阪神ジュベナイルフィリーズ2015予想 ファンタジーS、アルテミスSの評価

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 遅れましたが阪神ジュベナイルフィリーズ2015の予想です。出走馬が確定したので、各馬のここまでのパフォーマンスを分析していきます。その前に過去の傾向についておさらいしておきます。

阪神ジュベナイルフィリーズの過去の傾向

阪神JF2015

【2014年】12.5 – 11.0 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 11.4 – 11.5 – 12.3 1.34.4
【2013年】12.2 – 10.6 – 11.4 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 11.6 – 12.2 1.33.9
【2012年】12.4 – 10.5 – 11.2 – 11.8 – 11.9 – 12.2 – 11.5 – 12.7 1.34.2

 2014年から順に遡っていく。

 2014年はレッツゴードンキが抜け出したところを8枠ショウナンアデラがびっくりする脚で差し切り。通常ならレッツゴードンキとココロノアイで決まりレースだが、この条件はやっぱりディープ。ショウナンアデラ以外はロスなく運んだ馬が上位。馬場はこの時期の阪神らしい、やや時計を要するもので馬力も求められるし、ラップを見てもただの瞬発力勝負というわけではない。ショウナンアデラはディープ×ミスプロ系、レッツゴードンキはキンカメ×マーベラスサンデーという血統。2013年は33秒台で決まったことからもわかるようにハイレベルな戦いになった。特にクリスマスまでの上位4頭は優秀な内容。46.3-47.6なのでハイペース。この年に限らず1200m、1400mで先行してきた馬が出てくることが多く、ペースは遅くなることは少ない。外を回しては届かない馬場でハープスターも4角では中の進路。レッドリヴェールはステイゴールド×Dixieland Band、ハープスターはディープ×ファルヴラヴ。

 大荒れの2012年はペースがかなり速くなって45.9-48.3。ラスト1Fも12.7と大きく減速。クロフネサプライズが先行抜け出しのところを1枠からロスなく進めたローブティサージュがちょい差し。3着レッドセシリアも馬群を縫って差してきた。阪神マイルとしては異質のレースで、血統もそれぞれウォーエンブレム×シングスピール、クロフネ×トニービンとSSなしのワンツー。例年よりも重い馬場+超ハイペースにより、馬力、体力が問われ瞬発力は不要のレース質になった。2011年はジョワドヴィーヴル、2010年はレーヴディソールが能力の違いを見せて外からあっさり快勝。ただしいずれも2頭以外は、アイムユアーズ、ホエールチャプチャといったそつなく運んできた実力馬。ジョワドヴィーヴルはディープ×カーリアン、アイムユアーズはファルヴラヴ×エルコンドルパサー。レーヴディソールはアグネスタキオン×ハイエストオナー、ホエールチャプチャはクロフネ×SS。

 過去の傾向を振り返ると、まずペースは上がりやすくなる。加えて冬の時期の開催なので、体力・馬力が問われる馬場になりやすい。全体時計は1分34秒台が基本でレベルが上がれば33秒台。上がりのほうは速くても34秒台前半。そのため、1200m、1400mからのステップであってもマイルを走りきる分の体力は必要で、体力が不足しているタイプは勝ちきれない。また、立ち回りも重要で、外差しのイメージが強いレースではあるものの、実際に外差しで勝ちきっているのはディープ産駒か、能力が抜けている馬。ローブティサージュの2012年のように内~中枠である程度の上がりでまとめられるタイプが堅実だろう。血統はディープをはじめSS系、それからクロフネや母父でノーザンダンサー系の血が目に付く。

 では各馬の分析へ。

ファンタジーS組

【ファンタジーS】12.3 – 11.0 – 12.1 – 12.3 – 11.5 – 11.2 – 11.5 1.21.9

 うーん、まず肝心のレベルについては、決して高い評価はできない。古馬500万やや下くらいのレベルかな。ラップを見ての通り、どスローから3F勝負。当時の京都は高速馬場だったこともあり、軽いレース質になってディープ産駒が1~3着。前で残った馬より差し勢のほうが評価できるラップ。ワントゥワンの出走はなし。

 勝ち馬のキャンディバローズから。札幌1500mの2戦も2歳戦にしてはまずまずといったところ。ファンタジーSも上述のとおり展開利があったし、レベルもいまいち。なのでここまで履歴で評価できる点は少ない。今回阪神マイルでどこまで伸ばしてくるか?だろう。血統はディープ×タイキシャトル×シアトルスルー。ディープ産駒なのでこの条件なら無条件に買わないといけないのかもしれないが、レースぶりからは重い阪神マイルを走りきる体力は感じないなあ。メジェルダも同じくディープ産。こちらは逃げ馬で速い上がりはこれまでない。その点からも阪神マイルに替わるのはマイナスの可能性が高いように思うし、キャンディバローズ同様にこれまで強い内容なし。ディープ×フレンチの血統はいいが。ブランボヌールも同じ。函館2歳Sは2歳の夏時点ではいい内容だけど、ファンタジーSはそれ以下。人気を背負う立場ではあるが、現時点では能力的な裏付けがない。ブランボヌールは母父バクシンオーで、母ルシュクルはスプリンター。阪神マイルで伸ばしてこれるか。

 まあこの3頭の状況は似ていて、ここまで強い内容なしかつ、適性面も疑問。しかし、ディープ産駒でこの条件なら……。といった評価になる。

 ほかにはメイショウスイズキもファンタジーSからのステップ。もみじSは上がりこそ速いけど全体時計も加味すると評価はできないし、パイロ×ダンスという血統で1600m→1400mの短縮で上げてきていることからも阪神マイルに替わるのは歓迎ではないだろう。

アルテミスS組

【アルテミスS】12.5 – 11.3 – 11.1 – 12.4 – 12.6 – 11.9 – 11.1 – 11.2 1.34.1

 当時の東京は高速馬場なんだけど摩擦のかかる馬場で外差しも効いていた。レースレベルは1000万ちょっと下くらいはある。少なくともファンタジーよりは上に評価できる。ラップは中盤で大きく緩むかたちでラストは減速せず。

 この流れで差し切ったデンコウアンジュについては、嵌ったということがあっても一定の評価はしないといけないのだろう。それでも過去の傾向ではここまで緩んで瞬発力勝負になることはなく、求められる適性は違ってくるのは事実。メイショウサムソン×マリエンバードから体力は十分で実際1800mも勝っている。能力は上位の一頭ではあるが、展開負けのリスクもある。重い外差し馬場で隊列が詰まるスローという条件になれば再現はあっていい。

 デンコウアンジュに差されたメジャーエンブレムは折り合いが今回も課題になる。ラップだけ見ればアルテミスSではデンコウアンジュに完敗も機動力ではこちらのほうが上で阪神マイルに対する適性もあるだろう。メジャーエンブレムも能力は上位なので、内~中枠を引いて中段から抜け出す競馬ができれば。ダイワメジャー×オペラハウスもマイル分以上の体力があっていい。人気馬のなかでは比較的買いやすい一頭かな。ただ決め手はそこまでなので最後で何かにやられる可能性は高そうだけど。

 3着はクロコスミア。このブログでも札幌2歳Sで◎にしたようになかなかいい内容の走りを続けている。アルテミスSではキレ負け、相手が落ちた赤松賞ではきっちり勝利してきた。その分夏から使い詰めなので、ここからもう一段上のパフォーマンスができるかどうか。デンコウアンジュ、メジャーエンブレムには力で劣る。ステイゴールド×ボストンハーバーもG1という血統ではないが、体力はあるし阪神マイル向きではある。ペプチドサプルも1200mからマイルに延長して伸ばしてきたかたち。マンカフェ×サクラローレルなら持続力勝負の阪神マイルのほうがいいか。ちなみにフルチキJはアインブライドで阪神JF勝っている。ウインファビラスは位置取りが少し後ろになったし、瞬発力が問われるレース向きではない。新潟2歳Sはロードクエスト以外はそれほど評価できるレースではないと考えているので、条件は好転する能力は少し足りないか。

 アルテミスS>ファンタジーSなので、ディープ産駒でなくとも能力から買うならこちらの組かな。特にデンコウアンジュ、メジャーエンブレム。2頭には劣るがクロコスミア、ペプチドサトル、ウインファビラスも圏内にくる力・適性はある。

 ファンタジーS組、アルテミスS組以外で触れておきたいのは、アドマイヤリード。

【白菊賞】12.5 – 11.3 – 11.8 – 12.4 – 12.2 – 11.5 – 11.3 – 11.7 1.34.7

 この白菊賞は評価したいなあ。時計的価値はアルテミスSと同等。新馬戦でシルバーステート先着した能力は嘘ではなく、この内容はかなりいい。ファンタジーSで凡走から大きく伸ばしてきているので、マイルのほうがいいのは間違いなく、阪神マイルに適性がある可能性は高い。ステイゴールド産なので内枠から馬群を割る競馬がベストで、今回も内目の枠を引いて同じような競馬ができれば十分戦える実力値は示した。母系はミスプロ系でノーザンダンサーの血もある。あとは仕上がりで、小さい馬なので馬体減がないかは確認したい。

 能力的にはアルテミスSの上位組とアドマイヤリードが中心で、ファンタジーSのディープ3頭はここでどこまで伸ばせるかという立場。抜けた馬はいないので、当日の馬場にはいつも以上に気を使わないといけないメンバー構成だろう。アットザシーサイドあたりはTwitterではまたつぶやきます。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする