ジャパンカップ2015予想 荒れた良馬場、内有利の傾向の東京で

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さあ、いよいよジャパンカップ!ということで、予想を進めていきます。まずはいつも通り土曜日の東京芝の馬場傾向を確認してから印へといきます。

※各馬の分析についてはこちら→ジャパンカップ2015予想 ラブリーデイ、ショウナンパンドラほか

東京芝の馬場傾向

 芝のレースは2R1400mから。1400m戦にしてはどスローのペースで上がり3Fだけの勝負。テンプルツリーが離して逃げていて3Fが11.2 – 11.4 – 11.5のラップなので後続は相当構えた位置取りになっている。エクラミレネールが好位から瞬発力を使って差し切り。展開からするとよく外も差してきていてこのレースだけみると外も悪くはなさそうだが。時計は良馬場にしてはやはりかかり気味。続く3R1800mはアウェイクから4角内から直線外に出して差し切り。上がりがかかる展開になってディープ×グランドスラムの決め手が活きたという結果。2着ジャガンツは外差しでシンボリクリスエス×アドマイヤベガで、この2つだけみれば内外はフラットで摩擦のかかる良馬場という印象を受ける。5R新馬戦マイルは各馬直線では横に広がるかたちになった。1着フィビュラは馬場の5分どころを進路にとっている。直線のラチ沿いは多少荒れているのかもしれない。時計もややかかり気味。

7Rマイルは1枠マダムジルウェット、フジキセキ×タバスコキャットがイン差し。15番人気で激走のクィーンバレットはラチから5頭目くらい外の進路。おそらく3〜5頭目くらい外がベストルートなのだろう。好走血統をみるとダートっぽさも感じる。キャピタルSもその進路を通った内枠の3頭が上位を独占。直線では内外でかなりばらけたが、外を回してはロスが大きくなりすぎて届かない馬場だ。時計はOP特別で、1.33.2の34.2。サンライズメジャーもダイワメジャー×デュピティミニスターで母系はダートより。最終1400mも好位からマイネルアウラートが押し切り、2着コリーヌも1枠の差し馬。

土曜日の傾向は、良馬場でもやや時計がかかって、3〜5頭分くらいがベストルート。血統はダート血統も走るパワーより。狙いたいのは機動力があって馬群をわってこれるタイプ。

ジャパンカップ2015の予想

 枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→ジャパンカップ2015の枠順

 展開は逃げ馬不在でまずペースは上がりそうにないメンバー構成。外国馬イトウか、カレンミロテッィクのハナが濃厚だろう。特にイトウが逃げた場合どういう流れになるか非常に読みにくい。ラブリーデイは内の好位にいて、ミッキークイーンは中段から、ゴールドシップは後方から進める。ゴールドシップがどのタイミングで動いてくるかもわからないので、展開予想は難しいものの、スローで進むことには変わりはなく、そこからジャパンカップらしい後半4F戦になるか、2013年ように瞬発力勝負になるか。勝ち時計もそこまで速くはならない。

◎ミッキークイーン
○ラブリーデイ
▲ショウナンパンドラ

 事前検討からは日本馬ではラブリーデイ、ショウナンパンドラの天皇賞組と、53kgミッキークイーン、外国馬ならDubawi×カーリアンで凱旋門賞5着のイラプトが能力的にも適性的にも一歩リードしているということだった。◎はその中からミッキークイーン。ショウナンパンドラが外枠なので、こちらを上に取った。正直ブエナビスタ、ジェンティルドンナと比較するとここまでの内容は劣る。ただ今年は強敵はラブリーデイとショウナンパンドラくらいなので、53kgなら通用する計算だし、この馬場でラブリーデイが最後で止まれば差すのミッキークイーンだろう。オークスから体力面は問題ないはず。少し枠が外ではあるが、浜中Jなら外を回すことはしない。

 ラブリーデイは今年に入ってからは阪神大賞典、天皇賞春以外は安定して高いパフォーマンス。秋には持続力勝負だけでなく瞬発力勝負にも対応できているし、好走できる展開の幅は広くなっている。能力もこの相手なら最上位。やはりポイントは事前予想でも指摘したとおり2400mでの体力面。実際体力勝負になった阪神大賞典と天皇賞春はパフォーマンスを落としているわけで、不安がないこともない。もっとも東京2400mでそこまでの体力を求められはしないし、今回はスロー濃厚かつ1枠を引けた。体力面からいってスロー+1枠は大きくプラスも、マイナスは今の馬場で良馬場でも荒れて時計がかかる点。まあ能力に不安はないし、枠もいいので、クリアしてきそうだけど。ということでここは○。
ショウナンパンドラはディープ×フレンチで今の馬場ならぴったりだけど、外枠は評価を下げる。池添Jが上手く内に入れることができたら一気に怖くなってくるが。

 どうもレースレベルは上がりそうになく、この3頭以外にも特に外国人Jには注意しておきたい。外国馬からは上記のとおりイラプト。凱旋門賞でも馬場はかなり硬かったようで日本の馬場にも対応してくる可能性はあるし、今年のメンバーなら走ってもいい。ペルーサ、ラストインパクトの3枠2頭、サウンズオブアースのデムーロJ。ペルーサ以外は東京向きとは思えないが、毎年外国人Jが絡むジャパンカップなので警戒しないといけない。

 明日また馬場に変化がありそうでしたらTwitterでつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする