小倉大賞典2016予想 ハンデ決定、アルバートドックほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小倉大賞典2016の予想です。ハンデが決定したところで、各馬の分析をしていきます。その前に過去の傾向から。

小倉大賞典の過去の傾向

小倉大賞典2016

【2015年】12.3 – 11.2 – 12.4 – 12.1 – 11.7 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.7 1.48.3
【2014年】12.5 – 11.2 – 12.2 – 12.2 – 11.3 – 11.3 – 11.4 – 11.4 – 11.8 1.45.3
【2012年】12.3 – 11.6 – 12.0 – 11.5 – 11.4 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 12.3 1.46.3

2015年は重い馬場での低速戦でカレンブラックヒルが4角先頭で押し切り。2,3着のコスモソーンパーク、ダコールはともに1枠。2014年は対照的に速い馬場。ラストインパクトが向こう正面で動いて持続力と速力が求められる展開に。2着カフナは1枠、3着ブレイズアトレイルも3枠。2013年も似たような流れでシャイニーホークが道中仕掛けて、差し決着。ヒットザターゲット、ダコールは内枠。2012年もエーシンジーラインが持続力勝負に持ち込んで逃げ切り。2着10番人気スマートギアは2枠。2011年は捲りが決まったけど、近年の傾向としては、内枠有利で、適性的には小回りローカル中距離戦なので、持続力と45〜46秒台の時計に対応できる速力。天候次第では2015年並みに重くなることもあるけど、先週の馬場を見る限りではあそこまではいかないかな。

血統はディープ、ダイワメジャーなどSS系とミスプロ系の組み合わせが目立つ。カレンブラックヒルのダイワメジャー×Grindstone、ダコールのディープ×Unbridledなど。キンカメも健闘していて、カフナ、ヒットザターゲット。ステップは、東西金杯組が多いけど、明確な傾向はなし。重賞をちょい負けくらいがよさそう。

アルバートドック、ダコール

アルバートドックはラストインパクトと同じディープ産駒でマツパク厩舎、川田J騎乗。ラストインパクトは母父ティンバーカントリーでこちらはUnusual Heatというヌレイエフの系列。戦績を比較すると、ラストインパクトのほうが能力、適性ともに上。前走のリゲルSはダッシングブレイズに完敗、アンドロメダSもいまいち。白百合S、京都新聞杯も瞬発力よりのレースで、ここで求められるものとはズレる。そう考えると55kgでも恵まれたハンデとは言えないし、持続力勝負でもうひとつパフォーマンスを上げてくる必要がある。人気するようなら積極的には買いたくないかな。

ダコールは3回目の小倉大賞典。日経新春杯は逃げの手に出て、4着。2着以下はそれほどでもないけど、58kgと太かったことを考慮すると悪くはないか。新潟大賞典を見てもまだG3なら戦えるかな。過去のハンデと比較すると、55kg→57kg→58kgなので今回が一番重い。適性は過去にも好走しているし、問題なし。平坦巧者で、それを踏まえたレース選択をしてきている。馬場はディープなのでやはり軽いほうがいい。メンバー構成を考えると相手には入れておきたい。

マイネルフロスト、べルーフ

マイネルフロストはアルゼンチン共和国杯、金鯱賞のハイレベル戦を経由して、年明け2戦は勝ち切れず。中山金杯はどスローを逃げた展開利があったものの、ヤマカツエースに捕まる。仕掛けどころが良くなかったという面はあるけど、あの展開なら勝ち切ってほしかったかな。AJCCも1kg重いディサイファに完敗で、スーパームーン、ショウナンバッハにも先着を許した。現状はG3レベル。今回のハンデは金杯と同じ57kg。適性からいっても1800mで速い時計になったら速力不足は否めない。ディープ×グラスワンダーも少し重いかな。

べルーフも1800mよりは2000mのほうがいいタイプ。日経新春杯もレーヴミストラルとはかなり差がある内容だし、能力的にもまだまだ信頼は置けない。小倉の舞台は、小倉記念で好走しているけど、かなり流れて上がりのかかる展開。マイネルフロスト同様、ハービンジャー×SSでレース内容からも1800mの速力勝負だと適性はズレるか。

以上が人気しそうな4頭。

穴っぽいところではまずはコスモソーンパーク。昨年は2着に好走。ローテーションはニューイヤーSからで同じ。ニューイヤーSのレベルは2年とも高くないし、小倉大賞典も凡戦。ハンデは据え置き56kgだけど、全体のレベルが落ちるのを待つ立場。ベストはやや時計のかかるマイルかな。内枠を引けば。東京新聞杯は不向きの流れになったテイエムタイホーも圏内の実力値。ベストパフォーマンスは武庫川S、六甲Sの重い阪神マイルの2つで、体力という観点からは1800mでも対応できそうな感じはある。ニューイングランド×Lord at Warの血統だし。1800mという距離は未体験なので、やってみないとわからないものの、能力面、適性、脚質からは狙ってみる価値はあるか。

デウスウルトはチャレンジカップでは復調の気配。外枠には厳しいレースになったことを考慮すれば悪くない。昨年の中山金杯は強い内容で、ラブリーデイ-ロゴタイプのハイレベル戦でよく詰めてきた。速力、持続力が求められるのは今回も同じ。あれだけ走ればこのメンバーでは勝ち負けなので、状態次第。キンカメ×SSも傾向に合致する。他にはハギノハイブリッド、ネオリアリズム、レットアリオンだけど、ピンとは来ない。

ハンデ戦で混戦ということもあって、いつも以上に枠、馬場には気を配りたいところ。人気勢ではダコール、穴馬ならデウスウルト、テイエムタイホーが現時点では好評価です。続く。

・フェブラリーSはこちら→フェブラリーステークス2016予想 コパノリッキー三連覇なるか?有力馬の分析ほか

・京都牝馬Sはこちら→京都牝馬ステークス2016予想 今年から1400mに変更!

・ダイヤモンドSはこちら→ダイヤモンドステークス2016予想 東京3400mという特殊な舞台

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする