京成杯オータムハンデ2015予想 関屋記念組、ダローネガ、アルビアーノetc

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京成杯オータムハンデの予想続編。各馬のハンデが決まったので、個々にみていくことにする。今年は新潟1400mを勝ってここの馬はおらず、関屋記念の再戦というメンバー構成になっている。

【前記事】京成杯オータムハンデ&セントウルステークス2015 秋の高速馬場での過去の傾向

関屋記念組

【関屋記念】13.2 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 11.4 – 11.2 – 10.7 – 11.4 1.32.6

 まずは勝ち馬のレッドアリオンから。出負けしたものの、最初の1Fが13.2とかなり遅くなったこともあってハナに立つことができた。それ以降はマイラーズCと同様にレッドアリオンの得意の展開で、高速馬場かつスローからの上がり勝負。サトノギャラントはじめ詰まった馬も何頭かいたし、ラップからしても差してきた馬を上に取りたいレースではある。今回はハンデ58kgになって関屋記念と比べると不利になり、また中山高速マイルから求められる適性も速力+持続力なので、この点においても異なってくる。過去の優秀な走りは瞬発力が問われたものが多いので、適性的にはちょっとずれるのかなと。リディル、クラレントもその手のタイプ。新潟マイル→中山マイルは条件が悪化しているので、評価を下げたい。できるだけ高速化してスローで流れてしてほしい。

 それからヤングマンパワー。うまく運べたこともあったけど、新潟マイルに対応してくるとは思わなかったし、前走は意外だった。関屋記念については斤量も軽かったし、レース自体が0.6差に全頭が収まるような差が付きにくかったといえるので、この3着をもって高い評価はしないほうは賢明か。スニッツェル×SSからもこちらのほうが条件としては良さそうだが、春のレース振りからは速い時計はどうなのかという内容で。

 4着からアルマディヴァン。アルマディヴァンも中京記念の内容から高速の新潟マイルの瞬発力勝負で差してきたのは驚き。過去の履歴をみる限りでは低速戦向きだし、メジロベイリー×メジロライアンという血統からもそう。やはり関屋記念は特殊なレースで着順自体は気にせず参考程度に見ておくのがいいのかもしれない。中京記念からすると重めの馬場希望だなあ。例年のような速力馬場ではイメージとずれる。シャイニープリンスも同じ。昨年の東風Sか富士Sがこの馬のベストパフォーマンス。この2つは適度に時計を要する摩擦がある馬場だった。いかにもキングヘイロー産駒らしく、いつもの京成杯で求められるものとは違う。どこかで狙い打ちするチャンスがあるはず。エキストラエンドはもう鮮度はなく停滞気味。速力を問われる条件はいいだろうけど。

 最後にスマートオリオン。関屋記念については瞬発力勝負なったことから度外視していい。ベストはやっぱり中京記念のように馬力が問われて上がりがかかる展開。新潟マイル→中山マイルに関しては条件好転しているものの、速すぎる馬場はいいとは思えない。過去のレース内容、グラスワンダー×ウイニングチケットから重めのイン伸び馬場が希望で、そうなれば57.5kgでも崩れることは考えにくい相手関係。瞬発力不要の条件に替わることはプラス、あとは馬場次第。

ダローネガ、アルビアーノほか

 関屋記念組以外ではまずダローネガ。ダローネガも速力に不安があってここまで速い時計はなし。中京や阪神コース向きだというのが戦績から見て取れる。能力的にもそこまで評価していないので、ルメールJ騎乗、ダイワメジャーの血統をどれだけ買うか。とりあえず軸にはしないかなと。コスモソーンパークもニューイヤーSの勝ち時計は1.33.9だし、低速戦向き。この2頭も適度に時計がかかってほしい。

 3歳からアルビアーノとグランシルク。

【NHKマイルC】12.4 – 11.1 – 11.8 – 11.9 – 12.1 – 11.1 – 11.3 – 11.8 1.33.5

 47.2-46.3のペースなので、前に有利だったNHKマイルC。時計的価値も古馬1000万レベルなのでレースレベルとしては決して高くない。この流れを先行したアルビアーノは恵まれたといえるので、あまり評価はしたくはない。適性的には未知でここで覚醒する可能性はゼロではないが。関東オークスからのステップは?ハンデ53kgも見込まれた感あり。グランシルクのほうは対照的にこの流れをインから差してアルビアーノとは0.2差。展開が向かなかったとはいえるかもしれないけど、いまいちな内容だったことは間違いないところで、54kgでも能力的な不安は拭えない。中山マイルはニュージーランドTほかで経験済みでも34秒台のものだし、ステイゴールド×ロベルト系からも時計がかかってほしいタイプだろう。
 うーん、2頭とも伸び代は当然考えないといけないのだが、レオアクティブ以上の買い要素は見い出せないのが現状だ。

 ここまで触れてきたなかで京成杯AH向き、高速馬場の持続力勝負で伸ばしてくるタイプは少ない。挙げるならスマートオリオン、アルビアーノ。ケイティープライド、ブレイズアトレイルもこの辺の適性は確認しておきたい。なにはともあれ、まずはどんな馬場になっているかを確認したいところ。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする