フローラステークス2016予想 ◎フロンテアクイーン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フローラステークス2016の予想です。オークストライアルということで、なかなか桜花賞組が強力なので、この組から対抗するのは難しそうではあります。馬券的には、オッズが割れそうで面白いかもしれないですね。ではいつも通り過去の傾向から進めていきます。

フローラステークスの傾向

【2015年】13.1 – 12.0 – 12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.6 – 12.2 – 11.5 – 11.2 – 11.7 2.01.8
【2014年】12.9 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.5 – 11.5 – 12.5 2.00.0
【2013年】12.8 – 12.0 – 12.4 – 12.5 – 13.4 – 13.3 – 13.3 – 11.6 – 11.2 – 11.4 2.03.9

フローラS2016

3枠の好走が目立つように内枠が優勢で、外差しは少し厳しいか。連対したのは2013年デニムアンドルビーとエバーブロッサムのオークスでも好走した馬たち。ラップは年によって様々も、牝馬のこの時期にしては体力が問われるレースになっている。体力よりのイメージで、好位から進められる馬がよさそうだ。

血統は、ステイゴールド、マンカフェ、ゼンノロブロイなど体力型のSS系。ディープ産駒は、デニムアンドルビーとエバーブロッサムのみ。SS系以外なら2013年を除いて父、母父いずれかがロベルト系の馬が馬券内。2014年6番人気ブランネージュ、2011年15番人気マイネソシエールなど人気薄での激走もあるので注意しておきたい。それからキンカメはじめキングマンボ系もいい。ステップは君子蘭賞、フラワーカップからが中心も、未勝利戦から格上げ挑戦での勝ち馬もいる。マイル以下からの延長はいまいち。

フローラステークス2016の有力馬分析

次に各馬の分析を進めていきます。

ゲッカコウ、フロンテアクイーン

【フラワーC】12.7 – 11.9 – 12.2 – 12.5 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.3 – 12.4 1.49.3

まずはフラワーカップ2着ゲッカコウから。フラワーカップのレベルはかなり低めで500万あたりという評価。2走前も同じくらいの内容で、先行力があるので、大崩れはないものの強いレースはないのが現状。先行できて、血統がロージズインメイ×シンボリクリスエスの祖母がチューニーなら体力よりだし、ロベルト系持ちだしということで傾向には合うが。どこまで全体のレベルが落ちるか次第かな。

フロンテアクイーンはクイーンカップではメジャーエンブレムに完敗。それでも2着以下は500万以上の価値はある時計で走っているし、3着ロッテンマイヤーが忘れな草賞で快勝していることからしても評価は必要になってくる。後は適性面で、1800mのレースとかを見るとダイワドレッサーと差のない競馬をしているし、メイショウサムソン×SSなら対応できそうだが。相性がよくない前走マイル組ではある。タイプ的にも内枠がほしいところ。

【チューリップ賞】12.2 – 11.0 – 11.4 – 12.2 – 12.1 – 11.2 – 11.1 – 11.6 1.32.8

次にチューリップ賞からの3頭。

4着クィーンズベストはラップを考慮すると展開利があったので、ジュエラー、シンハライトとは内容に大きく差がある。2走前はゲッカコウに負けているし、サトノダイヤモンド、バティスティーニら牡馬とも戦ってはきているが内容はあくまでも500万レベルに留まっている。ゲッカコウと同様に、先行力もあるし、距離適性自体は問題なさそうだが。ワークフォース×フジキセキで父はキングマンボ系。

7着クロコスミアは後ろから差してきた組で、クィーンズベストよりは上の走り。父ステイゴールド、札幌2歳Sからも2000mという距離はクリアできるはずでも、桜花賞を使う予定からのフローラS出走なので順調さという点では不安がある。赤松賞くらいの位置取りで進められたら。11着エルビッシュは阪神より京都向きか。兄弟を見ても2000mは少し長いので、体力切れする可能性がある。

チェッキーノ、パールコード

【アネモネS】12.6 – 11.2 – 11.9 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 12.3 1.35.5

続いてチェッキーノ。アネモネSは中段に付けて4角では4番手。進路も上手く空いたし、上手く運べたという競馬。レベルは500万やや上くらい。エクラミレネール、メイショウタチマチあたりに先着しているので、低レベル戦というわけではないのだろうけど、高くはない。母ハッピーパスなので2000mは若干長いと思うので、内枠を引いてロスのない競馬をしないと体力的にきついかもしれない。人気馬でもそれほど強調材料はない一頭かな。

【ミモザ賞】12.5 – 10.9 – 12.4 – 13.4 – 13.6 – 12.3 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 12.1 2.02.3

パールコードのミモザ賞も500万レベル。つばき賞もラップを見れば、ナムラシングン、ミッキーロケットには着差以上の差がある。タイプ的にはフローラS向きなので、ここで伸ばせるかどうか。ちなみにヴィクトワールピサ産駒の東京2000mはナムラシングンが勝っている。

【ビッシュ500万】12.3 – 11.8 – 12.3 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 12.5 – 11.6 – 11.7 1.48.9

ビッシュ500万はフラワーカップよりは上の評価ができる。それでも1000万には届かない内容。ディープ産駒にしては体力で突っ込んでくるタイプなので、2000mへの延長はプラスに捉えたい。理想は新馬戦のように重くなって、上がりがかかる展開。

こうしてみると、能力的に抜けている馬はいないので、適性面と枠を重視したいですね。

東京芝の馬場傾向

次に土曜日の東京芝の馬場傾向を確認しておきます。

2回1週東京

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

まず時計は標準レベル。4角10番手以降も馬券に絡んでいるように決め手を活かすタイプも悪くないし、2000mのレースでは外差しが上位を独占。極端な外でなければそれほど気にしなくてもいいのかなという感じ。血統は、キンカメ×SSのワンツーで、1800mのレースもキンカメ×ダンス。

明日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

東京のほうも今夜から、明日の午前中までは雨が降るようなので影響は出てきそう。2分1秒台の低速戦の想定で予想したい。

フローラステークス2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→フローラステークス2016の枠順

◎フロンテアクイーン
△ビッシュ
△パールコード
△エマノン

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はフロンテアクイーン。今の東京なら5枠9番なら良い枠。父メイショウサムソンなので、2000mの体力勝負にも適性はあるはず。クイーンカップはハイレベル戦なので、ロッテンマイヤーに続いて好走を期待。

△のはまずビッシュ。ある程度上がりがかかりそうな馬場はプラス。ここ2走で能力は上位なので、あとは内枠を上手く捌ければ。パールコードもつばき賞、ミモザ賞で能力を示した。どちらかというと東京よりは中山向きかなという適性なので、勝ちきるまでは難しいと見て相手まで。最後に穴馬がエマノン。前走の中京未勝利は超高速馬場の2000m。500万くらいの価値はあるので、このメンバーなら通用してもいいし、重めのフラットな馬場でペースが上がれば差してきてもおかしくない。これくらいの人気のハーツクライは注意。

7時の時点では良馬場発表ですが、雨の影響がどれくらいあるのかは馬場を見てみないとわからないので、またTwitterで。

今週の重賞:
マイラーズカップ2016
福島牝馬ステークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする