北九州記念2015予想 荒れ馬場の小倉芝の馬場傾向を踏まえて

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の小倉の芝は小倉記念でも指摘したとおり例年の超高速馬場ではない。このことに加え週中の雨で稍重スタートの小倉なので、どういう馬場になっているかは詳細に検討する必要がある。スプリント戦でかつハンデ戦ならなおさらだ。

小倉芝の馬場傾向

2回4週小倉

 1Rは2歳未勝利の1800m。圧倒的人気ののクライシスが好位から押し切りで、2,3着も好位にいた馬たち。スローの流れだったので、人気の先行馬は残って当然という結果。先週の同じ条件と比較すると今週のほうが多少時計がかかっていて、このあたりは雨の影響だろう。

 2Rは北九州記念と同じ条件の1200mの2歳未勝利。この時点ではまだ稍重。33.4-35.5-1.08.9のハイペースで外差しが上位を独占。しかも4角ではかなり外に進路を取っていたし、勝ち馬は1番人気だけど、2,3着は人気薄。ペースが上がると差しやすい馬場なのか?時計の水準はほとんど先週と同じ。血統はゼンノロブロイ×エルコンドルパサー、ステイゴールド×コマンダーインチーフ、ダイワメジャー×エリシオで、SS系×欧州血統が活躍。

 5R新馬戦も1200m。34.3-36.6-1.10.9もここでも同じような展開で超人気薄差し馬が1番人気の先行馬を差し切り。オウケンマジック×ジャングルポケット、ヨハネスブルグ×ファンタスティックライト、クロフネ×フジキセキで体力がありそうな血統の差し馬がここまでは優勢。6Rは2000mの未勝利。またもや外差しでの決着。乱ペースにはなったけど、ラスト3Fは12.1-12.3-11.9なので展開が向いたとは言いづらいなかでのレッドファルダの差し切り。時計については変化なし。

 8Rは8枠サンクボヌールの決め手がいきたという結果でリーサルウェポンは早めに押し上げたのは仇となったかたち。決してハイペースだったわではない。余談だけど、サンクボヌールのこの内容はけっこう強そうだ。9Rも中距離戦で1700m。8枠ディープ産駒のディープウェーブが差し切り。今日は8枠が大活躍。ちなみに昨年の青島特別と比べるとやや時計がかかるくらいかな。

 10R小郡特別は1000万の1200m。33.7-35.1-1.08.8でエイシンカラットが残れないというのがいまの小倉の馬場を象徴しているように思う。勝ったのはまたしても外差しのナムラアッパーで血統はカンパニー×アドマイヤベガ、2着マツリダゴッホ×アンバーシャダイ、3着ブラックタイド×グリーンデザートで体力を感じる血統が並ぶ。500万でこの時計なら北九州記念は7秒台半ばくらいかな。

北九州記念の予想

1枠1番サドンストーム
1枠2番マイネルエテルネル
2枠3番ベルカント
2枠4番バクシンテイオー
3枠5番ビッグアーサー
3枠6番ニザエモン
4枠7番ミッキーラブソング
4枠8番サカジロロイヤル
5枠9番レオパルディナ
5枠10番サトノデプロマット
6枠11番バーバラ
6枠12番メイショウツガル
7枠13番ベルルミエール
7枠14番メイショウイザヨイ
7枠15番マヤノリュウジン
8枠16番ヘニーハウンド
8枠17番ドレッドノート
8枠18番オーミアリス

【その1】札幌記念&北九州記念2015 過去の傾向を探る(特にローテーションに関すること)
【その2】北九州記念2015予想 ハンデ決定!ベルカントとビッグアーサーを中心に

 展開はニザエモンが内からでメイショウイザヨイが外から。どちらかがハナだろう。レオパルディナ、サトノデプロマットも前でベルカントは好位から。昨年は北九州記念にしてはスローになったけど、今年もそこまで流れないのかもしれない。土曜日は外差しが決まることが多かったので騎手の心理としてもあまり飛ばしたくないというのが頭にあるはずで。

 前記事から、まずベルカントはアイビスSD勝利からのあまりよくないステップでの出走でかつ、内枠に入ってしまったことからも買い要素は前走よりない。サドンストームもビッグアーサーも内枠を引いたので仮に土曜日の馬場が継続するなら人気馬はちょっと雲行きが怪しくなってくる。ペースが上がればなおさらきつい展開になる。狙うべきは外枠で好位に付ける馬だろう。

 ◎ベルルミエール
 ▲ビッグアーサー
 ▲ヘニーハウンド
 △メイショウイザヨイ
 △サトノデプロマット
 △マヤノリュウジン
 △ドレッドノート
 △バーバラ
 …

 本命はベルルミエール。CBC賞に続いて今回もハンデ53㎏は阪神牝馬Sの内容からすると軽い。外枠を引けたし、好位から進めるであろうから勝ち切るかどうか置いておいても上位に来る可能性は高いはず。6秒台が出る高速馬場よりは時計がかかるいまの馬場のほうがいい。CBC賞からも決め手は全くないので、最後に何かにやられる可能性は十分あってその馬は何か?ということがポイント。

 候補としてはやはりまずビッグアーサー。5連勝の内容はよく、特に岡崎特別は評価したい。今日の馬場ならもう少し外枠がほしかったところでうまく外目に出せるか。土曜日に活躍の8枠からはヘニーハウンドとドレッドノート。ヘニーハウンドは京都の超高速馬場で実績があるようにもう少し速い馬場が希望ではあるものの、決め手は間違なく上位。大穴はドレッドノートで前走は上がり2位で、安土城Sもそこそこ。53㎏で展開と馬場に恵まれれば何とかなりそうなメンバーではある。ほかの差し勢ではマヤノリュウジンくらいかな。バーバラも。手を広げようと思えばオーミアリスとかミッキーラブソングあたりも入ってくるのできりがなくなってしまう。とにかく混戦だなあ。

 買い方はかなり難しいけど、とりあえずの軸馬は◎ベルルミエールで、穴っぽいところに流すという感じで。明日完全に乾いて雨の影響がなくなれば、今日より高速化したり内が復活してくる可能性はあるし、今日の馬場を踏まえて騎手の意識が変わってくることもありうる。ただでさえ混戦なので、このあたりの観察はしっかりしないといけない。最後はTwitterで。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする