平安ステークス2016予想 ◎アスカノロマン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平安ステークス2016の予想です。京都1900mの舞台に変更になって今年で4年目。アウォーディー回避で、アスカノロマン、アムールブリエあたりが人気を集めそうなメンバー構成です。

平安ステークスの傾向

ではまず過去の傾向から。

平安S2016

【2015年】7.0 – 11.1 – 11.3 – 12.8 – 12.6 – 11.9 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.5 1.55.1
【2014年】6.8 – 11.0 – 11.7 – 12.8 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.7 1.56.6
【2013年】7.0 – 10.7 – 11.0 – 12.6 – 12.9 – 13.2 – 12.9 – 12.1 – 12.0 – 12.5 1.56.9

ダート重賞なので、先行馬が優勢。枠順はサンプルが少ないけど、外枠はあまりよくないか。差し馬も2014年ソロル、2013年ナイスミーチューは内目の枠からスムーズに運んだかたち。ラップもダートなので、ラスト1Fは減速する力勝負になる。2015年はハイレベル戦で時計はかなり優秀で1.55.1。通常のレベルなら56秒台を想定しておけばよさそう。

血統からは、ミスプロ系が好調。2年連続好走のクリノスターオーは母父がジェイドロバリー、2015年インカンテーションは母父マキャヴェリアン。ローテーションは前走アンタレスS組が多数を占める。ここ3年で馬券内のうち6頭が前走アンタレスSで、2014年なんかはクリノスターオー、ナイスミーチューがそれぞれ16着、12着から巻き返している。今年も要注目。

京都ダートの馬場傾向

次に先週の京都ダート馬場傾向を見ていきます。

3回4週京都ダート

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

日曜日の後半は決め手がいきるレースが続いたものの、やはり基本は先行馬。時計はばらつきがあって、土曜日の最終や、日曜日の6Rは速い時計で決まっているが、これはレベルの高さが要因だと考えられるので、標準レベルだと判断しておく。血統は、1800mのレースでミスプロ持ちが好調で穴をあけた馬も複数頭いる。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

当日の京都も晴れ予報なので、良馬場でのレースになりそう。傾向も大きく変わることはないとみて、基本とおり先行馬重視で組み立てる。

平安ステークス2016の予想

◎アスカノロマン
△クリソライト
△ロワジャルダン
△クリノスターオー

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はアスカノロマン。前走アンタレスSは外枠58kgであの時計で走れば評価しないといけない。東海S以後はフェブラリーSを含め安定して高いパフォーマンスを続けていて、覚醒した感じ。再度外枠でも、クリノスターオーあたりについていって好位をキープできる可能性が高いし、京都1900mはアルデバランSで強い内容がある。昨年は惨敗もメンバーは弱くなっているし、道中でペースアップすることもないはず。血統もアグネスデジタル×タバスコキャットで傾向に合致する。

△には同じくアンタレスS組からクリソライトとロワジャルダン。クリソライトは1枠から少し中途半端なレースになった。1800m→1900mの延長はプラスに出るだろうし、川田Jも前走を踏まえて乗り方を変えてくるはず。母父エルコンドルパサーでミスプロ系。ロワジャルダンは少し停滞気味も、ダートG3なら能力は上位なので押さえておきたい。ベストは高速ダートだろうけど、右回りなら戦える。この馬も父キンカメでミスプロ。アンタレスS組以外では、2014年1着、2015年2着のクリノスターオー。特に2015年の平安Sはハイレベル戦での2着なので評価が必要。今回は56kgで出られるし、適性面は言わずもがな。ただ、今年はマーチSからのステップなので、その点だけ減点した。

今週の重賞:
オークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする