共同通信杯2016予想 ハートレーvsスマートオーディン!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共同通信杯2016の予想です。ハートレー、スマートオーディン参戦で、先週に続いてここもクラシックに向けた最重要レースのひとつとなってきそうです。さっそく過去の傾向から。

共同通信杯の過去の傾向

共同通信杯2016

【2015年】12.7 – 11.1 – 11.4 – 12.2 – 12.6 – 12.6 – 11.8 – 11.0 – 11.7 1.47.1
【2014年】13.0 – 11.6 – 12.1 – 12.6 – 12.9 – 12.5 – 10.9 – 10.9 – 11.6 1.48.1
【2013年】13.0 – 11.2 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.5 1.46.0

2015年はやや時計のかかる良馬場での瞬発力勝負。ドゥラメンテが外から抜け出したところを内からリアルスティールが差し返し。2頭のその後からもハイレベル戦。2014年はそれ以上に速い上がりが求められてラスト3F10.9-10.9-11.6。イスラボニータとベルキャニオンは内に進路を取って33秒台前半の上がり。この年もレベルは高い。2013年は超高速馬場の速力比べ。ここまで速くなると前にいる馬が有利になる。1番人気ラウンドワールドは後ろの位置から届かず。2012年も2014年と同じようなラップ。ディープブリランテが掛かり気味に逃げたところをゴールドシップが好位内から決め手で上回って快勝。スピルバーグと合わせてのちのG1馬3頭で決着。2011年ナカヤマナイトも2枠から。2,3着も先行馬で内のほうがやはり有利。

総じて東京1800mなので内枠が優勢。ラップは最後から3F目、2F目で速くなってラスト1Fは減速するパターン。瞬発力、速力が問われて内枠に能力が高い馬が入ると信頼度は高い。外差しはなかなか勝ち切るのは難しいかな。

血統はリアルスティール、ベルキャニオンのディープ、イスラボニータ、メイケイペガスターのフジキセキ、ゴールドシップ、ナカヤマナイトのステイゴールドなどのSS系にノーザンダンサー。フレンチ、ブライアンズタイムなどダートもいけそうな血統も目に付く。

ハートレー、スマートオーディン

【ホープフルS】12.5 – 11.5 – 12.6 – 12.7 – 12.8 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 11.5 – 11.7 2.01.8

ホープフルSは有馬記念と同日の開催で、前日と比べると幾分か時計がかかり、外からの決め手が活きる馬場。残り1000mから徐々にペースが上がるもスローの展開。このラップからもハートレー、ロードクエストが抜けた内容。ロードクエストにロスがあったとしても、最後は追いつめられたわけではない。レベルは測りにくいけど、1000万よりは上の評価をしていいのかな。バティスティーニ、ブラックスピネルを大きく上回る走りなので世代上位にはなる。何より2戦目でここまで伸ばしてきたことを評価したいし、対スマートオーディンを考えれば機動力はこちらのほうが上。ディープ×アメリカンなダート血統も過去の傾向に合致する。57kgで1kg重くても内枠を引いてリアルスティールの競馬ができれば、差すのはなかなか難しい。

【東スポ杯】12.9 – 11.7 – 12.3 – 12.4 – 13.1 – 13.4 – 11.5 – 10.9 – 11.3 1.49.5

ホープフルSは有馬記念と同日の開催で、前日と比べると幾分か時計がかかり、外からの決め手が活きる馬場。残り1000mから徐々にペースが上がるもスローの展開。このラップからもハートレー、ロードクエストが抜けた内容。ロードクエストにロスがあったとしても、最後は追いつめられたわけではない。レベルは測りにくいけど、1000万よりは上の評価をしていいのかな。バティスティーニ、ブラックスピネルを大きく上回る走りなので世代上位にはなる。何より2戦目でここまで伸ばしてきたことを評価したいし、対スマートオーディンを考えれば機動力はこちらのほうが上。ディープ×アメリカンなダート血統も過去の傾向に合致する。内枠を引いてリアルスティールの競馬ができれば、差すのはなかなか難しいだろう。こちらも重賞勝ちで1kg増の57kg。

メートルダール、リスペクトアース

【京成杯】12.7 – 10.8 – 13.1 – 12.4 – 12.8 – 12.0 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 12.2 2.01.4

メートルダールのここ2走、葉牡丹賞と京成杯の内容はいい。京成杯はゆったり入ってからの5Fの持続力が求められるレース質。内枠プロフェット、ケルフロイデは理想的な位置取りだったのに対し、メートルダールは内枠から下げて外に出すというロス。そこから33.9の脚で詰めてきた。前日の古馬500万と比較しても上なので1000万レベルの評価はできる。で、今回は中山2000mから東京1800m。適性的には、体力、持続力よりなので、条件としてはマイナス。ゼンノロブロイ×シルヴァーホークで速力、瞬発力を求められるとちょっと分が悪いかな。能力面は上の2頭にも対抗できるけど。

【京都2歳S】12.4 – 11.1 – 12.1 – 13.0 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 11.7 – 11.2 – 11.3 2.01.3

リスペクトアースは新馬戦、京都2歳Sも超スローペースに恵まれて好走。京都2歳Sはラスト2F11.2-11.3で上がれていることは評価さたいが、ドレッドノータスには先着されたし、展開利があったことは確か。レベルは古馬500万にはあるので、弱い馬ではないが。今回は仮にスローになったとしても、相手は一段上で決め手も強烈。また先行策だろうから、縦長で仕掛けが遅れれば可能性はあるか。マンカフェ×ストリートクライで適性面もちょっとずれるかな。

この4頭以外ならまずイモータル。朝日杯はスムーズさを欠いたとしてもリオンディーズ、エアスピネルには大きく水を開けられた内容で、サウジアラビアRCも上位馬はその後活躍なし。どちらも500万くらいの水準。同じ差し馬スマートオーディンと比較すると厳しいか。キングオブアームズのディープ×ダンチヒ系は魅力的もここまでは評価できるレースはない。

能力、適性からはハートレーが一歩リード。極端な外枠でなければ崩れる可能性は低い。スマートオーディンも能力は同等も時計が速くなったときに差しきれるかという課題はある。馬場次第。2頭に続くのは適性ズレるもメートルダール。リスペクトアースは展開利がほしい。

出走馬が決まれば再度ざっと確認しますが、買ってみたい穴馬は見当たらないですね。ひとまず枠順の発表を待つことにします。続く。

クイーンカップはこちら→クイーンカップ2016予想 メジャーエンブレムvsフェアリーS組ほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする