フラワーカップ2016予想 ◎ルフォール

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラワーカップ2016の予想です。今年は2勝馬がペルソナリテとゲッカコウのみという大混戦。抽選もあったので、出走馬が確定したところで、予想に入っていきます。

フラワーカップ2016の過去の傾向

フラワーC2016

【2015年】12.6 – 11.6 – 12.3 – 12.9 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 12.0 1.49.4
【2014年】13.0 – 11.8 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 12.5 – 11.9 – 12.6 1.51.3
【2013年】12.6 – 11.3 – 12.7 – 12.9 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.5 – 11.8 1.50.0

ここ2年は、アルビアーノ、バウンスシャッセほか内前が有利な傾向。それ以前は、外差しも決まっているので、当日の馬場次第。先週の中山牝馬Sは8枠のワンツーなので、内外については、フラットやや外有利くらいにはなってきそう。ラップは中山1800mなので、持続力勝負。レースレベルがそれほど上がらないこともあって時計も遅め

血統は、ゼンノロブロイ、マンカフェなど体力型のSS系に加え、ロベルト系の活躍が目立つ。2015年は馬券内なしも、2014年は父ブライアンズタイムのマイネグレヴィル、2013年は母父ブライアンズタイムのサクラプレジール、父ブライアンズタイムのリラコサージュなど大健闘。キンカメなどキングマンボ系も毎年といっていいほど馬券に絡んでおり、注目したい。ローテーションは、重賞からというのはむしろ少ないくらいで、500万、さらには未勝利戦や新馬戦からのステップも多数。

フラワーカップ2016の有力馬分析

クイーンカップ組、ゲッカコウ

【クイーンC】12.3 – 10.8 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.2 – 11.6 – 11.9 1.32.5

まずはクイーンC組から。クイーンCについては、高速馬場の東京で、メジャーエンブレムが厳しい流れを作り出した結果、内枠が有利になったという内容。メジャーエンブレムは異次元の走りで、2着以下は500万やや上の評価。

外枠ラブリーアモンは4角13番手から追い上げて4着まで。評価できるのは、ウムブルフに先着した未勝利戦なので、速力+持続力が問われたクイーンCのレース質は少し適性からずれてしまった。クイーンCをもって能力上位だということはできないので、ここで再度伸ばす必要があるという力関係。ソングオブウインド×メジロライアンは父キングマンボ系から傾向には合致するし、中山1800mという舞台は合う可能性もあるので、警戒はしておきたい一頭。

同じく外枠から届かずのルフォール。新馬戦からは3秒も一気に時計を詰める必要があったし、上がりも最速なので、レベルはいまいちだったとしても、印象はいい。キンカメ×レクレドールの血統なら、マイルの速力勝負よりは、中山1800mの低速戦持続力比べのほうが適性がある可能性が高いはず。堀厩舎でもあるし、ルフォールも評価したい一頭。

ペルソナリテは、阪神JF、クイーンCと2走続けてメジャーエンブレムの厳しい流れについて行けずという走り。父ステイゴールドなら、上2頭と同様に高速マイルよりかは中山1800mのほうがいいはず。ただ、ここまで強いレースはなしなので、能力面は少し足りないか。

【ゲッカコウ500万】12.5 – 11.6 – 12.5 – 13.0 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 11.3 – 12.2 1.48.6

ゲッカコウ500万は、ペースの緩んだところで位置を上げて持続力勝負に持ち込みという競馬。これは若竹賞と同じレース運びなので、今回も道中で動いてくる可能性はある。ロージズインメイ×シンボリクリスエスの血統は、ドンピシャだし、ここ2走から中山1800mへの適性も高い。それでも能力的には、あくまでも500万レベルだし、伸びしろもあまりないだろうから、他のキャリアが浅い馬が伸ばしてくると厳しいのかなと。

エンジェルフェイス、フェイズベロシティ

【エンジェルフェイス未勝利】12.7 – 10.8 – 11.4 – 11.8 – 12.4 – 12.6 – 11.9 – 11.2 – 12.2 1.47.0

エンジェルフェイス未勝利戦は中盤少し緩むも、一貫したペースで引っ張って逃げ切り。時計はまずまず速く、牝馬限定の未勝利戦でも500万レベルにはある。この馬の場合、注目したいのはやはり血統。キンカメ×ワンフォーローズはレディアルバローザの全妹、キャトルフィーユの半妹にあたる血統なので、中山1800mはベストのはず。藤原厩舎でもあるし、ここでさらに上げてくる可能性は高い。

【フェイズベロシティ未勝利】13.0 – 11.5 – 12.1 – 12.7 – 12.9 – 13.0 – 12.2 – 11.3 – 11.8 1.50.5

フェイズベロシティもキンカメ産駒でこちらは母父スペシャルウィーク。ここまでの一連のレースで評価できるものはないというのが現状。2走前はダイワドレッサー、フロンテアクイーンに完敗、↑の前走も特筆すべきものはなしという評価。まあ前走については、直線狭くなる場面もあったし、最後は余裕があったのは確か。血統とジョッキーは魅力的なので、ちょっと悩んでしまう。

キモーヴ、ヴィブロスあたりにも触れておきたい。キモーヴは母ヒカルアマランサスでもハービンジャーなのでここまでは低速戦の体力比べで好走。未勝利戦のレベルはクラス通りのもの。余程重くならないと、差してこれないか。ヴィブロスのチューリップ賞はキレ負け。ヴィルシーナの全妹なので瞬発力に欠けたタイプだろうから阪神マイルよりは中山1800mのほうが合う。ただ未勝利戦は凡戦でもう一段上のパフォーマンスが必要。

中山芝の馬場傾向

次に日曜日の中山芝の馬場傾向を振り返ります。

2回4週中山

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

先行馬が残ってはいるものの、全体の印象としては先週と変わらず差し有利。勝ち切っているのは、大外を回すというより内~中枠で4角中を進路に取った馬たち。時計は雨の影響が残ったのか、準OPマイルで1.33.8なのでかかり気味。血統は、1800mのスプリングSがディープが勝って、マツリダゴッホが2,3着。マイネルハニーが好走したようにロベルト系のパワーが活きる馬場でもある。フラワーカップに向けては、日曜日よりは多少高速化する可能性が高いものの、49秒台の想定で、パワーよりの差し馬を狙いたい。

フラワーカップ2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→フラワーカップ2016の枠順

◎ルフォール
△エンジェルフェイス
△フェイズベロシティ
△ラブリーアモン

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はルフォール。クイーンCはメジャーエンブレムの作り出す厳しいペースで内枠が上位を独占というレース。8枠のルフォールはさすがにその流れでは厳しい競馬になったものの、上がり最速で差してきたことを評価したい。今回は4枠というほどよい枠で、↑に書いたようにキンカメ×レクレドールなら東京マイルの速力勝負より、中山1800mのほうがいいはず。

△には同じキンカメ産駒からエンジェルフェイスとフェイズベロシティ。エンジェルフェイスの未勝利はここでも十分通用する内容。レディアルバローザの全妹なので、やや時計のかかる1800mでの持続力勝負はベストの条件とみて。ただ、展開と馬場を考えれば差される可能性は高いのかなという判断で相手まで。フェイズベロシティは、ここまでのパフォーマンスはいまいちも、前走は伸びしろを感じる内容であった。ここは戸崎Jにも期待して。最後も内枠からラブリーアモン。クイーンカップはルフォールと同じく外枠に加えて適性外。未勝利戦の内容はいいので、そこを評価しての△。

今週の重賞:
スプリングステークス2016
阪神大賞典2016
ファルコンステークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする