小倉2歳ステークス2015予想 シュウジ、レッドカーペット、コウエイテンマほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小倉2歳S予想の続編。出走馬が確定いたところで各馬の分析に入っていく。まずはこれまでの内容を精査していく。

【前記事】新潟記念&札幌2歳ステークス&小倉2歳ステークス2015 3重賞の過去の傾向について

シュウジ

【新馬】12.7 – 11.1 – 11.6 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 12.3 1.22.5

 まずは一番人気であろうシュウジから。最初に新馬戦。中京1400mの稍重馬場でのレース。2歳のこの時点でこの時計・ラップは優秀だなー。この週の中京は徐々に馬場は悪化してくわけで、比較は難しいけど、古馬500万より少し劣るくらいの評価はできる。2着レッドカーペットが次走快勝だったこともレベルの高さを裏付けている。

【中京2歳S】12.4 – 11.3 – 11.9 – 12.3 – 12.6 – 11.7 – 11.5 – 12.3 1.36.0

 新馬戦から1F延びてマイルの中京2歳ステークス。うーん、こちらのほうがレベルとしては落ちているか。この週は対照的に徐々に馬場が回復していく過程だったことを加味すれば、同日のシルバーステートとは時計面ではかなり差があるということになってしまう。シルバーステートと比べるのは酷かもしれないけど、1400m→1600mでパフォーマンスは落ちていることは事実だ。もっともこのことは今回のレースに向けて、という視点でみると決してマイナスになるわけではなくて、マイルより1200mのほうがいい可能性もある。やはりこのレースでも課題は距離に対応できるかどうかで、そこさえクリアできれば、新馬戦のパフォーマンスから上位にいることは間違いないところ。スタートは速いし、キンシャサノキセキ×キングマンボで、ツルマルレオンの半弟なら問題なさそうだが。懸念としては、先週はなかなか速い時計がでていたことか。

 このシュウジに新馬戦で負けたのがレッドカーペット。

【未勝利】12.4 – 10.9 – 11.4 – 11.9 – 11.9 – 11.6 – 12.5 1.22.6

 続く未勝利戦は前半3Fが34.7の流れを逃げて快勝で時計もよく、ここ2戦の内容はいい。未勝利からは小倉1200mでもこれくらい走れそうで、能力では劣っても、シュウジ以上に距離に対する不安はないと思う。レッドカーペットも父ダノンシャンティ×フサイチペガサスなので、フジキセキの孫にあたる。キンシャサノキセキもダノンシャンティもまだまだ特徴は掴めないものの、フジキセキだと思えば?この2頭は能力が高いです。

コウエイテンマ

【フェニックス賞】12.1 – 10.4 – 11.1 – 11.6 – 12.2 – 11.9 1.09.3

 次にフェニックス賞組について。不思議なラップになっているけど、これはコウエイテンマがラスト1Fで先頭に立っていることからコウテイテンマ自身が刻んだもので、2着以下は減速している。レースレベルとしては3歳未勝利戦よりは下、他の2歳戦と比べると上といったあたり。でもこのレース内容は評価したい。ラスト1Fが11.9であることもそうだし、少頭数ではあるものの差しの競馬ができたことは大きい。小倉2歳Sも小倉1200mらしく、前傾になるので控えてこの走りができることは強みになる。カジノドライヴ×ミルジョージとなかなかアウトサイダーな血統ではあるけど、買うならここなのかなという気はする。対シュウジ、レッドカーペットで考えると能力は少し落ちるけど、小倉で結果を出していることは優位な要素だ。

 それからフェニックス賞からは2着のオフクヒメ。フェニックス賞については、ハイペースを先行したことを加味してもコウエイテンマには完敗。オフクヒメの場合、評価できるのは阪神での新馬戦のほうかなー。こちらも10秒台だし、速力に不安があるタイプなのかもしれない。シュウジと同じキンシャサノキセキで母父がコマンダーインチーフなのでオフクヒメのほうが重めの血統になっている。今回はさらに速い時計が求められるだろうからその点は課題。

 この4頭以外は少し能力的に差があるのかなという印象だけど、挙げるならブンブンブラウだろう。新馬戦は中京1400mの重馬場でエスティタートには着差以上の差のある内容。それでもこの中に入ればまずまずいい。

【未勝利】12.3 – 10.9 – 11.2 – 11.6 – 12.0 – 11.8 1.09.8

 未勝利は34.4-35.4の小倉1200mにしては落ち着いたペースで、稍重の馬場で9秒台で走れたこと、ラスト11.8を差し切ったこと、34秒台で上がれたことは評価しないといけない。ブンブンブラウもキンシャサノキセキ産駒で、母父ダンシングブレーヴとオフクヒメと似た構成になっている。

 強いのはまずシュウジ。次いでレッドカーペット、コウエイテンマ、ブンブンブラウ、オフクヒメと続く。これ以外はちょっと能力的には落ちる感じがあって、現時点ではこの5頭の勝負、特にオフクヒメを除く4頭の勝負なのかなと考えている。あとはどれくらいの時計になるかかなあ。とりあえずこの4、5頭で。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする