キーンランドカップ2015予想 イン有利の札幌芝&逃げ馬不在でスロー濃厚

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週はワールドオールスタージョッキーズということで達者なジョッキーが札幌に集結で楽しみな開催。キーンランドカップのほうもサマー1200mシリーズで重要な位置づけになっていて、ティーハーフからするとベルカントが連勝したためここは勝たないとダメな立場。さっそくいつものように土曜日札幌芝の馬場傾向から確認していく。

【新潟2歳Sの予想はこちら】新潟2歳ステークス2015予想 ラチ沿いを開ける新潟芝で狙うべきは?

札幌の馬場傾向

2回2週札幌 

 芝のレースは1R1500mから。インを通った馬の1~3着で時計も速め。イン有利は先週と変わらずだけど時計はちょっと速いのかな。いきなりモレイラJが勝っている。ダイワメジャーのワンツー。次は6Rの2000m。スローになったこともあるけど、ここも逃げ切りで外差し勢にとっては差しにくい馬場だろう。時計はやはり先週比べでは1秒くらいは速くなっている。ウィリアムズJらしい先行押し切りのレース。

 7Rはキーンランドカップと同じ1200mの500万で牝馬限定戦。33.9-34.8-1.08.7の展開、中段からカービングパスが差し切りという結果で、ここでは抜けていた感じ。内の優勢はまだ継続しているはず。500万の牝馬限定戦で8秒台後半が出たのならキーンランドカップは7秒台に突入することはほぼ確定か。血統はハービンジャー×SS、シンボリクリスエス×フジキセキ、ダイワメジャー×キングマンボ。9Rはオールスタージョッキー第1戦2600m。このレースをみても内のほうがいい。

 10R1500mはプラチナテーラーの逃げ切り。2,3着もラチ沿いを通った馬で内内での決着。開催当初の高速馬場よりはかかるけど、速めの馬場も変わらず。ジャングルポケット×グルームダンサー、ネオユニヴァース×Alzao、ヨハネスブルク×タイキシャトルという血統。メインのオールスタージョッキー第2戦も内から上手く外に出したジャングルクルーズ・モレイラJ。いきなりお上手だなー。10番人気1枠ジャーエスペランサが4着に来ているあたりからも内。

キーンランドカップの予想

1枠1番タガノアザガル
1枠2番サクラアドニス
2枠3番クールホタルビ
2枠4番スギノエンデバー
3枠5番レッドオーヴァル
3枠6番サトノタイガー
4枠7番マジンプロスパー
4枠8番ネオウィズダム
5枠9番エポワス
5枠10番ティーハーフ
6枠11番ローブティサージュ
6枠12番オメガヴェンデッタ
7枠13番ウキヨノカゼ
7枠14番ペイシャオブロー
8枠15番レンイングランンド
8枠16番トーホウアマポーラ

【その1】新潟2歳ステークス&キーンランドカップ2015 ハイレベルになりがちな過去の傾向から
【その2】キーンランドカップ2015予想 ティーハーフの函館SSは低レベル戦なのか

 ホウライアキコとルチャドルアスールの除外で、逃げ馬不在のメンバー構成。行く可能性があるのはサクラアドニス、ネオウィズダム、オメガヴェンデッタ、ペイシャオブロー、レンイングランンドあたりだけど、まずハイペースにはなる可能性は低いだろう。加えて土曜日の馬場はイン有利で、時計もやや速く7秒台突入もみえてくる水準になっている。となると、先行馬を狙うべき状況だろう。

 これまでの検討から、まず函館SSは低レベル戦。ティーハーフでさえ500万レベルの内容なので函館SSをもって高い評価をすることはできないし、それ以前のレースについてもそこまで強い内容のレースはない。さらにスロー、イン伸び馬場、一番人気、57kgと嫌いたい状況が揃っている。UHB賞のほうがまだレースレベルは上。当時の馬場よりはいまのほうが時計はかかるけど。

 ◎オメガヴェンデッタ
 ○レッドオーヴァル
 △サクラアドニス
 △スギノエンデバー
 △マジンプロスパー
 △エポワス
 △ローブティサージュ

 ◎はオメガヴェンデッタ。前走函館日刊スポーツ杯はそこまでいい内容ではないけど、少なくとも函館SSよりは上で、京王杯SCをみてもこのメンバーなら上位にいる。問題は1200mの速い時計に対応できるかで、前走から2秒以上は速い決着になる。ゼンノロブロイ×ビハインドザマスクからもその点は不安といえば不安。それでも展開利はかなり大きいだろうし、横典Jならまず先行してくる場面。7秒台といっても洋芝なので対応できると判断したい。

 ○レッドオーヴァルはこの枠で岩田Jならイン差しだろう。岩田Jの土曜日のレース運びをみてもまず内を突いてくる。UHB賞の内容から、この組では一番上に取るべきであとは進路が空くかどうかだけ。開いたら勝ち負けできる。穴は内枠勢で、先行できるサクラアドニス、デムーロJ騎乗のスギノエンデバー、56kgマジンプロスパーとモレイラJ騎乗のエポワス。ほかの内枠も押さえるべきなのかもしれないけど、とりあえず。ローブティサージュは前走は度外視できるし、洋芝1200mの適性は間違いないけど、外枠でイン伸び馬場と55kgで昨年よりは評価を下げざるを得ないところ。

 明日も今日の馬場が継続するなら予定通り◎オメガヴェンデッタで。レッドオーヴァルからも流すかは明日の状況次第ということで。最終結論はtwitterにてつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする