阪神大賞典2016予想 ◎シュヴァルグラン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神大賞典2016の予想です。ここ3年はゴールドシップから買っておけばOKみたいなレースでしたが、不在の今年はどうなりますか。ちょっと寂しいメンバー構成ですが、さっそく予想してきます。

阪神大賞典2016の過去の傾向

まずは過去の傾向から。

阪神大賞典2016

【2015年】12.7 – 10.5 – 11.5 – 12.5 – 13.2 – 12.9 – 13.0 – 13.6 – 12.9 – 12.6 – 12.2 – 12.4 – 12.0 – 11.7 – 12.2 3.05.9
【2014年】13.3 – 12.2 – 12.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.6 – 12.9 – 12.8 – 12.4 – 12.7 – 12.6 – 11.8 – 11.3 – 11.9 3.06.6
【2012年】13.3 – 12.3 – 13.3 – 13.6 – 12.4 – 12.7 – 12.3 – 13.9 – 13.2 – 12.2 – 13.2 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 13.4 3.11.8

枠と4角位置については、阪神3000mという特殊な舞台であること、少頭数になりやすいことから気にする必要はない。やはり重視したいのは適性面。マラソンレースなので、ペースは上がらなくても、豊富な体力は必須。上がりが速くなった2014年でも上位馬の顔ぶれを見れば、ゴールドシップ、アドマイヤラクティ、バンデの体力タイプ。速力も求められる天皇賞とは異なって、200m短くても阪神大賞典のほうが距離適性が問われる。しぶとく脚を使うタイプを狙いたい。

血統は、ステイゴールドをはじめ、ディープ、ハーツクライのSS系にトニービンやエリシオなど重い欧州血統の組み合わせ。ローテーションは有馬記念、日経新春杯組が中心になっているが、重視したいのは、前走から体力が問われる舞台に替わって好転するか、という視点。

阪神大賞典2016の有力馬分析

では有力馬の分析をしていきます。

トーホウジャッカル、シュヴァルグラン

トーホウジャッカルは札幌記念以来のレース。履歴の中で評価できるのは、神戸新聞杯と菊花賞の2つ。神戸新聞杯は体力が問われるレースだったのでここにつながる内容。菊花賞も内枠の利が大きかったことは事実でも、あの時計で走れたのは能力の高さの証。この2つ以外は宝塚記念を含めていまいちなので、今回舞台は悪くないにしても、信頼しきれるかは微妙なところ。スペシャルウィーク×アンブライドルズソングの血統は、半姉のトーホウアマポーラが父フジキセキでスプリンターなので、母系は短距離寄り。スペシャルウィークが効いているのか、距離への不安はないが、デムーロJ騎乗で人気だろうし、◎は打ちたくないかなと。

【日経新春杯】13.1 – 11.2 – 11.8 – 13.0 – 12.9 – 12.4 – 12.8 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 11.8 – 11.6 2.25.9

日経新春杯は、レーヴミストラルが一頭だけ抜けた内容。2着シュヴァルグランは完敗という内容も、後半の速力と持続力を問われたレースになったし、レベルも今回のほうが落ちる。そのことを思えば、ハンデ戦から別定戦に変わって54kg→55kgに増えたとしても、今回の相手はトーホウジャッカル、タンタアレグリアくらいなので、これくらいの内容なら圏内で走れる可能性は高い。オリオンSからすると阪神3000mへの延長もクリアできそうだし、父ハーツクライの半姉ヴィルシーナなら血統面も問題なし。

カレンミロティックもハーツクライ産駒。昨秋の内容は、天皇賞、ジャパンカップともに適性とは少しずれるレースだったし、京都大賞典は崩れていないので、そこまで悲観するものではない。昨年はこのレース4着も、かなり体力が求められたうえ、直線で詰まったことを考慮すれば、レベルが落ちる今年は期待していいはず。仕上げてくるのは天皇賞だろうけど、ここでも評価しないといけない一頭。

アドマイヤデウス、ダイヤモンドS組

中日新聞杯の記事でも書いたように、京都記念は、超重馬場での特殊なレースだったとしても、ハイレベル戦でサトノクラウンだけでなく2着以下も評価できる。ヒストリカルの凡走は展開面が大きかったかのだろうけど、あれだけ重い馬場で走ったあとなので、反動も気になる。アドマイヤデウスは、有馬記念→京都記念とリズムは良くなってきているし、父アドマイヤドンはトニービン持ちでアルバートなど長距離指向の種牡馬で阪神3000mへの延長も問題ない。状態面だけはしっかり確認しておきたい。

【ダイヤモンドS】13.2 – 12.4 – 12.6 – 12.5 – 12.3 – 13.1 – 13.3 – 13.8 – 13.3 – 12.5 – 13.1 – 13.0 – 13.0 – 12.6 – 11.7 – 12.6 – 12.8 3.37.8

ダイヤモンドSも京都記念と同じで、屈指の体力勝負。トゥインクルが早めに動いて体力を活かして快勝。特殊な適性が問われたので、レベルの判断は難しい。タンタアレグリアもここまで重くなると、体力負け。もともと能力的には、ダービー以降、評価できるレースはなく、まだ古馬重賞では半信半疑。ゼンノロブロイ×ミスプロ系×サドラーズウェルズ系なら阪神3000mこなせそうではあるが、ダイヤモンドSの反動と能力面で強気になれないことから、人気で買いたくはないという気持ちが大きい。

マイネルメダリスト、カムフィーも長距離向きの適性の持ち主で、条件的には悪くない。どちらもダイヤモンドSほどは重くならないであろう今回のほうがいいような気はするけど、タンタアレグリア同様に、反動と能力に不安はある。

阪神芝の馬場傾向

1回3週阪神

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

阪神の現在の馬場状態は重馬場。開幕当初は屈指の高速馬場だったものの、徐々に時計がかかりはじめているので、明日乾いたとしても時計はかかるはず。阪神3000mという舞台なので、体力勝負には変わりないが、一段と体力が問われるレースになりそう。

阪神大賞典2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→阪神大賞典2016の枠順

◎シュヴァルグラン
△カレンミロティック
△アドマイヤデウス
△トーホウジャッカル

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はシュヴァルグランから。上にも書いたように今回は日経新春杯と比べても強力なメンバーとは言えず、55kgの斤量なら能力は足りる。ハーツクライの血統、オリオンSから距離は問題なしと判断。追い切りの動きもよかったということで。

△にはまずカレンミロティック。シュヴァルグランと同じハーツクライ産駒。昨年の阪神大賞典は直線で不利があったことも思えば今年のほうが相手は弱いので、着順を上げることも可能。アドマイヤデウスは京都記念の内容がいい。特殊なレースだったことは確かなので、反動は気になるものの、リズムはいい。アドマイヤドン×SSでこの馬もトニービン持ち。トーホウジャッカルはこの条件なら印を回しておかないといけないかなと。神戸新聞杯→菊花賞は優秀。


今週の重賞:
ファルコンステークス2016
スプリングステークス2016
フラワーカップ2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする