金鯱賞2015予想 求められる適性と出走馬の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金鯱賞2015の予想です。中京開催になってから4年目。過去の勝ち馬はオーシャンブルー、カレンミロティック、ラストインパクトでのちにG1でも馬券になった馬達。それなりの馬が勝っているので、能力重視で予想したい。

金鯱賞の過去の傾向

金鯱賞2015

【2014年】12.6 – 11.1 – 12.0 – 12.0 – 12.1 – 11.6 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.9 1.58.8
【2013年】12.8 – 11.0 – 12.1 – 11.7 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.2 – 11.5 – 12.4 1.59.6
【2012年】12.9 – 11.1 – 13.0 – 12.7 – 11.9 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.0 2.00.4

 2014年から遡っていく。昨年は中京にしては速い馬場で、58秒台の決着になった。最初の1Fこそ12.6と遅いものの、2F目以降は、12.1が一番遅いラップを刻む持続力勝負。この流れでは弱い先行馬は残ることができず、ラストインパクト、サトノノブレスのディープ2頭のワンツー。ラストインパクトは母父ティンバーカントリー、サトノノブレスはトニービン。内外については、ラブリーデイが8枠で馬券外になったように、外はよくない。
 2013年もメイショウナルト、カレンミロティックがペースを上げて持続力勝負。縦長の展開になったことで、カレンミロティック、ラブリーデイは残りやすい状況になったのともあるけど、この年も力差がはっきり表れたレース。カレンミロティックはハーツクライ×APindy、ラブリーデイはキンカメ×ダンス。時計は2014年よりはかかった。
 2012年、途中緩んだ箇所もあるが、やはりスローで瞬発力が問われる展開にはならない。オーシャンブルーが得意な持続力が求められる流れ。オーシャンブルーはステイゴールド×ダッシングブレイド、ダイワマッジョーレはダイワメジャー×LowSociety。決着時計は当時のレコードだが、古馬の重賞で2.00.4なら遅いほう。

 中京に変わってからの3年間はいずれも持続力が問われていて、中途半端な先行馬は残れない。上がりも速くて34秒台。体力も求められる。中日新聞杯も同じような傾向なので中京2000mはこういう流れになりやすいのだろう。内外は、ラブリーデイが8枠で勝ち切れなかったように、やはり外はよくない。それから血統はディープなどSS系、トニービンなど。

ディサイファ、サトノノブレス

ディサイファの天皇賞は能力が多少足りなかったこともあるけど、速力、瞬発力が求められ、適性が合わなかったことも凡走の要因。ディープ産駒にしては高速馬場になると速力負けするタイプで、札幌記念、中日新聞杯で結果を出しているようにやや時計がかかる馬場での持続力勝負が得意。

【中日新聞杯】12.8 – 11.3 – 12.7 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 12.7 2.01.2

この中日新聞杯で中京2000m対する適性の高さは示しているし、力関係的にも天皇賞に比べると幾分楽になる。内枠で好走するイメージが強く、レース傾向からも内枠を引きたい。天皇賞後なので仕上がりにも注意したい。これらをクリアできれば大崩れはない条件だろう。

サトノノブレスは昨年2着。秋の2戦は、まずハイレベル戦のオールカマー。ショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルトに休み明けで負けたのは気にしなくていい。続く前走のアルゼンチン共和国杯もゴールドアクターほか上位馬に完敗もハンデ58kg、距離も長く条件的には決していいとはいえないもの。なので秋の2走と比べると今回は56kg、昨年好走している金鯱賞なので条件は好転する。能力はラストインパントの下だし、ディサイファと比較しても下。適性はディサイファに近く、より長距離にシフトしたというイメージだ。鮮度はもうない。条件としては悪くないけど。

パッションダンスもディープ産駒。こちらは新潟記念で◎にしたように、とにかくペースが上がるかどうかに尽きる。瞬発力がないので、上がりがかかる展開にならないとキレ負けしてしまう。中京2000mは上の中日新聞杯で4着と、上がりがかかるのはプラスも、速力タイプなのでそこはマイナスという適性。新潟2000mの重賞を2勝していることからも速力+持続力でこそ狙いたい馬。その点、新潟記念は条件が揃っていたが、今回は新潟記念よりは評価は下がる。

ミトラは相当重い馬場だった福島記念でも崩れず。福島記念の予想記事でも指摘したが、距離を伸ばして以降は安定して高いパフォーマンスを見せている。中日新聞杯は外枠+57.5kgのハンデで5着という結果も今回は別定戦で56kgになるし、持続力勝負のオールカマーでもいい内容だったので、適性的にも不安はない。力関係からも上位にいる。反動さえなければ走ってきそうだ。

それからクラレント。ダンス×エリモピクシーの血統からも、戦績からも1400m~1800mの軽いレース質に適性があるのは間違いないだろう。中京2000mだと体力切れになる可能性は高く、昨年並みの時計が出る馬場になってスローにならないと苦しいはず。

次に3歳の2頭。

レーヴミストラル、べルーフ

レーヴミストラルのアルゼンチン共和国杯はスローの流れを上がり最速で差してきた。枠も大外枠だったことを加味すると評価できる内容。青葉賞しかりここまで強い内容なのは長距離戦のスローからの瞬発力勝負。金鯱賞の傾向からは少しずれる。一貫したペースで2分を切るような時計になった場合に対応してくるかは未知。血統からはキンカメ×レーヴドスカーなので対応できそうだが、レースぶりからは2000mは短かいかなという印象。能力はアルゼンチン共和国杯で示しているので、できるだけ時計がかかり、体力が求められる馬場を希望。

べルーフはハービンジャー×レクレドールで体力優勢の適性だろう。履歴をみても、京成杯→スプリングSで落としているし、小倉記念も時計こそ58秒台だが荒れ馬場のハイペースだった。なので中京自体はあっていると思う。あとは力関係。セントライト記念、菊花賞のレベルはそれほどでもないと考えているので、評価するなら小倉記念。54kgでアズマシャトルには負けているので、ここで55kgならちょっと足りないくらいか。ここ2走よりは条件はよく、夏からどれだけ伸ばせるか、だろう。

最後はマジェスティハーツ。マジェスティハーツについてはもともと能力を高く評価している1頭。3歳時の神戸新聞杯、それから今年の鳴尾記念、関屋記念はG1でも通用する内容だと思う。鳴尾記念もこれまでの金鯱賞のようなラップだし、ハーツクライ×ボストンハーバーも傾向に合致。内で我慢して進路が開けば頭まであるので、そのためにもまずは内目の枠がほしいかな。中京2000mならばらける可能性は高い。

ざっと各馬を見てきましたが、少頭数にしては実力馬が集まったなという印象。ディサイファ、ミトラ、レーヴミストラル、べルーフ、マジェスティハーツ。信頼度が高いのはディサイファとミトラ、嵌ればレーヴミストラル、マジェスティハーツといった感じかな。とりあえず枠を待ちます。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする