は内有利といっていい。ラップを見れば、比較的ペースは上がりやすく、特にここ2年は瞬発力より持続力が問われる流れ。時計も良馬場だと速く、47秒台前半~46秒台後半が標準。適性としてはまず速力は必要。それからペース次第ではあるもののやや持続力寄りのイメージ。

血統面は阪神1800mなので、やはりディープが強い。ここ5年は少なくとも1頭は馬券に絡んでいるし、同じ血統構成のブラックタイド産駒マイネルフロストも好走。ディープ以外には、ミュゼエイリアン、マイネルフロストと2年連続でロベルト系が勝利。それから2015年はキングマンボ持ちが1~3着を独占。ディープ×ノーザンダンサー系を中心にこの辺りが良さそう。ローテーションは、勝ち馬は共同通信杯など前走重賞組。2,3着ならつばき賞をはじめ500万組も健闘。基本は共同通信杯、きさらぎ賞でちょい負けの馬を狙うレース。

毎日杯2016の有力馬分析

次に出走馬の分析です。

スマートオーディン、タイセイサミット

【共同通信杯】12.7 – 11.3 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 12.3 1.47.4

共同通信杯は例年と違いペースが上がった結果、速力と持続力が問われるレース質に。この流れをかかって先行したスマートオーディンにとっては、東スポ杯とは真逆の流れになって苦しい展開。共同通信杯と萩Sでいまいちだったことから、ベストは東スポ杯の競馬、低速戦の瞬発力である可能性が高い。父ダノンシャンティも瞬発力勝負を得意としていた馬だったけど、NHKマイルCで31秒台に対応したように速力もあった。その点スマートオーディンは、速い時計になるとパフォーマンスを落としているのが現状。過去の毎日杯は時計も速く、比較的流れやすいので、ベストではない。共同通信杯と比べると条件は好転も、どれだけゆったり運べるか次第だろう。能力的には、再度1kg重い57kgであっても東スポ杯分だけ走れば、勝ち負けではある。

【弥生賞】12.5 – 10.5 – 11.3 – 12.2 – 13.0 – 12.8 – 12.5 – 12.5 – 11.3 – 11.3 1.59.9

弥生賞については、上位3頭は相当な内容で、特にマカヒキとリオンディーズは古馬の重賞でも即通用する走り。展開は序盤の3Fはスプリント戦並みの刻んでから中盤緩んでの決め手勝負。3頭は異次元なので、4着以下は評価が難しいものの、同日の古馬500万と比較すれば、タイセイサミットはやや劣るくらいの内容でいまいち。馬場が速かった寒竹賞のほうがいいので、ダイワメジャー×エンドスウィープからも2000mは長いのかもしれない。その点、今回阪神1800mに変わるのはプラス。東スポ杯ではスマートオーディンにキレ負けなので、ペースは上がってほしい。ここに入れば、能力的な不安はないし、川田J騎乗。

アーリントンC組、ディープエクシード

【アーリントンC】12.4 – 10.6 – 11.4 – 12.3 – 12.4 – 11.4 – 11.3 – 12.3 1.34.1

アーリトンカップのレベルは低め。同日1000万と比べれば、古馬500万~1000万の間という判断。シゲルコノギリザメが引っ張ってラスト1Fは12.3まで減速する流れだったので、先行馬には厳しい流れになった。

ロワアブソリューは結果的に出遅れてよかったという内容。レベルは高くないものの、控えても競馬ができることを示したので、今回も差しに回る可能性がある。ゼンノロブロイ×ミスプロ系ならマイルより1800m、京都より阪神という適性のはず。ただここまでの内容では、能力的に上位というわけではない。瞬発力勝負ではキレ負けするので、流れる展開になってほしい。

対照的にアーバンキッドは好スタートが裏目に出たという結果。ジュニアカップは優秀なので、控えて決め手を活かすかたちがベストのはず。ハーツクライ×Swainなら1800mへの延長は好転、条件としてはアーリトンカップよりいい。能力は足りているので、テン乗り石橋Jをどう見るか次第かな。

【ディープエクシード未勝利】12.8 – 11.1 – 12.1 – 12.8 – 12.9 – 12.2 – 12.4 – 12.6 1.38.9

ディープエクシードの未勝利は、極重京都の超低速戦。こぶし賞比較では同等なので、500万の水準にはある。この未勝利以前は、レオナルド、エルビッシュあたりにきっちり負けていることから、この特殊な未勝利で覚醒したと見るか、あくまでも500万レベルと見るかがポイント。今回は、確実に当時の京都よりは馬場は速くなるので、一気に時計を詰めないといけないという状況。ディープ産駒でも全兄キネオダンサーは中距離馬なので、速力を問われると不安のほうが大きいのかな。唯一のディープ産駒というのは注意しておきたいけど。

阪神芝の馬場傾向

1回4週阪神

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

先週の阪神は、雨の影響が残ったこともあって時計はかかった。内外はやや内有利。1800mで見ると、土曜日の勝ち馬はコンデュイット×タイキシャトル、日曜日がシンボリクリスエス×SSなのでかなりパワーよりの印象。今週は、良馬場での開催なので、先週よりは高速化する可能性が高い。開催当初の超高速馬場とまではいかずとも、47秒台が出る水準で軽めのものを想定しておきたい。

毎日杯2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→毎日杯2016の枠順

◎スマートオーディン
△タイセイサミット
△アーバンキッド
△ロワアブソリュー

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はスマートオーディン。上で書いたようにペース次第の馬なので、9頭立てでスロー濃厚なのはプラス。スローになれば前走よりは条件はいいし、東スポ杯はやはり優秀。瞬発力勝負なら、負けない相手なので。

△にはタイセイサミット。弥生賞では3頭に完敗も、この相手なら上位。体力が問われる2000mよりかは、1800mの速力勝負のほうがいいはず。ペースが上がらないとキレ負けするので相手まで。アーバンキッドも決め手を活かす競馬ならアーリトンカップ以上を期待できる。石橋Jテン乗りなので、本命にはできず。最後にロワアブソリュー。能力はまだ半信半疑も、追い切りはよかったし、相手には入れておく。

どれだけ高速化するのか読めないので、またTwitterでつぶやきます。

今週の重賞:
日経賞2016
マーチステークス2016
高松宮記念2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする