きさらぎ賞2016予想 サトノダイヤモンドvsロイカバード再戦!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きさらぎ賞2016の予想です。さあクラシック向けてここはひとつ重要なレースになりそうで、サトノダイヤモンドとロイカバードの新馬戦以来の再戦となります。他にもロワアブソリュー、レプランシュなど注目馬は多く、楽しみな一戦。まずはいつも通り過去の傾向から。

きさらぎ賞の過去の傾向

きさらぎ賞2016

【2015年】13.0 – 11.6 – 11.7 – 12.6 – 12.7 – 12.1 – 11.7 – 11.6 – 11.6 1.48.6
【2014年】13.0 – 11.5 – 11.3 – 11.6 – 12.5 – 12.2 – 11.9 – 11.6 – 12.0 1.47.6
【2012年】13.1 – 11.5 – 11.9 – 12.5 – 12.7 – 11.6 – 11.3 – 11.3 – 11.1 1.47.0

昨年、2015年はルージュバッグが好位から快勝して2着も好位からポルトドートウィユ。序盤ゆったり入って後半の、瞬発力というよりかは持続力勝負。京都1800mなので良馬場の場合は速力も問われる。ルージュバッグの上がりは34.4。2014年も勝ち馬もトーセンスターダムは同じようなラップを踏んでいてゴール前でバンドワゴンを捉えて差し切り。トーセンスターダムの上がりは34.7。33秒台の決め手を使う馬が勝っているという勝手なイメージを持っていたけど、そうでもないようで、2013年なんかはドスローでもタマモベストプレイは34.3。これは馬場もあるし、レベルの問題もある。トーセンラーの2011年はハイレベル戦で、トーセンラー、オルフェーヴル、ウインバリアシオン、コティリオンは33秒台前半の脚を使っているし、ワールドエースの2012年はもう一段上の超ハイレベル戦で加速ラップを踏んでワールドエース33.0ヒストリカル32.8という内容。いずれにせよ勝ちきっているのは速力、持続力、瞬発力に優れたタイプ。一方で2,3着には先行馬が残ることも多く、2014年バンドワゴン、2013年マズルファイヤー、2011年リキサンマックスなど逃げ馬が縦長の隊列になって残ることも頭に入れておきたい。

血統はやはりディープが圧倒的。2015年ポルトドートウィユ、2014年トーセンスターダム、2012年1~3着独占、2011年トーセンラー。唯一連対しなかった2012年は出走馬が完成前のラストインパクトとリグヴェーダだったので、能力上位のディープ産駒には逆らわないほうがいい。ディープ以外にはバンドワゴン、マズルファイヤー、ちょっと昔になるけどアサクサキングスのホワイトマズルやリキサンマックスのキングヘイローなど父ノーザンダンサー系の先行馬には注目かな。ステップは様々だが、内回りのレースで差し損ね→外回り1800mで決め手を活かすというパターンは狙い目か。

では次に各馬の分析といきます。

サトノダイヤモンド、ロイカバード

【サトノダイヤモンド500万】12.9 – 11.4 – 13.5 – 12.9 – 13.1 – 12.8 – 12.6 – 11.8 – 11.5 – 11.3 2.03.8

まずはサトノダイヤモンド。新馬戦はみやこSと同日で、馬場はかなり重かった。前半64.3の超スローで入って2.03.8の上がり34.8、ラスト3Fは11.7 – 11.7 – 11.5の加速ラップ。同日の古馬500万が2.02.7の上がり35.3(勝ち馬)なのでレベル的には同等とみていい。前目につけてロイカバード以下を完封。続く500万も稍重の阪神2000mで低速戦。ここでも↑のように加速ラップで突き抜けて33.9。同日の2歳未勝利との比較では同タイムでも上がりは2秒も速いし、翌日の古馬1600万カウントダウンSど比べても上、しかも翌日は良馬場まで回復していたことを加味すると、この時点で古馬準OPレベルには間違いなくある。2歳の暮れでこの内容はリオンディーズ並みで、この相手なら能力は最上位だろう。問題はここ2戦が低速戦の瞬発力勝負だったので、京都1800mで速力、持続力が問われたときにどうか?という点。ディープ×ダンチヒ系ならパフォーマンスを落とすことは考えづらく、さらに伸ばしてくる可能性もある。ここは予想オッズでも1倍台の人気になっているが、逆らえないかな。

【福寿草特別】12.3 – 10.8 – 12.7 – 12.5 – 12.6 – 13.0 – 11.7 – 11.6 – 11.3 – 11.9 2.00.4

続いて、新馬戦ではサトノダイヤモンドに屈したロイカバード。2戦目は京都1800mの瞬発力で快勝、レベルは500万のやや下くらいか。前走の福寿草特別は高速馬場の京都2000m。ラップを見ると中盤緩んでからの4F勝負。うーん、レースレベルはこの日は時計が出やすかったし、古馬1000万やや下くらいかな。2着メイショウタチマチも強い馬だし決して低レベル戦ではない。サトノダイヤモンドと比較した場合には速力、持続力について保証があるという点で適性は間違いない。ディープ×ミスプロ系で能力的にもトーセンスターダムのイメージかな。ただ、サトノダイヤモンドにまともに走られると逆転は厳しい力関係ではある。

レプランシュ、ロワアブソリュー

【シクラメン賞】13.2 – 12.3 – 12.8 – 12.8 – 13.5 – 13.1 – 12.0 – 10.8 – 11.2 1.51.7

レプランシュは新馬戦も、シクラメン賞もドスローからの瞬発力で勝利。シクラメン賞なんかは10.8-11.2なので、もっと時計は詰めることはできるが、アイビーSを見ると速い時計に対応できず差し損ね。今回も時計は良馬場なら47~48秒台では決まるだろうから3~4秒は詰めないといけないことになって、新馬戦→アイビーSと似たようなステップ。シクラメン賞自体は測りにくいけど500万レベルにはあるので弱い馬ではないのだけど。レプランシュもディープ産駒で母父はヌレイエフ系。速力、持続力を問われてどこまで伸ばせるか。

【ロワアブソリュー新馬戦】12.8 – 11.6 – 12.2 – 13.7 – 13.2 – 12.9 – 11.7 – 10.8 – 11.3 1.50.2

ディープ3頭に対抗するならやはり先行馬で、まずはロワアブソリュー。新馬戦はドスローの逃げてミッキーロケット以下を完封。レベルはショウナンアヴィドのちょっと下くらいなので、もう一段上の走りが必要になる。血統はゼンノロブロイ×ミスプロ系なので京都はあまりいい感じはしないが、新馬戦よりは上げてくるだろうし、展開利があればといったところ。ジョルジュサンクも京都2歳Sでは差しに回ったけど、逃げたほうが可能性はあって、京都2歳Sは上がり最速で悪くないし、紫菊賞もシルバーステート以外には完勝していて能力は低くない。差しに回るとディープ産駒には対抗できないので、どれだけ縦長の隊列を作れるかがポイント。

人気でもサトノダイヤモンドが中心。ここ2走、特に500万のレースはかなり優秀な内容。続くのはロイカバード、レプランシュのディープ産駒2頭。先行勢ならロワアブソリューとジョルジュサンク。サトノダイヤモンド-ロイカバードではオッズ的に厳しいので買い方を工夫しないといけないレースになりそうです。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする