阪急杯2016予想 ミッキーアイル、レッツーゴドンキほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急杯2016の予想です。中京改修後は特に高松宮記念に向けて重要な位置づけになっていて、昨年のミッキーアイル、一昨年のコパノリチャード、その前のロードカナロアが阪急杯を好走してからのステップ。今年はミッキーアイル、レッツーゴドンキなどが出走予定で高松宮記念への前哨戦としても注目の一戦です。ではまずはいつも通り過去の傾向からいきます。

阪急杯の過去の傾向

阪急杯2016

【2015年】12.2 – 11.1 – 11.6 – 12.1 – 11.7 – 12.1 – 13.0 1.23.8
【2014年】12.2 – 10.7 – 10.9 – 11.1 – 11.2 – 11.8 – 12.8 1.20.7
【2013年】12.4 – 10.9 – 11.1 – 11.2 – 11.6 – 11.6 – 12.2 1.21.0

2015年は不良馬場まで重くなって全体時計、上がりともに相当遅くなった。良馬場だった2014年~2011年は概ね20秒台中盤~21秒台での決着が多いけど、マジンプロスパーが勝った2012年なんかは1.22.0と少し時計がかかった。この辺はその年の馬場によるので、確認しておきたいところ。開幕週だけあって基本的には内前が有利になりやすい。表をみても良馬場の年はいずれも1枠が連対している。ただ意外と差しも届いていて、阪神1400m巧者のサンカルロは複数回馬券になっているし、スプリングサンダーも内枠からの外差しで2着に好走。能力適性が高ければ差してはこれる。ラップは阪神1400mだけあってラスト1Fは落ちる傾向にある。1200mの先行馬も出てくるのでペースも上がりがち。

血統はここ3年はダイワメジャーが馬券に。ダイワマッジョーレ、コパノリチャード、それからオリービン。他にはミスプロ系など。サンカルロやマジンプロスパーといったこのコースに対する適性が高い馬が繰り返し好走している。ローテーションは阪神カップ組がここ5年は毎年1頭は馬券内。東京新聞杯、京都牝馬Sのマイルからの短縮組もちらほら。前走1200mからの延長は好走例はあまりない。

では次に各馬の分析です。

ミッキーアイル、レッツーゴドンキ

ミッキーアイルは香港スプリント以来の競馬。香港スプリントの敗戦は仕方ないとしても、スプリンターズS4着も低レベル戦のもので評価はできない。昨年のレースのうち、評価したいのは阪急杯と高松宮記念の2つ。いずれも雨で馬場は悪化。阪急杯はラップを考えればダイワマッジョーレより上に取れるし、高松宮記念のほうは上位3頭のハイレベル戦。ディープ×ロックオブジブラルタルの血統でも3歳のころから低速戦向きの適性で、重いイン伸び馬場がベストの条件。海外帰りの影響は当然あるけど、能力は上なので、20秒台で決まるくらい高速化しなければ、といったところかな。枠はやはり内がいい。

レッツーゴドンキは、マイル~中距離から1400mに短縮。折り合いに難があるタイプなので、気性面からは短縮はプラス。昨秋のマイルCは着差こそ0.5差も、その内容をみればトーセンスターダムと同等でいまいち。ベストパフォーマンスは桜花賞だし、キンカメ×マーベラスサンデーの血統からは、ミッキーアイル同様に低速戦向きの適性。高速化せず、内が伸びるという条件がいいのもミッキーアイルと同じ。この短縮がどう出るかはやってみないとわからない部分が大きく、オッズ次第で判断ということになりそう。

京都金杯組、東京新聞杯組

【京都金杯】12.3 – 10.9 – 11.4 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.6 – 11.7 1.33.0

京都金杯のレベルについては並みのG3の評価でそれほど高いわけではない。3着に好走のミッキーラブソングは内有利の状況で、3枠から理想的な位置取りから進められたことを思えば過大評価はしたくない。ハンデも54kg。タンザナイトS2着なので、阪神1400mという条件も悪くないものの、低レベル戦だし、金杯以上に条件が揃うかどうかは疑問。キンカメ×コウウタなら軽いマイルくらいが一番いいか。

昨年の1着ダイワマッジョーレは金杯惨敗からのステップ。外目の枠かつ後ろ過ぎた位置取りで厳しい条件が重なったにしても負け過ぎの感はある。阪急杯以降はいい内容の走りはなく、ちょっと停滞気味。昨年も重くなって差しやすい展開でもあったし、阪神カップ3着からローテーションだったことと比較すると、今年は狙いづらいというのが正直なところかな。

オメガヴェンデッタも金杯は後ろからの競馬になって持ち味を出せず。好位につけて速い上がりでまとめるというのが好走パターンで、京王杯がベストパフォーマンス。阪神1400mは1000万で勝っているし、マイルから1400mへの短縮はプラス。なので今回条件としては好転している。ただスワンSも低レベル戦だし、能力的には信頼は置けないレベル。

【東京新聞杯】12.7 – 11.4 – 11.9 – 12.4 – 12.2 – 11.2 – 11.0 – 11.3 1.34.1

東京新聞杯はラップと通り3Fだけのレース。前に行った馬がそのままゴールまで、という内容で、時計的にも凡戦。マイネルアウラートはこの流れを2番手追走で展開利あり。まあこのレースは参考外としても2走前の阪神1400m六甲アイランドSはなかなかの内容。阪神カップは稍重の馬場で、レベルも上がったことを考慮すれば、今回は馬場も今のところ晴れ予報で、相手は弱くなるし。東京新聞杯の結果はあてにしていないけど、六甲アイランドSくらい走れば足りる計算にはなる。

他にも穴馬ならダンスインザダーク産駒ケントオー、シルクロードS上がり最速ヒルノデイバローなど圏内の馬がいて、混戦模様。特にケントオーは、前走内容もよく狙ってもいいかもしれない。人気のミッキーアイル、レッツゴードンキは全幅の信頼をおけるタイプではなく、枠順、馬場重視で。続く。

中山記念はこちら→中山記念2016予想 ドゥラメンテほか豪華メンバーが集結!

アーリントンCがこちら→アーリントンカップ2016予想 過去の傾向とアーバンキッドほか各馬の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする