京成杯オータムハンデ&セントウルステークス2015 秋の高速馬場での過去の傾向

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏のローカル開催も終わって、今週からは秋の中山・阪神開催がスタート。この時期は、野芝での開催ということもあって高速馬場になりがちで、どちらも好走するステップに特徴がある。さっそく京成杯AHから過去の傾向について振り返っていく。

京成杯オータムハンデの過去の傾向

京成杯AH2015

【2013年】12.6 – 10.6 – 10.8 – 11.2 – 11.5 – 11.5 – 11.9 – 11.7 1.31.8
【2012年】12.2 – 10.9 – 10.9 – 11.1 – 11.1 – 11.2 – 11.5 – 11.8 1.30.5
【2010年】12.4 – 11.6 – 11.4 – 11.7 – 11.4 – 11.2 – 11.3 – 11.8 1.32.8

 昨年は新潟開催だったの今回は除いて検討していく。まず、秋の中山開催は野芝になるので時計は速くなる。近年は31秒台での決着が多くなっているし、2012年なんかは1.30.5というものすごい時計。2010年は京成杯AHにしては遅くなったけどそれでも良馬場ならまずかかっても32秒台にはなるというのがこれまで。内外については年によるけど時計のわりには差しも効いている印象で2011年のように外差しが決まるパターンや2012年のように内で決まるパターンもある。この辺は実際に馬場をみてみないことにはわからないけど。

 どれくらい高速化するか、内外の有利不利は年によって違うものの、ラップをみてわかるように問われるのはまず速力で、次に持続力。31秒台の決着に対応できてかつ、瞬発力よりかは一貫したペースに適性があるタイプを狙うべきレース。過去の好走馬ではエクセラントカーヴ(ダイワメジャー×APindy)、レオアクティヴ(アドマイヤムーン×オペラハウス)、フィフスペトル(キンカメ×バーリ)あたりはまさにその手の馬。

 ステップも特徴的で、新潟1400mを勝ってきた馬が好走する。

・2013年エクセラントカーヴ 新潟日報賞 1.19.7
・2012年レオアクティヴ 朱鷺S 1.19.7
・2010年ファイアーフロート 長岡S 1.20.4

 で、いずれも高速馬場の新潟1400mを速い時計で走破した馬が勝利していて、高速決着の中山マイルに向けては1400mを使ってからのほうがレースをしやすいこと、速力・持続力という同じ適性が問われることが挙げられるだろう。今年も該当馬は確認しておきたいところ。
 

セントウルステークスの過去の傾向

セントウルS2015

【2014年】11.8 – 10.3 – 10.8 – 11.0 – 11.2 – 12.3 1.07.4
【2013年】12.0 – 10.9 – 10.9 – 11.0 – 10.9 – 11.8 1.07.5
【2011年】12.2 – 10.6 – 11.3 – 11.3 – 11.0 – 12.1 1.08.5

 セントウルステークスも秋の阪神開催で時計は速くなりがちで、7秒台で決まることがしばしば。このレースの特徴を一言で表すなら、ロードカナロアが勝てないレースだ、ということ。3歳時はエピセアロームに内から差され、4歳時にはハクサンムーンを捉えきれず。もちろんエピセアロームもハクサンムーンも実力馬ではあるけど、あのロードカナロアが勝ち切れないことは特筆すべきことのように思う。秋のスプリントSをはじめとしたG1戦線に向かう馬たちと、夏を使ってきた馬たちが交差するレースであり、仕上がりは当然後者のほうがいいので実績馬が勝ち切れないことが起きてしまう。

 ではどんな馬が勝っているかというと、

・2014年リトルゲルダ 北九州記念1着
・2013年ハクサンムーン アイビスSD1着
・2012年エピセアローム 北九州記念3着
・2011年エーシンヴァーゴウ 北九州記念3着
・2010年ダッシャーゴーゴー 北九州記念11着

と、中京開催だった2006年を除けば、ここ10年で勝ち馬は全て小倉1200mあるいはアイビスSDからのステップになっている。小倉1200mの前傾ラップ、新潟1000mのテンの速さを経験してからの、高速阪神で流れに乗るというパターン。アルティマトゥーレ、カノヤザクラ、サンアデュユもまさにそう。もちろん今年もこのステップは要注目だ。

 ラップをみると阪神1200mらしく前後半はフラットに近くなることが多く、先行馬が優勢になっている。表からも外差しはまず届かない傾向、外枠なら先行馬でないと厳しい。とにかく流れに乗れるタイプを狙うべきレース。その中で実力馬しか勝っていないのでまずは能力の把握から。

 京成杯AHもセントウルSも、夏~秋競馬の移行する時点であること、野芝開催であることが要因となって特徴的な傾向が出ているという過去。京成杯AHは速力・持続力を、セントウルSはローテーション・能力を重点的に各馬を検討していく。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする