阪神ジュベナイルフィリーズ2015予想 稍重→良の阪神芝での馬場傾向の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阪神ジュベナイルフィリーズ2015予想の続編です。週中にまとまった雨があって稍重の馬場状態からスタートした阪神芝。途中で良馬場に回復したものの、時計はかかっていそうなのでどういった馬場になっているはしっかり確認したい。ただでさえ混戦なのでね。ではさっそく土曜日の馬場傾向から見ていくことにする。

※各馬の分析についてはこちら→阪神ジュベナイルフィリーズ2015予想 ファンタジーS、アルテミスSの評価

阪神芝の馬場傾向

5回2週阪神

 稍重の阪神芝は4Rマイル戦から。ここはショウナンアヴィドが抜けていたという結果。48.8-46.7のスローを逃げてかつ上がり最速で楽勝。ペースを考えれば差しづらい展開ではあったものの、ここは能力上位という内容。稍重にしては速い時計が出ていて、レベルの高さによるものなのか、馬場が速いのかはこのレースだけでは判断できない。内外については内もいいので、ロスなく運んだ馬が上位にくる。ショウナンアヴィドはゼンノロブロイ×キャプテンスウィーヴ、レッドアヴァンセはディープ×ダンシングブレーヴ。続く新馬戦1800mも逃げ馬がそのままという結果。ロワアブソリューが強かったこともあるが11.7 – 10.8 – 11.3では後ろは届かない。1番人気ミッキーロケットは外から差して2着まで。スローとはいっても33秒台の上がりが出ているし、雨の影響の割には、という速さ。特に上位2頭は優秀な走りなのでまだちょっと様子見。ロワアブソリューはゼンノロブロイ×Souvenir Copy、ミッキーロケットはキンカメ×Pivotalと、ゼンノロブロイ産駒が2連勝。馬力、体力が問われるこの時期の阪神らしい馬場になっている。

 8R1800mは一転して持続力勝負の流れ。1枠マイネルネーブルが内から抜け出し、2,3着も馬群を縫ってきた馬。このレースを見ても軽い外差しが台頭するような馬場ではなさそうだが。時計はそこそこ出ているんだけどね。マイネルネーブルはキンカメ×ステイゴールド、タガノカムイはダイワメジャー×パラダイスクリーク。10R六甲アイランドSから良馬場に回復。1600万条件でゆったり流れて1.21.6、これから明日に向けて乾いていくだろうから高速馬場といっていい水準になるか。10Rをみても内はまだ生きているし、先行馬の馬力タイプが健闘している。メインのチャレンジカップは12.0より速いラップを刻む持続力勝負。内に進路をとったフルーキーが抜け出し快勝。2着はヒストリカル。上位馬の顔ぶれは能力的に納得いく馬がほとんどだけど、シベリアンスパーブの激走は注目しておきたい。どちらかというと中山のイメージが強いシベリアンスパーブで、血統もシベリアンホーク×カロ系。この適性でワールドエースに先着していることからも、馬力が問われる馬場になっていることがわかる。内外については、フラットなので、強い馬がロスなく回ってくるとやはり内のほうがよくなる。最終は決め手勝負になって、ディープ産リーサルウェポンの勝利。リーサルウェポンも低速戦向きなので、馬場の判断は変わらない。

 まとめると、まず内外はフラット。時計はチャレンジカップを比較すると昨年とほとんど同じ水準で、明日完全に乾いて高速化するなら、1分34秒台で勝ち馬の上がりが34秒台くらいのイメージでいいと思う。それから時計は速くても上位にくるのはキンカメ、ノーザンダンサー系など馬力、体力が優勢なタイプであまり軽いタイプには厳しい馬場になっている。

阪神ジュベナイルフィリーズ2015の予想

 枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→阪神ジュベナイルフィリーズ2015の枠順

 展開は大外メジェルダが先行策を示唆しているし、内からはマシェリガール、1200mステップでジェントルハート、さらにはキリシマオジョウもいるということで、例年通りのしっかりと流れるペースになる可能性が高い。メジャーエンブレムとアドマイヤリードは内の中段、デンコウアンジュは外差しに賭けるという隊列。土曜日の馬場で、流れた場合はやはり過去の傾向通りマイル分を走りきる体力は求められる。

◎アドマイヤリード
○メジャーエンブレム
▲アットザシーサイド

 ◎はアドマイヤリード。土曜日の馬場をみて、やはり狙うなら内枠の馬。事前検討でも指摘した通り前走の白菊賞はアルテミスSと同等という評価で、あれだけ走れば勝ち負けできる相手関係。重い中京1400m→軽い京都1400mで凡走したこと、白菊賞で大きくパフォーマンスを上げてきたことからマイルのほうがいい。体力・馬力の阪神マイルで、内の馬場は有利。菱田Jもその内を突くと宣言している。課題となる中1週での仕上がりも調教の動きは悪くないと思うし、陣営のコメントでは馬体も減っていない模様。メジャーエンブレムを最後交わすイメージで本命。

 ○はメジャーエンブレム。アルテミスS8枠→阪神JF1枠は気性を考えればプラスになる。アルテミスSはデンコウアンジュにラップ的には完敗もメジャーエンブレム自身も悪くない内容。能力上位の馬が有利な枠に入ったので素直に評価したい。適性面をみても、マイル分の体力はあるし、先行して速い上がりでまとめることもできる。ただ何かに差される可能性は高いと考えていて、それがアドマイヤリード、という予想。

本命と対抗の2頭はすんなり決まったが、3番手以降は悩んだ。まずファンタジー組はディープの血統は怖いけど、レースレベルが低すぎる。となると、アルテミスSの上位組か、アットザシーサイドあたりか。メジャーエンブレム以外のアルテミスS組は枠順、脚質から外を差しが濃厚で、そうなるとそこまで力差があるわけではないので下げた。アットザシーサイドの2戦はどちらも古馬500万やや下くらいでレースレベル自体は決して高いものではない。それでも▲にしたのは、内容に伸び代を感じるし、キンカメ×ルミナスハーバーという血統から。ルメールJ→三浦jJがプラスとは思えないけど、ここで伸ばしてくる可能性は高いので。

結局、1枠2頭で勝負することになりそうなメンバー構成。要はショウナンアデラ、ジョワドヴィーヴルはいないので、内の能力上位からという予想ですね。完全に乾いて傾向が変わってくるかもしれないので、気付きがあれぼまたTwitterでつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする