平安S2015予想 アジアエクスプレスほか有力馬分析と過去の傾向

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平安ステークスの予想について、アジアエクスプレスをはじめとした有力馬と過去の傾向(京都ダート1900m)について勉強していく。いまだに冬のイメージが強い平安S。この時期で、この距離で開催されるようになったのは今年で3回目。

有力馬の分析

・アジアエクスプレス
前走のアンタレスSは、
12.7 – 11.0 – 12.6 – 11.8 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 13.0
というラップ。最初の1Fは12.7と遅めですんなり行けたのはよかった。向こう上面でペースが上がり、それからはゴールに向かって持久力勝負。テンは遅かったものの、前に楽だったペースとは言えないと思う。クリノスターオーにマークされ、かつ57㎏を背負ってこの内容は評価したい。戸崎JもユニコーンSの結果を受けて揉まれない競馬を意識している。前走は内枠だったのでハナを切る形で揉まれない形にもっていった。今回は外枠からすんなり先行がベストの展開なので、今回は外目の枠がほしい。

・クリノスターオー
アジアエクスプレスに先着したのがクリノスターオー。昨年の平安Sを勝って以来いい内容のレースを続けている。着外だったみやこSは乱ペース&状態面いまいちだったし、チャンピオンズCはホッコータルマエにマークされて厳しいレースだった。京都D1900mという特殊な舞台への適性も昨年のレースから保証されている。能力・適性ともに信頼できる。包まれない枠がいい。

・インカンテーション
フェブラリーSは距離短縮と先行の位置取りショックがはまった。能力は間違いなく高いけど、今回は帝王賞への叩きらしいのでどこまで仕上げてくるか。もうひとつは、大野Jの場合、ここ数走は位置取りが後ろだったこと。平安Sは内田Jか、大野Jかは情報がまだないけど、ちょっと気にしておきたい。

そのほかの馬では、ナムラビクター。上がりがかかったほしいタイプで直線で坂のない京都よりかは阪神とか中京向き。この舞台は昨年負けているし適性という点では少し疑問。ただ56㎏で出れるのは軽いと思うし、もう一回り体重を絞れれば。ドコフクカゼは条件戦でも1800mのスピードレースは勝ち切れなかったことからも、スピードを求められるとつらいので、できるだけ思い馬場を希望。やはりベストは東京2100mかな。マイネルクロップは重賞2連勝。前走マーチSは展開が向いたし、ここに入ると一枚落ちる感じはある。内枠がほしいところ。ローマンレジェンドは前走さすがに太くて、絞れることがまず条件。

京都ダート1900mの傾向

この舞台はレース自体少なめで、ちょっと勉強しておきたい。

2014年平安S良クリノスターオー 6.8 – 11.0 – 11.7 – 12.8 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.7
2013年平安S良ニホンピロアワーズ 7.0 – 10.7 – 11.0 – 12.6 – 12.9 – 13.2 – 12.9 – 12.1 – 12.0 – 12.5
2015年アルデバランS良アスカノロマン6.9 – 11.4 – 11.6 – 12.9 – 12.1 – 12.1 – 12.5 – 12.6 – 12.4 – 12.3
2014年アルデバランS不良エーシンゴールド7.1 – 10.5 – 11.3 – 12.4 – 12.1 – 12.0 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 13.2
2013年アルデバランSやや重メテオロロジスト6.8 – 11.0 – 12.0 – 12.6 – 12.8 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – 12.3 – 12.9

勝ち馬をみていると先行馬がやはり優勢か。コーナーの入り口までのポジション争いでペースが上がって、それ以降は12秒台を刻みながら…ラスト3F,2Fで加速というコースの傾向。登録馬をみていると、先行馬がそれほどいないので、2014年アルデバランSのようなレースよりかは、ここ2年の平安Sのような展開になる可能性が高そうだ。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする