阪神カップ2015予想 先週の馬場分析と1枠1番ビッグアーサー、ウリウリほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神カップ2015の予想です。まず先週の阪神の馬場傾向を振り返ってから予想へと進んでいきます。阪神カップはリピーターというか1400m巧者が繰り返し好走するイメージ。キンシャサノキセキ、サンカルロ、リアルインパクト。なのでこのレースに対する適性の高さには注意したいところ。ではまず馬場傾向から。

阪神芝の馬場傾向

5回3週阪神

内回りを中心にざっと。

まずは土曜日。3R1200mは351-35.4のフラットでフルムーンソングの逃げ切り。2着も内の進路のエリシェヴァ。時計は速くもなく遅くもなく標準的な水準。それぞれ血統はアドマイヤムーン×Unbridled’s Song、スマートストライク×SS。4R2000mは時計がかかってもロードヴァンフォールの逃げ。2,3着は外差し。メインのリゲルSでもダッシングブレイズが外から決め手を活かしたし、内一辺倒という馬場ではない。最終1200mは33.9-35.2と阪神スプリントにしては流れたこともあったが、差し勢が上位を独占。勝ったエイシンオルドスはフジキセキ× Mr. Greeleyなので3Rと同様にミスプロ持ちが好走している。体力、馬力が問われ、外差しも効くフラットな馬場傾向の土曜日。

続いて日曜日。5R新馬戦2000mはメイショウタチマチの逃げ切り。時計の水準も土曜日と変わらず。メイショウタチマチはスペシャルウィーク×ウォーエンブレムの体力、馬力タイプ。ちなみにこのレースはハイレベル戦なので覚えておきたい。特に上位3頭。6R1200mは34.6-34.8の前後半ほぼイーブンで好位勢が上位に。ここでも内ではないとダメということはない。1着シゲルノコギリザメはスーパーホーネット×タイキブリザード、2着ファインニードルはアドマイヤムーン×Mark of Esteemという血統。このレースもレベルは高め。外回りマイルの元町S、朝日杯FSともにマテンロウボス、リオンディーズのキンカメ2頭が外から決め手を活かしたという結果になったし、まあ内外フラットという認識でいいと思う。

先週の阪神芝は土日を通して、良馬場ではあるものの、体力・馬力が求められる馬場で、キンカメ、アドマイヤムーンなどミスプロ系の好走が目立つ。内外についてはフラットで内にこだわる必要はない。この傾向が今週も継続するなら、昨年とほとんど同じというイメージで予想すればよく、20秒台後半の決着が濃厚。

阪神カップ2015の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→阪神カップ2015の枠順

展開はアクティブミノルがハナ。内からはテイエムタイホー、外からスマートオリオン、あたりも前へ。決して先行馬が多いわけでもないので、スロー寄りのペースになる可能性が高く、極端な差し馬はちょっと狙いづらい状況になりそう。極端な枠ではない好位勢が一番買いやすいかな。

◎ダノンシャーク
○ウリウリ
▲アルマワイオリ

◎はダノンシャーク。この秋の内容は悪くない。毎日王冠は58kgを背負って早めに動きエイシンヒカリに0.3差、マイルチャンピオンシップではスローの瞬発力勝負を大外から回して上がり2位、モーリスとは0.7差。加齢による衰えはまだないし、今回は57kgで出走できるので力関係からいえば上位にいる。あとは阪神1400mへの適性だけ。過去阪神1400mは今年、昨年の阪急杯の2回。いずれも人気で凡走している。ただこの2走は安田記念への叩きであることは明白で、今回とは少し状況が違う。今回は叩き3走目で、阪急杯ほど上がりのかかるレースにはなりそうにない。持続力タイプのディープ産駒ではあるものの、35~36秒台の上がりになると苦しく、34秒台ならば対応できるとみる。4枠というほどよい枠からスローを好位で運べれば抜け出して押し切れるという見て本命。ルメールJも心強い。

○は同じディープ産駒からウリウリ。スプリント戦に短縮してからは特にセントウルSの内容がいいように安定して高いレベルのパフォーマンス。2度の阪神牝馬Sはどちらもスローの展開で好走なので今回もその展開になれば。内枠巧者なのでこの枠を引けたのは大きいし、中段から馬群を縫って差してくることがイメージできる。セントウルSだけ走ればこの相手なら上位にいるので。ただ、スプリンターズSから間隔を開けてのレースなので仕上がりがどうかということで対抗に下げました。▲はアルマワイオリ。秋の2走は適性外が続いて度外視していい。富士Sはレベルの高い決め手勝負になったし、マイルチャンピオンシップも同様。朝日杯FS、アーリントンCからはマイル戦なら低速戦向きで体力で突っ込んでくるタイプ。マツリダゴッホ×ピルサドスキーからも阪神1400mでペースが上がれば差してくるタイプだと思うので、軽い1600mからの短縮となる今回は狙い目かと。ただ位置取りは後ろになる可能性が高く、能力もやや足りないので3番手の評価。

この3頭以外にも大混戦。ビッグアーサーは能力は高いし、レース振りから1400mでも対応してくるはずだけど、京都の高速馬場で伸ばしてきたこと、1枠を嫌って印はなしにした。相手にはいれる。ほかにもダイワマッジョーレ、サンライズメジャー、アクティブミノル、クラレント、スマートオリオンあたりにもチャンスはあるので、買い方を工夫しないといけない。ただでさえ混戦なので、一週間経って馬場傾向に変化がないかはしっかり確認したいところ。

有馬記念はこちらから→有馬記念2015予想 まずは過去の傾向から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする