京都新聞杯2016予想 ◎エルプシャフト

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都新聞杯2016の予想です。ダービーへ向けてスマートオーディン、エルプシャフトなど楽しみなメンバーが揃いました。皐月賞、青葉賞ともにハイレベル戦だったので、対抗できるようなレースを見せられるか、予想を進めていきます。

京都新聞杯の傾向

京都新聞杯2016

【2015年】12.3 – 10.7 – 12.2 – 12.1 – 12.1 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.9 – 11.6 2.11.3
【2012年】12.2 – 10.6 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.8 – 12.5 – 11.9 – 11.3 – 11.5 – 12.0 2.10.0
【2011年】12.5 – 11.0 – 12.3 – 12.4 – 12.4 – 13.2 – 13.1 – 12.3 – 11.2 – 11.3 – 11.8 2.13.5

ここ5年は、2枠、3枠いずれかが1着。4角位置で見ると内外はフラットではあるものの、枠で見ると、外枠は不利になっている。近年は高速化していて、2015年も2.11.3と速い時計。2012年は超高速決着で10秒フラット。京都外回りらしく、後半の4F勝負になりやすく、速力+持続力がポイントになってくる。

血統はディープが圧倒的。2015年と2012年は1~3着独占で、2013年キズナが1着。母系がノーザンダンサー系ならなお良しといった感じ。ディープ以外ではタニノギムレットが2014年ハギノハイブリッドと2011年クレスコグランドで1着で、ネオユニヴァースが2014年2着サウンズオブアース、2012年3着ジャイアントリープで激走している。ステップは、重賞組、500万組半々くらい。未勝利戦からとなると、2008年3着マイネルローゼンまで遡らないといけない。距離は2000m以上が多く、阪神or中山→京都がプラスになる馬を狙いたい。

京都新聞杯2016の有力馬分析

次に有力馬の分析です。

スマートオーディン、ロイカバード

【毎日杯】12.6 – 11.5 – 12.2 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 11.3 – 10.6 – 11.4 1.47.3

まずはスマートオーディンから。毎日杯はドスロー3F勝負でレベルは高い。12R1000万マイルと比較しても上で、少なくとも準OPクラスにはある。しかも57kgでのパフォーマンス。ただスマートオーディン自身の適性は変わっておらず、東スポ杯でも3F勝負で高レベルの走りだったこと、持続力よりの共同通信杯で凡走したことから現状はスローからの瞬発力に特化したタイプ。父ダノンシャンティ以上に瞬発力よりなので、今回の京都2200mという条件は阪神1800mと比べるマイナスになってしまう。この相手なら能力上位は間違いないけど、折り合い面や適性を考えると決していい条件とは言えない。

【きさらぎ賞】12.9 – 10.8 – 11.8 – 12.0 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 11.9 – 11.3 1.46.9

きさらぎ賞以来のロイカバード。↑はサトノダイヤモンドが刻んだラップで、自身のラスト1Fは11秒台後半かな。レベルは1000万には届かないと見ていて、スマートオーディンを除いても抜けているわけではない。京都適性は高く、後半の4Fタイプだが、ディープ×ミスプロ系で体力面が少し心配。間隔を開けてどこまで伸ばせるかといったところ。

【すみれS】12.3 – 11.1 – 11.1 – 12.0 – 12.8 – 13.3 – 12.8 – 12.4 – 11.5 – 11.8 – 12.1 2.13.2

ブラックスピネルのすみれSも1000万には届いていない水準。2走前の若駒S、萩Sはまずまずなので、京都のほうがいいタイプかもしれない。血統は父タニノギムレット。信頼できる実力値ではないものの、スマートオーディンが落とせば他馬と差はないし、適性や血統、位置取りに魅力はある。萩Sのイメージで運べれば。

エルプシャフト、ゼンノタヂカラオ

【エルプシャフト未勝利】12.5 – 11.6 – 13.5 – 13.2 – 12.7 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.6 2.03.1

ディープ×ビワハイジのエルプシャフト。未勝利戦の内容はなかなか良く、すでに500万レベルにはある。3着アドマイヤキズナは次走快勝からも、デビュー戦でこれだけ走れるのは評価したい。未知な部分は多いものの、ラップ的にも伸びしろあるし、血統や厩舎からもパフォーマンスを上げてくる可能性が高い。この相手なら即通用してもいいかな。

【はなみずき賞】12.5 – 11.3 – 12.6 – 12.4 – 12.2 – 12.1 – 12.3 – 11.8 – 11.8 – 12.0 2.01.0

ゼンノタヂカラオははなみずき賞から。レベルは低めで、標準やや下の500万クラス。若葉Sではアドマイヤダイオウ、ナムラシングンに完敗、安定して走ってはいるが、強い内容はこれまでなしという現状。相手なりというタイプかもしれないが、能力的には少し足りていない。近走は低速戦続きなので、多少重くなったほうがいい。

他で気になるのは、ナムラヘイハチロースワーヴアーサー。ナムラヘイハチローはアザレア賞でヴァンキッシュランに大きく負けるも、2走前のゆきやなぎ賞はまずまず。どちらも阪神2400mの体力勝負だったので、距離に対する不安はない。ディープ×ストームキャットの血統もプラスで穴で考えてみたい一頭。スワーヴアーサーも未勝利の内容がいい。父ヴィクトワールピサでネオユニヴァースの系統、母父サドラーズウェルズで延長とくればここでさらに伸ばしてくる可能性はある。

京都芝の馬場傾向

続いて先週の京都芝の馬場傾向です。

3回2週京都

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

天皇賞が内枠のワンツーになったように、特に日曜日は内有利の傾向で1~3枠の好走が目立つ。時計はそこまで高速化しているわけではなく、やや速いかなという程度。血統は、2200mのレースでハーツクライ×デインヒル、キンカメ×スペシャルウィークのワンツー。全体的には中長距離ではトニービンやダンチヒ、特にハーツクライ、ハービンジャーが大活躍。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

金曜日から土曜日の明け方にかけて降雨があるようで、現在も稍重の京都芝。明日は晴れて気温も上がるようなので、良馬場でのレースかもしれないけど、先週よりは時計はかかるはず。例年のような高速決着というよりは2分12秒台後半~を想定しておきたい。内前に比重を置いて、少し重めのタイプを狙う。

京都新聞杯2016の予想

◎エルプシャフト
△ブラックスピネル
△スワーヴアーサー
△スマートオーディン

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はエルプシャフト。未勝利戦のレベルなかなか高くすでに500万レベル。京都2200mについても阪神2000mの稍重で走れれば体力的な不安はないし、ディープ×ビワハイジの血統は言わずもがな。未勝利のからのステップはどうかも、スマートオーディン以外は差がないので、伸びしろを重視して◎で。

相手にはまずブラックスピネル。京都新聞杯と好相性の父タニノギムレット。団栗の背比べの中では上位にはいるし、先行力もある。外枠になった分だけ△まで。スワーヴアーサーも血統が魅力的。調教もよかったので、相手には入れておきたい、スマートオーディンはこのメンバーなら力は1枚抜けた存在。ただ、適性のずれはあるので、◎にはしたくない、でも能力的には押さえないといけないという感じ。

今週の重賞:
NHKマイルカップ2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする