京成杯2016予想 過去の傾向とメートルダール、ウムブルフほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京成杯2016の予想です。年が明けてクラシックも少しずつ近づいてきてますね。巷でも言われているように今年の3歳世代はレベルが高いので、今年のクラシックは盛り上がりそうです。京成杯は過去にはエイシンフラッシュが勝っていて、今回もそういった馬が出てくるか要注意です。フェアリーステークスと同じ3歳戦なので、うまく流れに乗っていきたいところです。ではまず過去の傾向から。

【フェアリーS予想記事】フェアリーステークス2016予想 難解な一戦……

京成杯の過去の傾向

京成杯2016

【2015年】12.4 – 10.8 – 13.1 – 12.5 – 13.1 – 12.7 – 12.0 – 11.7 – 11.7 – 12.3 2.02.3
【2012年】12.4 – 10.8 – 11.9 – 12.3 – 13.0 – 12.7 – 12.3 – 11.8 – 11.7 – 11.7 2.00.6

過去5年のうち、ここ4年は8枠が連対しているように外枠の活躍が目立つし、外差しも効く傾向になっている。枠については少頭数になりやすいということもあるけど、外差しについては、強い馬ならしっかり届く。2015年はスローからの4F勝負でべルーフが差し切り。2014年はハイペースでプレイアンドリアル-キングスオブザサンの差し。2013年もフェイムゲーム-アクションスター、2012年ベストディール-マイネルブロスト。2011年だけはペースが流れてもフェイトフルウォーら内枠で決着。

過去の上位馬の顔ぶれを見ると、どの馬も2000m分の体力はあって、フェイムゲームのその後の活躍からもそう読み取れる。内回り中山2000mなので持続力勝負になりやすく、またこの時期なので馬場も重め。2分を切ることはまずない。先週までの馬場なら↑の2012年のイメージかな。血統は、べルーフのハービンジャー×SS、ブラッグバゴのバゴ×ステイゴールドなど、トニービン、ステイゴールドといった重めの血統が好走する傾向にある。

次に各馬の分析へ。

ユウチェンジ、マイネルラフレシア

【朝日杯FS】12.5 – 10.8 – 11.4 – 12.6 – 12.7 – 11.9 – 10.8 – 11.7 1.34.4

まずは朝日杯4着のユウチェンジ。リオンディーズが踏んだラップはもちろん優秀で、エアスピネルでも十分強い。2歳暮れの時点で古馬1600万レベルにはある。対して3着以下については古馬500万やや上くらいでそれほどでもない。ユウチェンジは直線多少狭くなった場面はあったものの、シャドウアプローチ、シュウジらと僅差。野路菊S、アイビーSもいまいち。未勝利戦、スウィフトカレント×ウイニングチケットからは距離自体には問題なさそうだけど、能力面で不安ありかな。

【東スポ杯】12.9 – 11.7 – 12.3 – 12.4 – 13.1 – 13.4 – 11.5 – 10.9 – 11.3 1.49.5

東スポ杯は13秒台を2つ並べてからの3F勝負。スマートオーディンの瞬発力がいかんなく発揮されたレース。マイネルラフレシアの内容はキレ負けだけど悪くはない。一応新馬戦では32秒台で上がってはきているけど、ジャングルポケット×ダンスからすると、そういうタイプには思えない。東スポ杯で能力上位なので、東京1800m→中山2000mで落とさないかが焦点。血統からはクリアできそうだけどなあ。

ホープフルS組の3頭、プランスシャルマン、ブレイブスマッシュ、オンザロックスは着差以上の完敗という内容から、今回は相手弱化。ただそれでも少し足りないので、凡戦になるかどうか。

メートルダール、ウムブルフ

【葉牡丹賞】12.5 – 11.4 – 12.2 – 12.7 – 12.9 – 12.7 – 12.7 – 12.3 – 11.6 – 11.6 2.02.6

メートルダールの葉牡丹賞は評価できる。ちょっと難しいけど1000万くらいかな。ペースは中盤に緩んでラスト2Fは11.6-11.6からの改装後の中山でよく見る決め手を活かす競馬。この流れで2.02.6なのでもっと時計は詰めれる。血統もゼンノロブロイ×シルヴァーホークでいまの中山にドンピシャ。展開負けのリスクはあるけど、いまの中山なら差してこれる。

【ウムブルフ未勝利】12.7 – 11.0 – 12.2 – 12.6 – 13.0 – 13.0 – 13.2 – 12.5 – 11.2 – 11.5 2.02.9

この未勝利は↑の葉牡丹賞と同日に行われたもの。似たようなレース質だけど、位置取りを考えるとメートルダールより下になってしまう。それでもウムブルフもまだまだ時計は詰められるので、伸びしろは大きい。ディープ×Monsonはリセエンヌなんかと同じで、東京で勝ちきれなかったことからすると、瞬発力より持続力より。なのでこのコースは合うし、メートルダールと比較すると位置取りの利はあるわけで、展開次第では逆転できるか。

他に気になるのはプロフェットとナムラシングン。プロフェットは低速戦の札幌2歳S→高速馬場の萩Sでパフォーマンスを落としたというここまで。アドマイヤエイカンと同じような適性だろうから、京都1800m→中山2000mは条件好転。ハービンジャー×タニノギムレットもいい。ただ能力が少し足りない。ナムラシングンはドレッドノータスに負けた新馬戦が強い。ラップを見ればこちらのほうが上の内容。前走はサトノダイヤモンドが抜けていたことももちろんあるが、先行してしまったことも要因で、差しに回れば圏内まで来れる能力値はある。ヴィクトワールピサ×Pivotalも悪くないはず。

気になる馬だけざっと見てきたけど、能力的にはメートルダール、マイネルラフレシアの2頭に、ウムブルフ、ナムラシングンが迫るという構図かな。時計の水準、外差しがどれだけ決まるかを確認して最終的な判断をしたいと思います。続く。

予想記事はこちらから→京成杯2016予想 人気馬は内枠へ、中山の馬場傾向から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする