京都記念2016予想 過去の傾向とレーヴミストラルほか4歳勢を中心に

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都記念2016の予想です。遅くなってしまいましたが、過去の傾向と出走各馬の分析です。

京都記念の過去の傾向

京都記念2016

【2015年】12.8 – 11.4 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 11.4 – 11.0 – 11.6 2.11.5
【2014年】13.3 – 11.8 – 13.2 – 12.9 – 12.5 – 12.9 – 13.0 – 12.2 – 11.5 – 11.0 – 11.7 2.16.0
【2012年】12.6 – 11.7 – 12.0 – 12.0 – 12.0 – 12.2 – 12.4 – 12.0 – 11.3 – 11.8 – 12.4 2.12.4

京都記念といえば2013年以前のように、有馬記念、香港ステップの実績馬が外に広がって差し比べ、のイメージ。ブエナビスタ-ジャガーメイルやトゥザグローリー-メイショウベルーガなどなど。京都外回りの中距離らしい4F勝負の持続力が問われるレース質。それがここ2年は特に変わってきている印象。2014年は重い馬場での低速戦瞬発力勝負で、デスペラードが逃げ切り、3着穴のアンコイルドはイン差し。ジェンティルドンナは馬券外。2015年は対照的にかなり速い馬場での4F戦でラブリーデイが逃げたスズカディヴィアスを捉えてゴール。キズナは勝ちきれず、ハープスターも伸びずという結果。表を見てもわかるように、内前が残ったのが最近の2年。ただ基本は後半の4F勝負になって、2015年並みに速くならない限り体力も問われる。ラブリーデイが2200mで強い内容で走っていることからも2015年は速力よりのレースだったといえる。

血統面はまずやはりディープインパクト。馬場を問わず、直近3年は少なくとも1頭は馬券内。キズナ、トーセンラー、ベールドインパクト。キンカメもいいようで、昨年はラブリーデイ、スズカディヴィアスのキンカメワンツー、2011年はトゥザグローリーが勝利。他にはトニービン持ちで、デスペラードの母父、ラブリーデイの母母父。ローテーションは有馬記念組が中心も最近は多様化している。

では次に各馬の分析に移ります。

レーヴミストラル、ヤマカツエース

【日経新春杯】13.1 – 11.2 – 11.8 – 13.0 – 12.9 – 12.4 – 12.8 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 11.8 – 11.6 2.25.9

まずは日経新春杯が強い内容だったレーヴミストラル。一頭だけ抜けた上がりで、シュヴァルグラン以下を相手にしなかったというパフォーマンス。昨秋からの一連のレースは、アルゼンチン共和国杯は優秀→金鯱賞で落として→距離延長の日経新春杯で再度伸ばしてきた。ここから距離があったほうがいいタイプなのは間違いない。なので狙うべきタイミングとしては2000m→2400mの前走のほうだったとは考えられるし、人気も今回のほうがある。前走から京都適性は高く、ラップも京都記念向きだし、キンカメ×レーヴドスカーの血統、それから能力面も不安はないが。馬場は極端に速くならなければ。

【中山金杯】12.7 – 11.1 – 13.4 – 12.3 – 12.8 – 12.3 – 12.3 – 11.8 – 11.1 – 11.4 2.01.2

次に中山金杯から同じ4歳のヤマカツエース。中山金杯については、Twitterでもつぶやいたように、このレース質に対応してきたのは意外だった。このブログでも何度か指摘しているように、夏の2戦、函館記念と札幌記念の内容がよかったこと、富士S凡走→福島記念で好走からは上がりがかかったほうがいいタイプかなと判断していたので、33秒で上がったきたことは驚き。かなり特殊なレースになったことは事実なので、鵜呑みにはできないが、充実していることの証なのかなと。同じローテーションのラブリーデイとは少し適性が違ってヤマカツエースのほうが低速戦向きで速力はラブリーデイのほうが上。多少重くなっても2200mを走りきる体力はあるだろうし、能力からいっても再度56kgでこのメンバーなら上位にいるので、大崩れはないかな。レーヴミストラルと同じキンカメ産駒で、母父はグラスワンダー。中山金杯で対応できたといってもやはり時計がかかる持続力勝負向きだと考えているので、馬場は重いほうがいいはず。

タッチングスピーチ、サトノクラウン

タッチングスピーチも夏の北海道500万で覚醒。ローズSは馬場・展開の恩恵があったとしてもミッキークイーンに完勝で、秋華賞は超高速馬場で構え過ぎて届かず。前走エリザベス女王杯はゴール前強襲も上位2頭を捉えらることができない。エリザベス女王杯は外差し馬場かつ、レースレベルは低めだと評価しているので、古馬の混合戦で通用するかどうかはまだ半信半疑かな。53kgの斤量はかなり有利だし、京都の4Fにも適性はあるが、この馬も馬場次第のところが大きい。ベストパフォーマンスのローズSも当時の阪神は徐々に馬場が乾いていく過程だったことからすると、エリザベス女王杯のような重い外差し馬場が希望する条件。ディープ×サドラーズウェルズからもそうだろう。同タイプレーヴミストラルと比較すると力関係は分が悪いが、53kgでどこまで。

サトノクラウンは天皇賞以来の出走。天皇賞は状態面にも不安があったので度外視していい。3歳春のレースは弥生賞、ダービーは強い。特にダービーは4角13番手で外を回す競馬で、33.8のドゥラメンテを上回る上がり。ダービーは4角内の馬が有利なレースなので、この内容は評価しないといけない。ドゥラメンテ、リアルスティールと合わせて4歳世代ではトップクラスのはず。高速馬場の皐月賞で落としているし、延長のダービーで巻き返したことから体力には不安はない。京都適性は不明だが、Marju×Rossiniで速力が求められない馬場になれば。あとは仕上がり次第。ダービー分だけ走れば十分戦える。

古馬勢からは有馬記念組と、AJCC組。

有馬記念のレースレベルは低い。ショウナンパンドラ回避、ラブリーデイも疲労かつ適性外。ゴールドアクターも内容としてはアルゼンチン共和国杯のほうがいい。2着サウンズオブアース、3着キタサンブラックでもあるし。なので、ここで僅差の競馬だからといって評価はしたくない。この観点からすれば、トーセンレーヴ、アドマイヤデウス、ワンアンドオンリーは?アドマイヤデウスは昨年のような馬場になって内枠を引けば可能性はあるが。AJCC組も57kgを背負ったディサイファ以外はそれほどでも、という内容。スズカディヴィアスは京都記念だけ強いが、それ以外はいまいち。速い馬場かつ内が有利になる状況が希望。ショウナンバッハは瞬発力よりのレースで好走してきたので、AJCCの持続力勝負に対応できたことは収穫も、脚質的に馬場次第。マイネルディーンはトニービン持ちで、どこまでレベルが落ちるか。

後半は少し駆け足になってしまいましたが、ざっと見てもかなり難しいというか、馬場次第で狙う馬は変わってきそうなメンバー構成ですね。中心はレーヴミストラル、ヤマカツエースの4歳2頭。サトノクラウンも状態だけ。タッチングスピーチ、古馬勢も馬券内に来る力関係。これから京都は雨予報なので、その影響がどこまで出るのかがポイントになってきそうです。続く。

クイーンカップはこちら→クイーンカップ2016予想 メジャーエンブレムvsフェアリーS組ほか
共同通信杯はこちら→共同通信杯2016予想 ハートレーvsスマートオーディン!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする