福島記念2015予想 ハンデ決定!ミトラ、マイネルミラノほかの出走馬分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンデ戦、福島記念の予想第1弾。各馬のハンデが決まったところで、ざっくり過去の傾向とマイネルミラノ、ミトラなどの各馬のハンデの有利不利について記しておきたい。

福島記念の過去の傾向

福島記念2015

【2014年】11.8 – 11.1 – 11.9 – 12.3 – 12.3 – 12.2 – 11.8 – 11.7 – 11.2 – 11.8 1.58.1
【2013年】12.0 – 10.9 – 10.8 – 11.7 – 12.1 – 12.6 – 12.3 – 11.6 – 11.2 – 12.1 1.57.3
【2012年】12.0 – 11.3 – 11.5 – 12.5 – 12.6 – 12.7 – 11.8 – 11.8 – 11.3 – 12.0 1.59.5

 表から読み取れるように新潟開催の2011年を除くと内枠有利の傾向となっている。昨年は1枠ミトラが先行押し切りで、穴を開けたフラアンジェリコもイン差しだった。2013年もダイワファルコン、マイネルラクリマの先行馬で決まって外差しは届かず。良馬場になった場合は決着時計も速くなっていて先行馬有利の展開になりやすいため外差しにはきつい状況になりがち。特に2013年なんかは1.57.3というかなり速い時計の決着だし、昨年についてみてもスローで流れて1.58.1なので、一昔前に福島の荒れた馬場になることはかなり傾向が変わってくる。稍重の開催の2012年は1.59.5と比較的時計を要して、アドマイヤタイシ、ダコールの実力馬2頭が2,3着まで差してこれる展開。それでも2,3着まで。

 ラップをみるとローカル中距離重賞らしく持続力勝負になることが多い。2013年は高速馬場だったので速力も求められた。同条件の七夕賞と同じような考えで基本的には問題なし。その点、昨年はスローで流れたことが読み取れるが、原則持続力が問われるレースで、馬場次第で速力も必要になるという適性面の考察である。ステップについては、ミトラは富士Sでキレ負けから、ダイワファルコンは2年とも天皇賞で凡走後というもの。東京→福島のパターンはチェックしておきたいところ。

それでは各馬に分析へ。

ミトラ、マイネルミラノ

 まずはミトラ、マイネルミラノの先行勢から。

【オールカマー】12.5 – 10.9 – 12.4 – 12.4 – 12.6 – 12.6 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.7 – 11.8 2.11.9

 ミトラは距離を延ばしてから大きく崩れておらず安定して一定以上の内容で走っている。オールカマーは、ショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルトの牝馬2頭がかなり高いレベルで走ったため、3着でも十分なパフォーマンスだった。AJCCもなかなかだし、中日新聞杯は外枠で参考外。昨年の福島記念以来はGⅢレベルにおいては、文句のない内容なので、57.5kgでも評価は必要かなと現時点では考えている。確かに今年は人気だし、ステップも違うしなんだけど、能力はやはり上なので。外枠を引いた場合は話は別だが。

 ラップからするとそこまでのオーバーペースには見えないけど、マイネルミラノはオールカマーは11着という結果。夏競馬も巴賞と新潟記念は強い内容なので、条件次第というところが大きいタイプ。少なくとも条件戦のレースからもパンパンの高速馬場向きではないだろうし、57秒台で決まると厳しいのかもしれない。理想は新潟記念のような多少渋った馬場だろう。能力的には56kgは恵まれたという印象だ。

 ノットフォーマル、フレイムコード、メイショウナルトもいてペースは上がりそうなメンバー構成。ノットフォーマルはここまで強いレースはないし、メイショウナルトも衰えからか、パフォーマンスは落ちている。ちょっと穴で考えたいのがフレイムコード。府中牝馬Sでキレ負け→福島は上記のパターンに該当するし、ハンデ52kg。

フラアンジェリコ、ヤマカツエース

 昨年は大穴を開けたフラアンジェリコ。京成杯AHはレースレベルの低下もあるものの、好走パターンである瞬発力勝負になったことが結果に繋がった。昨年のラップをみてもスロー気味でラスト1Fの減速も少なくなっているし、ペースが上がった七夕賞では凡走している。ハンデ54kg、レース運びも完璧だったこともあるので、今年は幾分状況は悪くなっているが、展開さえ嵌れば、再度上位争いできる能力はある。それからするとマイネルミラノの存在はちょっと嫌だなあ。外差しは厳しいだろうから内目の枠をまずは引かないといけない。

ヤマカツエースは北海道の2戦はかなり内容がいい。函館記念はハイペースを2番手で追いかけて、時計的な価値も高い内容だし、札幌記念も速めのペースの力勝負をディサイファらの古馬GⅡレベルと同等の走り。今回ハンデも札幌記念と変わらず54kgで相手は弱くなっているので、能力的は優位に立っている。課題を挙げるなら速い時計に対応できるか?だろう。キンカメ×グラスワンダーから多少時計がかかったほうがいい適性の持ち主だろうし、ここまでの履歴もそういうもの。この秋屈指のハイレベル戦になった富士S惨敗は度外視していいし、適性的にも東京→福島は条件好転。57秒台になるような馬場でなければ重い印を打ちたい。

シャイニープリンスはここで距離延長を選択してきた。ベストの条件は摩擦のかかる馬場でのマイル戦、昨年の東風S、富士Sなのがここまで。2000m以上の距離は始めてでちょっと評価が難しい。キングヘイロー×リンドシェーバーからは問題なしだが。いずれにしても極端な競馬をしてくるだろうから、外差しが届く馬場になって、速力は問われない時計はかかったほうがいい。

パワースポットも同じような馬場を希望。府中牝馬Sは休み明けでも負け過ぎの気はするけど、嵌れば圏内まで差してこれる能力はあって52kg。一昔前の福島なら狙ってみたいが、馬場次第。他の穴っぽいところはステラウインド。七夕賞は目黒記念凡走後からの短縮で激走、今回は同じ東京アイルランドTからのステップなので似たような過程できている。ハンデも据え置きの56kgだし警戒さたほうがいい。とりあえず内目の枠を引いたら。

ざっと出走予定馬を見てきて、能力値から考えると理想はちょっと重い馬場になってヤマカツエースで勝負できるパターン。ミトラ、マイネルミラノも強いけど。馬場に加えて枠順も重要なレースなのでひとまず枠順の発表待ちということで。続く。

予想記事更新しました!印はこちらから→福島記念2015予想 ハンデ決定!ミトラ、マイネルミラノほかの出走馬分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする