フェブラリーステークス2016予想 重馬場、高速ダートになれば

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェブラリーステークス2016の予想です。今の東京ダートは重馬場の状態。これからまとまった量の雨が降って、明日は晴れ予報。まあ少なくとも今日よりかは高速化しそうなので、34秒台は想定しておいたほうがよさそうです。まずは参考程度に土曜日の馬場から。

東京ダートの馬場傾向

1回3週東京ダート

最初に1R1400mから。ホウオウマリン、アッキーの好位から進めた馬のワンツー。牝馬限定戦ということもあってか時計は遅い。朝一の時点では良馬場なのでこれくらいの水準。2R1300mも好位組で決まり。1Rに続いて外枠が健闘していることはちょっと意識しておきたい。3R新馬戦マイルも平均ペースの流れでダノンバウンドが抜け出し。シトロプシスは4角9番手から差しても2着まで。血統はそれぞれハービンジャー×グランドスラム、ジャングルポケット×エルコンドルパサー。

7R500万の1400mは内からクロフネフリートが差して、外差しの2頭は届かず。この時点でもまだ良馬場で時計の出方も通常。8Rマイルから稍重の馬場状態に変更。やや流れた展開からダイイチトゥルースの外差しが決まる。8枠から先行した1番人気フィールザプリティは2着まで。ダイイチトゥルースがノボジャック×フォーティナイナー、フィールザプリティがブラックタイドにDistant View(ミスプロ系)という血統。馬場も良と変わらない水準。10R金蹄Sはちょっと速い時計が出たかなという結果。これはアポロケンタッキーの能力の高さも要因ではあるけど。

ざっと見て少なくとも決め手が活きるという印象はない土曜日の東京ダート。マイルなら血統はミスプロ持ちが馬券に絡んでいる。これから雨で高速化するとなると、やはり先行馬有利の状況になるのかなと。近年のフェブラリーステークスは良馬場続きで、直近ではサクセスブロッケンの2009年。高速ダートのフェブラリーステークスとして記憶に残っているのは、メイショウボーラーが逃げ切った2005年。このレベルになると35秒を切ってくることが濃厚だろう。

フェブラリーステークス2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→フェブラリーステークス2016の枠順

※各馬の分析についてはこちら→フェブラリーステークス2016予想 コパノリッキー三連覇なるか?有力馬の分析ほか

メンバーを見渡すと、先行馬が揃ったなという印象。内からはコパノリッキー、コーリンベリーで、外からはスーサンジョイ、タガノトネール。しっかりと流れそうなので46.5-48.0くらいの想定でいいのかな。

◎タガノトネール
○ベストウォーリア
▲コパノリッキー
△ノンコノユメ
△スーサンジョイ
△ローマンレジェンド

◎は思い切ってタガノトネール。高速ダートを想定するならば、先行馬で速力タイプ、かつできれば外枠となるとタガノトネールが最後まで残った。前走根岸Sでは仕上がり面とキレ負けするということで評価を下げたけど、マイルに再度延長する今回は条件好転。武蔵野Sは稍重の高速ダートで、ノンコノユメと同タイムの1.34.7という走破時計。ノンコノユメの斤量は58kgだったことを思えば内容として完敗も、向こうがパフォーマンスを落とせば今度は差し切れない。上がりの脚はないので、積極的に引っ張って縦長の隊列+ハイペースの流れを生み出せばもう一度34秒台で走ることが可能だし、それだけ走ればこの相手でも圏内。ケイムホーム×キンカメでミスプロ持ち、叩いて追い切りの動きもいいとなれば、今のオッズは狙ってみたくなる。ちなみに2005年メイショウボーラーは、根岸S逃げからのステップで類似性あり。

対抗も速い時計に対応できそうなベストウォーリア。ここ2年プロキオンSからもわかるように速力は十分。一昨年のフェブラリーSは中1週の強行日程だったこと、昨年は位置取りが少し後ろになったことで不完全燃焼の走り。過去2回と比べると今年は時計も速くなり、条件としては一番いいはず。懸念は内枠とJBCスプリントからのステップ。この2つがなければ本命だったけど。コパノリッキーも内枠を引いたので、当初はもっと評価を下げる予定だったが、マイルでの速力勝負が悪いとは思えず▲。昨年も2枠だったので、同じような競馬ができれば上位にはくる。

△にはまずノンコノユメ。上にも書いたようにこの馬も高速決着がダメというわけではない。ただ当時は決め手が活きる馬場だったのは確かだし、頭数も多くなる。それから状態面にちょっと不安がありそうで、この人気なら積極的に買うこともないのかなということで。穴はタガノトネール同様、外枠からスーサンジョイとローマンレジェンド。スーサンジョイは1400mの連戦であってもまだダートで底を見せていないし、速い時計にも対応してくるタイプ。エンパイアメーカー×ダンスでミスプロ持ち。ローマンレジェンドも外枠と高速決着が得意。みやこSは悪くない内容で衰えもまだ。

高速ダート想定で予想を組んだので、急速に回復するということになればまたTwitterにてつぶやきます。今年最初のG1楽しみましょう!!

小倉大賞典はこちら→小倉大賞典2016予想 重馬場でも明日は晴れ予報

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする