キーンランドカップ&新潟2歳ステークスの反省会と今後の方針について

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うーん、今週は(も?)難しかったなー。特にキーンランドカップのほうは◎オメガヴェンデッタで自信があったし、直線向くまではきたー!と思ったのですが。ちょっと今後の更新の方法について変えてみようかなということでそのことについても最後のほうで書きます。

キーンランドカップの反省会

2回2週札幌

・続いて札幌。2R1800mは前の人気3頭で決まり。1.49.5は先週、先々週よりは速い。
・5R新馬戦1200m。ここも人気勢の決着。少頭数だったので馬場を読むのは難しいけど、時計はかかったほう。ブラックタイド×カーリアン、アドマイヤムーン×オペラハウス、ダイワメジャー×デインヒル系。
・6R1500m。またしてもスローで前で決まり。モレイラJは乗れてるなー。速い時計が出て札幌は昨日と変わらない馬場だと、判断していいか。内有利でやや高速馬場。ロベルト系×コロナドクエスト、フレンチ×SSが1,2着。
・またモレイラw。速い時計が出たなー。レベルの高さもあるんだろうけど。勝ち馬はラチ沿いを進んでいた馬で、4角で外を回したシュヴァルグランは届かず。内のほうがいい。
・札幌は想定通りの馬場なので、オメガヴェンデッタの単複でいきます。
・札幌、外外かー。函館SSしかり……。

【キーンランドC】12.1 – 10.6 – 11.3 – 11.8 – 11.4 – 11.4 1.08.6

 表からすると、今日の札幌芝は内のほうがよかったといえるはずで、結果をみたときには函館SSを思い出してしまった。函館SSと比べると今回のほうがレベルは上だし、外枠が上位きた理由も違っている。時計が出る馬場で、ラスト11.4-11.4と外からスムーズに加速してきたウキヨノカゼ、トーホウアマポーラ、ティーハーフが上位にきたというかたち。レースレベルは10R1000万からするとある程度のレベルはありそうだが、土曜日の500万からするとそこまで高くもなさそうだなあ。予想のほうは内重視で組んでいたので完敗。◎オメガヴェンデッタはやはりやや重めの1400mがベストの条件。内枠勢が想定以上に走らなかったのと、札幌らしからぬ切れ味勝負なったことが外した要因だ。

新潟2歳ステークスの反省会

2回5週新潟

・まずは新潟から。天候は小雨。稍重ではあるけど、ダートは不良馬場だし、けっこう降雨があったのかな?2R1000m。外枠のプリンセスオーラが快勝で、1枠一番人気は勝ちきれず。いつもの外枠有利の新潟1000m。
・5R新馬戦1200m。内を通ったアンナトルナ北村Jが1着で3着には1枠もきている。この辺は昨日と変わらずか。1.11.0はこれまでより1秒以上はかかっている計算になる。やはり雨の影響はありそうだ。
・6Rは外回りの2000m。スローからの瞬発力勝負なって見事に内枠が上位を独占。ここまで遅くなると前々で決まって当然だけど、どうも外はいい感じはしない。内~中枠から直線で外に出すのがいまのベストのレース運び。
・時計はかかって、キンカメ×SS、マンカフェ×Gonewest、メジロベイリー×タマモクロス。
・7R1800mはそこそこ流れてポーラメソッドが好位から抜け出しで、圧倒的人気のデルフィーノは2着。ここでもラチ沿いから4~5頭分がよく伸びている。
・チチカステナンゴ×トウカイテイオーが勝って、ハーツクライ×フレンチ、とトニービンがワンツー。昨日より重くなっているか。この様子だとここ数年の新潟2歳Sとは違うイメージでいったほうがいいかもしれない。
・新潟は9Rのマイル戦が終わるまで待機。内枠で今日の馬場に合いそうなのはタニセンビクトリー、プリンシパルスター。
・新潟は迷うなー。1枠2頭、プリンシパルスター、4枠2頭、トウショウドラフタ、7枠の2頭、8枠の2頭。
・新潟9Rマイル。やっぱりあのルートが一番いい。3着アドマイヤコリンもその進路。クラウンレガーロはグラスワンダー×エンドスウィープ、ストーンウェアはミスプロ系×ミスプロ系、アドマイヤコリンはディープ×ブライアンズタイム。新潟マイルにして異質な血統が並んでいる。
・ちょっと変更して、◎プリンシパルスター、○タニセンビクトリーからそれぞれ単勝と、ルグランフリソン、ロードクエストを中心にさっき挙げた馬に流す。
・ロードクエストは完璧ないまの新潟に合った騎乗。もちろん馬も強いけど。

【新潟2歳S】12.5 – 11.0 – 11.9 – 12.2 – 12.3 – 11.9 – 10.6 – 11.4 1.33.8

 今日の新潟芝は土曜日と似たような天候になって、同じく稍重の馬場。内ラチから4~5頭分外がベストルートなのも同じ。いつもの夏の新潟高速馬場とは違うこと、内枠が優勢と判断して◎プリンシパルスター、○タニセンビクトリーに変更。結果はロードクエストが完璧なレース運びから快勝。田辺Jの騎乗もよかったし、それ以上にこの馬場で、33秒台でかつ上がり32秒台は9R1000万を上回る内容で、2歳のこの時点で古馬1600万レベルの走り。マツリダゴッホのイメージとは違って驚き。ウインファビラスの激走も少し驚きで、前走は一定以上の水準にはあるけど、それほど光るものではないし拾えた方は血統か何かでしょうか?内がいいのなら素直に一番強いロードクエストを買えばいいのに、と後になってから思うのは自分が愚かだからに違いない。

 

今後の方針

 今後なんですが、来週からはWIN5の予想記事もいれていく予定でいます。どれだけ能力・適性を完璧に把握し、馬場の変化を追いかけてもレースが生き物である以上毎回当たることが不可能。これはある程度競馬をみてきた方なら実感されているはずです。なのでいい意味の開き直りというか、悪く言えばあきらめも大事になってくるのかと。この不確定性というものをどう扱うかが競馬予想の肝要なところだと考えているのです。
 WIN5については、前のブログでの一回を含め過去に数回当たったことがあるけど、やはりリターンが大きいし、単勝多点買いをしていると考えればいろんな状況に対応できる可能性は上がるという利点があってそれは自分のスタイルと合っているように思います。このことからも来週からは、

・重賞+WIN5対象レースを予想(印は◎、○、▲の3つが基本)する。
・週中の重賞分析記事、週末の重賞予想記事は変わらず、WIN5予想記事は日曜日の朝に投稿する。回顧、反省はtwitterメインで。
・当日の馬場分析は要点だけ簡潔につぶやく(内外、時計、適性、血統、騎手など)。

という感じでしばらくやってみます。もともとこちらのブログを立ち上げた時にWIN5の予想もする予定だったのですが、ようやく更新にも慣れてきたところなのでそろそろ始めようということで。よろしければお付き合いをお願いします。とりあえず、それでは。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする