京都金杯2016予想 内枠有利の傾向&トーセンスターダムほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都金杯2016の予想です。皆様あけましておめでとうございます。この記事2015年振り返り(単勝・複勝回収率ほか)&2016年に向けて!でも書いたように、2016年もまた張り切って予想していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。ではさっそくいつものように過去の傾向から振り返っていきます。

京都金杯の過去の傾向

京都金杯2016

【2015年】12.7 – 11.3 – 11.6 – 11.9 – 11.3 – 11.1 – 11.1 – 11.8 1.32.8
【2014年】12.4 – 11.0 – 11.3 – 11.9 – 11.5 – 11.3 – 11.4 – 11.7 1.32.5
【2013年】12.4 – 11.2 – 11.7 – 12.1 – 11.6 – 11.5 – 11.2 – 11.8 1.33.5

まず表をみて、圧倒的な内枠有利が読み取れる。昨年は2枠ウインフルブルームが逃げ切り、2,3着も1枠。ここ5年で外枠が馬券になったのは2012年アスカトップレディのみ。勝ち馬はどれも1,2枠のいずれかと京都Aコースらしい内有利の傾向が出ている。外差しはまず届かない。

2015年は最初の1Fが12.7と遅く47.5-45.3なので重賞レベルだとかなりスローより。グランデッツァが最後にキレ負けしていることからも持続力勝負と瞬発力勝負の間くらいのイメージで馬場は早く32秒台での決着。ラップも前に有利なものなので、ウインフルブルーム、マイネルメリエンダが残って、差してきたのは1枠エキストラエンドだけ。血統はウインフルブルームがスペシャルウィーク×サクラユタカオー、エキストラエンドがディープ×Garde Royale、マイネルメリエンダはチーフベアハート×スペシャルウィーク。2014年は内枠のディープ2頭が決め手を活かしてイン差し。46.6-45.9の平均ペースで、2015年より速い馬場で速力も問われたレース。エキストラエンド、オースミナインともにディープ産駒。

対して2013年は、この2年と比較するとやや時計を要する馬場で、47.4-46.1でも持続力勝負よりのレース質。内枠のディープ産駒が強いことは変わらないが。2着トライアンフマーチはまたまたスペシャルウィーク×ダンシングブレーヴ。ダノンシャークと合わせてSS系×ノーザンダンサー系の血統。2012年も同じような水準の馬場で、シルポートが引っ張って45.7-47.2のハイペース。持続力勝負に長けたマイネルラクリマが好位からダノンシャークの追撃を振り切ったという結果。マイネルラクリマはチーフベアハート×SS。2011年もやや時計がかかる馬場でのシルポート逃げ切り+内の先行馬での決着。1~6着まで1~3枠の独占なのでこの年は例年以上に内枠優勢になっている。シルポートはホワイトマズル×SS、ガルボはマンカフェ×ジェネラスの血統。

どの年にも共通の傾向はまず上にも書いたように内枠・4角内の圧倒的な優位。それから血統面でのディープ産、ダンシングブレーヴ、ニジンスキーなどノーザンダンサー系。ただ、その年の馬場・展開によってレース質は微妙に異なっていて、特に2014年は速力+瞬発力よりの適性が問われたレースなのに対し、2013年までは時計こそまずまず速いものの、持続力+馬力よりの適性が求められている。2016年の馬場がどちらよりかは把握しておきたいところ。

では次に各馬の分析へ。

トーセンスターダム、エキストラエンド

まずはトーセンスターダムほかディープ産駒から。

トーセンスターダムはおそらく一番人気。ここまでのベストは2年前のチャレンジカップかな。3歳でハンデ55kg、展開が向いたことも要因ではあるが、フルーキー、デウスウルトに先着してレースレベルもまずまず。2015年に入ってからは、オーストラリアの2戦を除くとどれもチャレンジカップ以下で高く評価できるものはない。宝塚記念は先行有利の流れでも阪神2200mで体力切れ、毎日王冠もエイシンヒカリら上位勢には完敗している。唯一の勝ち鞍となったカシオペアSも56kgでダノンメジャーと僅差、時計的な価値も高くない。前走マイルチャンピオンシップもスローを3番手先行で展開に恵まれながらもG1クラスにはきっちり負けたという内容。今年のメンバーは例年以上に低レベルだと加味しても57.5kgのハンデでは、決して抜けた存在ではない。適性的にはディープ×エンドスウィープなので京都マイルはベストに近い条件ではあるけど、無条件に信頼していい力関係ではないかな。マイルだと速力が足りないので2013年以前の馬場のほうがいいと思う。

続いて、2013年1着、2014年2着のエキストラエンド。ここの2年の内容からも京都マイルがベストの条件。特に2013年はいい内容で走っている。ハンデも据え置きの57kg。ただ、その2年とステップを比較すると決していいとはいえない。2013年はハイレベル戦毎日王冠からやや感覚を開けての短縮、2014年はマイルチャンピオンシップから。対して今年は京成杯AHからここというローテーション。毎日王冠以上に間隔が開いているし、中間に外傷があったという情報もある。能力的にも京成杯AHの2着は低レベル戦なので評価はできないし、衰えは気になるところ。まあこの相手で57kgなら上位にはきそうだけど、鮮度ももうないし、昨年と比べると買い要素は少ない。

ケイティーズプライドはディープ×フレンチの血統はいいけど、53kgでも能力は足りないか。チャレンジカップも53kgで完敗している。リゲルSくらい走れば可能性はあるのかなと思うけど。阪神1800m→京都マイルは条件としては好転しているし、相手は今回のほうが落ちるので、内枠を引ければ、といったところか。マーティンボロもディープ×ヌレイエフで血統はいい。ただ、2000mで活躍してきたようにマイルだと速力不足かな。相当重い馬場にならないと。

ウインプリメーラ、マジェスティハーツ

ディープ産駒以外からは最初にウインプリメーラ。昨年のレースで評価できるのは小倉記念とパールS。特に小倉記念では先行馬に厳しい流れのなかよく踏ん張ってアズマシャトルと0.2差。一方パールSは超高速馬場の京都でスローから先行押し切り。どちらも違う平坦コースなのでは同じだけど、求められたものは異なる。今回53kgは小倉記念と同じ。リゲルSから京都に替わるのもいい。どちらの馬場になっても対応できるので、内枠から先行すれば大崩れは考えにくいのかもしれない。ステイゴールド×フォーティナイナーの血統は気になるけど、能力的にもクリアしているし、比較的評価は高い一頭になる。

マジェスティハーツは過去の記事では指摘しているように能力は高い。神戸新聞杯や鳴尾記念なんかを見てるとG1で通用するレベルだと個人的には評価している。そのことからすると、金鯱賞はもっと頑張ってほしかったかな。関屋記念では高速馬場のマイルでも対応してきているが、京都向きのイメージはなく、京都のマイルで差してこれるかは疑問。能力は高いです。

それからシベリアンスパーブ。

【チャレンジC】12.5 – 11.4 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 12.0 1.46.1

前走チャレンジCで大きく伸ばしてきたかたち。やや時計がかかる阪神での持続力で、最後に突っ込んできた。再度54kgなのでこれだけ走れれば、勝ち負けできるレベルにはある。ただこれまでの戦績をみても速力不足だろうし、位置取りを考えても京都マイルで32秒台になってくると厳しい。なので2013年以前の33秒台で決まる馬場が希望かな。血統はシベリアンホーク ×With Approval でノーザンダンサーが濃く向いてはいそう。

うーん、今年はちょっと低調なメンバーが集まったかなという印象。トーセンスターダム、エキストラエンドのディープ2頭もそこまで信頼できるわけではなさそうだ。状況次第でウインプリメーラ、シベリアンスパーブあたりかな。

触れられなかった馬も何頭かいるので残りはTwitterでつぶやくことにします。枠順がかなり重要なレースなので、ひとまず枠順の発表を待ちましょう。続く。

中山金杯はこちら→中山金杯2016予想 フルーキー、ネオリアリズムほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする