京都2歳ステークス2015予想 アドマイヤエイカン、ロライマの評価ほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都2歳Sは昨年から重賞に変更。予想としては京都2000mという条件は変わったわけではないので、これまでの傾向も参考になる。

京都2歳ステークスの過去の傾向

京都2歳S2015

【2014年】12.9 – 11.8 – 12.5 – 12.8 – 13.1 – 13.4 – 13.2 – 12.3 – 11.3 – 11.5 2.04.8
【2013年】12.2 – 10.9 – 12.2 – 12.4 – 13.1 – 13.1 – 12.4 – 11.6 – 11.3 – 11.6 2.00.8
【2010年】12.7 – 11.8 – 13.1 – 12.8 – 12.0 – 11.9 – 12.0 – 11.8 – 11.5 – 12.0 2.01.6

2014年は、63.1-61.7のどスローでラスト2Fは11.3-11.5というラップ。好位からベルラップが押し切りで、ダノンメジャー、シュヴァルグランは差して届かず。この流れでは小頭数でも外差しは厳しい。時計も2.04.8とかかったし、出走馬のその後をみてもわかるように低レベル戦。ベルラップはハーツクライ×シンボリクリスエスという血統。
速い決着になったのはトーセンスターダムの2013年。速力と瞬発力が問われたレースでトーセンスターダムがパフォーマンスを上げてきたのも頷ける。この年もトーセンスターダム意外は内容は凡戦で、アグネスドリーム、サトノロブロイの内、前が有利の結果。
エピファネイアの2012年も、低速戦になるか、高速決着になるかの違いはあれど、スローの展開で内前の優勢は変わらない。

対してトリップの2011年とマーベラスカイザーの2010年は小回り2000m重賞らしい持続力が求められる流れ。特に2010年はラップをみてもわかるように、5Fからペースアップ。こういう展開になって体力優位の差し馬が突っ込んでこれるようなる。2011年に穴をあけたエーシングングンは、ジャングルポケット×SS、マーベラスカイザーはマーベラスサンデー×ウッドマン。

基本的にはスローで流れてチョイ差し。例外的に速く流れると体力タイプも差してこれるという過去の傾向だ。

では各馬のこれまでの内容をみていく。

アドマイヤエイカン、ドレッドノータス

まずは一番人気濃厚のアドマイヤエイカンから。新馬戦は仕上げてなかったとして、札幌2歳Sから。

【札幌2歳S】12.5 – 12.0 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 12.4 – 12.1 – 12.3 1.50.8

11秒台が一度もない低速戦の持続力勝負を捲り気味にいって最後プロフィットを競り落とし。肝心のレースレベルは、稍重の馬場も合って測りにくいんだけど、古馬500万の少し下くらいか。決して高いとはいえない。プロフィットが次走の萩Sで京都の高速馬場でいまいちだったように、後半に11秒台前半が並ぶような展開になったときに対応できるかどうかは未知。ハーツクライ×フレンチも低速戦向きな感じがするし、全て12秒台という特殊なレースからのステップなので人気ほどは信頼できないかなと考えている。

血統から2番人気はドレッドノータスか。ハービンジャー×ディアデラマドレ。

【ドレッドノータス新馬戦】13.2 – 11.7 – 12.8 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 11.9 2.02.1

新馬戦は後半4Fの戦い。4角先頭の競馬で持続力を活かしたかたち。レベルは札幌2歳Sくらいか。もっともこのレースで評価できるのは2着のナムラシングンのほう。ナムラシングンは次走快勝したように、ラップのほうはこちらのほうを上に評価しないといけない。なのでドレッドノータスについては今回も展開利はあるし、伸び代もあるだろうけど、アドマイヤエイカンしかり、人気ほどは信頼できないとみている。ナムラシングンが使ってきたら狙ってみたかったが。

ロライマ、キャノンストーム

【ロライマ新馬戦】13.3 – 11.9 – 13.6 – 13.9 – 13.3 – 12.8 – 12.0 – 11.4 – 11.5 – 11.5 2.05.2

ロライマの新馬戦は阪神2000mのスローからの瞬発戦で、ラスト3Fは11.4-11.5-11.5。これは過去の京都2歳Sと似たようなラップ。で、肝心のレベルのほうは古馬500万あたりか。上がりのタイムも考えるとこのメンバーなら上位にとれる内容ではある。去年のような低速戦のどスローの上がり勝負になれば崩れないのではないかとみるが。キンカメ×SSで軽さもあるだろう。

【キャノンストーム新馬戦】12.8 – 11.7 – 11.6 – 12.2 – 12.7 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 12.0 1.49.5

キャノンストームのほうは京都1800mでも上がりがかなりかかったレース。当時の京都は重馬場でかなり重い馬場。レベルは高くないので、小回り2000mで伸ばしてこれるかどうか。ワークフォースだからどうだろう?小回りで上手く立ち回れるタイプではなさそうだが。

ほかに触れておきたいのは、ケルフロイデとジョルジュサンクの2頭。
ケルフロイデの新馬戦は弱いけど、きんもくせい特別はそこそこで、古馬500万の少し下くらい。ラップもロライマ同様に近年の京都2歳Sに合致するし、先行力もある。輸送がネックではあるけど、京都2000mは合いそうだし、有力馬が伸ばせなければ能力的には勝負できる数字は持っている。
ジョルジュサンクはここ2走、京都2000mの特別戦に出走。展開も対照的で、紫菊賞のほうはスローで逃げて各馬33秒台で上がるような展開、片や黄菊賞は稍重の馬場で持続力勝負。2つともこの世代のトップクラスの2頭、シルバーステートとバティスティーニに負けたもので、他馬とはそれほど差はないレースをしている。ケルフロイデと同じく先行できるので展開次第では圏内に残れる実力値は示している。

こうしてみると、2歳戦にしては流れたレースからのステップからの馬が多いという印象を受ける。スローなら、ロライマ、ケルフロイデあたりを買いたいけど、2011年、2010年のようなペースになる可能性もそれなりにあるのかもしれない。時計がかかるといっても先週の京都なら軽さも必要なので、できればロライマで勝負をしたいところだが。とりあえず枠順を待つことにします。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする