京都2歳ステークス2015予想 混戦の中から本命は

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの予想です。土日の京都は天候は良さそうなので雨の心配はしなくていいものの、週中も少し降雨があって、荒れた良馬場がさらに荒れる可能性が高い。とりあえず先週の京都芝の馬場傾向を振り返って、予想といきます。

 ※各馬の分析についてはこちら→京都2歳ステークス2015予想 アドマイヤエイカン、ロライマの評価ほか

京都芝の馬場傾向

5回3週京都

 先週の京都は、Cコース使用に変わって3日間開催。土曜日の馬場傾向の分析はマイルチャンピオンシップの予想記事に譲るとして、日曜日と月曜日の傾向をざっと復習しておく。

 最初は3R1200m。34.9-34.2の後傾ラップで内前の決着。この流れだと外は届かない。タイセイエクレールは2枠で道中もロスなく運んだ。4Rはマイルの内回り。エルビッシュが先に抜け出したディープエクシードを差し切り。ペースはそこまで速くないので、外もそこまで悪いわけではないか。時計は速め。5R内回り2000m新馬戦もリオンディーズが好位外から快勝。ここは能力が抜けていた感じが強いものの、このスローの流れで決め手が活きるなら、土曜日よりは外もいいということなんだろう。リオンディーズはキンカメ×シーザリオ、ピースマインドはディープ×トニービン、アドマイヤダイオウはディープエクシードクロフネという血統。時計は変わらず速め。8R外回り1400mは2枠のワンツー。2枠2頭はラチ沿い進路で、3着は8枠の外差し。9R嵯峨野特別はグットスピリッツがやや離した逃げを打ってそのまましのぎ切ったかたち。ラップをみるとラスト1Fは12.2と減速していて、後半5Fの勝負になっている。2着コウエイワンマンもイン差し。グッドスピリッツはデュランダル×サドラーズウェルズ、コウエイワンマンはジャングルポケット×アジュディケーティング。1000万条件で2分を切ってきたのでやはり速めの馬場。マイルCSは4,5F目でペースが緩むという流れ。モーリスが中段外から差し切り、フィエロは真ん中、イスラボニータが内。このメンバーにしてはレースレベルは低くなったな、という印象を受ける。日曜日の京都芝は内外はほとんどフラット、良馬場でもカチカチのものではなく、時計が出る荒れ馬場といったところ。ディープほか重めの血統も走っている。

 次に月曜日の馬場傾向をみていく。まずは3R内回り1400m。ラスト2Fが12.0-12.2としっかり流れてソーザルージュが好位から差し切り、2着は8枠の外差しサルドナ。時計についても日曜日から変わらずか。4R2000mはダノンマックインが好位から押し切り。逃げ馬も粘っていて内外はフラットだろう。2歳未勝利で2分1秒台の決着なので、京都2Sもこれくらいの時計で、もう少し上がりが速くなるというイメージか。ダノンマックインはハービンジャー×SS、シゲルクルマダイはカンパニー×ネオユニヴァース。5R内回り1400mも新馬戦の割りには上がりがかかった。内も残る。9R秋明菊賞はアットザシーサイドが抜けていた。ペースが緩んだわりには上がりがかかったし、多少時計を要する馬場になってきたか。メイン修学院Sは超スローの流れで、11.2-10.8-11.2のラスト3F。全頭33秒台の上がりで後ろはまず届かない展開。ハピネスダンサー以下4角の通過順位がほぼそのまま。ハピネスダンサーはメイショウサムソン×クロフネ、アングライフェンはステイゴールド×パントレセヘブルなので4Rに続いて欧州血統が健闘している。最終2200mもスロー。各馬の進路をみると外でも問題なさそうだが。土曜日よりは時計がかかっているし、好走馬の血統もみても体力が問われそうな馬場になっている。内外についてはフラット〜やや内有利くらい。

 今週もこの馬場が継続するなら、2分1秒台で上がりが34秒半ばというイメージでいい。軽いタイプは少し減点したい。

京都2歳ステークスの予想

 枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→京都2歳ステークス2015の枠順

 展開はジョルジュサンクが一番速くこれがハナだろう。ウインテンダネスも前走は速めのペースを先行で前にいく。ケルフロイデ、リスペクトアース、ドレッドノータスも積極的に運ぶ。事前検討で触れたとおり、2歳戦にしては流れたレースからのステップの馬が多く、過去の傾向とは異なり持続力勝負になる可能性が高いのかもしれない。

◎ドレッドノータス
○ケルフロイデ
▲ロライマ

 結局ドレッドノータスを一番上にとった。事前検討で、ロライマ、ケルフロイデを評価していたが、荒れた馬場と上がるであろうペースを考えて変更したというかたち。新馬戦は後半4Fの勝負を積極的に動いて、ナムラシングンの追撃を振り切り。レースレベルとしては決して高いとはいえないし、ラップ的にもナムラシングンのほうが上だけど、今回評価したのは持続力勝負を経験していることと伸び代。ロライマはスローのレースからのステップで、仮に2分1秒台で決まるなら、全体時計を4秒は詰めてこないといけないわけで、その点ドレッドノータスについては2.02.1では走れているし、2戦目で伸ばしてくる可能性も高い。ハイレベル戦というわけではないので、新馬戦から多少上げてこれば上位争いできるメンバー。血統ハービンジャー×SSもいい。
 対抗はケルフロイデ。前走はなかなかの内容ではあるものの、ローカルのものだし、関東馬で初の関西への輸送。伸び代もドレッドノータス、ロライマと比べるとないはずで、対抗の評価にした。内枠からロスのない競馬はできるので、掲示板には載ってくる可能性は高そうだが。ロライマの新馬戦は一番の評価ができるが、2.05.2の時計なので、今回4秒くらい詰めないといけない。当然詰めてくるのだろうけど、同じようなパフォーマンスができるかはわからないし、3F戦だったのでペースが上がれば外枠から伸びあぐねるケースもある。

 アドマイヤエイカンについては、やはり前走よりは確実に速力が問われるわけで、そうなった場合のパフォーマンスは未知なところがある。人気なので、ここは思い切って評価を下げた。ペースが上がらなかった場合にはジョルジュサンクの前残りも警戒しておきたい。それほどレースレベルは上がらないだろうから、凡戦になったときどの馬が走ってくるかは未知な部分が多いメンバー構成ではある。馬場についてはまたTwitterでつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする