ファルコンステークス2016予想 ◎トウショウドラフタ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファルコンステークス2016の予想です。今年の3歳馬はクラシック路線ははっきりと上位馬のハイレベルな争いでも、マイル路線はまだ混沌としている様相。インパスルヒーローなど本番でも好走した馬もいるステップなので要注目です。

ファルコンステークス2016の過去の傾向

最初に過去の傾向を見ていきます。

ファルコンS2016

【2015年】12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.6 – 12.0 – 12.1 – 12.8 1.22.9
【2014年】11.9 – 10.3 – 10.8 – 11.9 – 12.2 – 11.8 – 12.3 1.21.2
【2013年】12.4 – 11.2 – 11.3 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 12.0 1.22.2

内外の有利不利については、年によって両極端な結果になっていて、2015年と2013年はタガノアザガルとインパスヒーローがそれぞれ抜け出し。2,3着も内目の枠からロスなく運んだ馬たち。対照的に2014年と2012年はタガノグランパ、ブライトラインをはじめ、差し勢が上位を独占という結果。この辺は、当日の傾向をしっかり把握しておきたい。時計は中京なので、それほど速くなることはなく、ラスト1Fも減速する。軽いタイプよりかは、マイルよりの体力があるパワータイプがいい。

血統は、アクティブミノル、カシノピカチュウのスタチューオブリバティやインパルスヒーローのクロフネなど、速力タイプのノーザンダンサー系が優勢である一方、アドマイヤベガ、スペシャルウィークなど体力があるSS系も好走していて、バランスの取れているものがよさそう。ローテーションはアーリントンカップ、クロッカスSあたりが中心も、500万からのステップからの複数頭いる。前走1200mからの延長は2014年3着アルマエルナトのみで、苦戦気味か。

ファルコンステークス2016の有力馬分析

次に有力馬の分析です。

シュウジ、トウショウドラフタ

まずは朝日杯5着からのシュウジ。デイリー杯はエアスピネルに完敗、朝日杯も3着以下は500万レベルの戦いでマイルで評価できるレースはない。ここまでは新馬戦の中京1400mと小倉2歳Sでパフォーマンスを上げているので、キンシャサノキセキ×キングマンボの血統からも、マイル→1400mは条件好転。ただ不安要素もあって、そもそも能力面で2歳夏から伸ばせていないので、57kgの斤量ならこの相手でも信頼できるレベルにはない。加えて須貝厩舎に転厩してから初戦。条件は悪くないので、注意は必要だけど。

ショウナンライズはクロッカスS取り消しで、朝日杯から。朝日杯は、マイルは長かったうえ、前には厳しい馬場だったので、惨敗でも度外視していい。注目は2走前のくるみ賞。このレースはルグランフリソンに完勝のうえ、時計的にもまずまず。マイル→1400mはプラスなので、穴で警戒しておきたい一頭。ダイワメジャー×ラーイの血統も魅力的。

【クロッカスS】12.4 – 11.0 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.7 1.21.7

次にクロッカスSからのトウショウドラフタ。このクロッカスSの走りは優秀。当日の東京は稍重で2000mのOP特別が2分1秒台で決まるような馬場だったことを思えば、オデュッセウス以下を3馬身離した内容は、少なくとも古馬1000万のレベルにはある。新潟2歳SとサウジアラビアRCはいまいちなので、ベストは1400m。京王杯→からまつ賞→クロッカスSとパフォーマンスを伸ばしてきているのもいい。アンライバルド×ジェイドロバリーの血統も及第点で、57kgでも上位。

クロッカスS経由は、シゲルコノギリザメキングハート。アーリントンカップは外差しの競馬になった割にはシゲルコノギリザメは健闘。今回も積極的にいく形だろうけど、クロッカスSではトウショウドラフタに完敗なので、展開利がほしい。適性的には中京も合うはず。キングハートはかささぎ賞で1400m→1200mの短縮がはまったあとの、再度の1400mへの延長というステップ。かささぎ賞の内容はいまいちで、少し足りないか。

ルグランフリソン、ブレイブスマッシュ

【ルグランフリソン500万】12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.6 – 11.7 – 11.5 – 12.0 1.21.4

次にルグランフリソン。前走の500万は、スプリントよりの流れを2番手から先行して押し切り。ただ、レベルは高くないし、ここまでの履歴を見ても、くるみ賞でショウナンライズ、からまつ賞でトウショウドラフタにきっちり負けているあたり、能力面に不安がある。マイル→1400mの短縮後のステップもあまりいいと思えず。

ブレイブスマッシュはホープフルS、京成杯凡走でマイル路線に切り替えてきたかたち。サウジアラビアRC組はその後活躍馬を出しておらず、レベルに疑問符が付く。2000mよりは速力があまり問われない中京1400mのほうがいいはずなので、条件は好転するも、重賞を勝っているからといって能力的に上位というわけではない。トーセンファントム×トウカイテイオーの血統はいいので、できるだけ重くなって体力勝負になれば、かな。

【なずな賞】12.4 – 11.0 – 11.0 – 11.7 – 12.1 – 11.3 – 12.5 1.22.0

ペイシャフェリシタのなずな賞は思いのほか強い。同日の3歳未勝利、翌日の古馬1000万と比較すれば、500万~1000万のレベルにはある。当時の中京は雪で、馬場も重め。ハーツクライ×ケープクロスからも体力で突っ込んでくるタイプなので、なずな賞と同じような状況がほしい。そうなれば重賞でも圏内で走れる能力はある。

中京芝の馬場傾向

2回1週中京

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

先週の中京芝は土曜日は内のほうがいいかなという印象も、日曜日も合わせて考えるとほとんどフラット。7枠が多数馬券に絡んでいるように外枠も悪くない。時計は、標準レベルの水準。血統は1400mだとSS系やダンチヒを中心にノーザンダンサー系などが健闘している。ここから明日にかけて雨が降ってどんな馬場になるかだけど、明日の午後には上がる予報なので、稍重くらいを想定しておく。内外はフラットで、22秒台はかかるとみて。

ファルコンステークス2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→ファルコンステークス2016の枠順

展開はミスキララはじめダート短距離からのステップの馬が何頭かいて、シゲルコノギリザメ、ラズールリッキーも先行するだろうから遅くはならない。馬場も重いはずなので、ラスト1Fは減速し、体力が問われる流れになる可能性が高い。

◎トウショウドラフタ
△ペイシャフェリシタ
△レッドラウダ
△ショウナンライズ

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はクロッカスSを評価してトウショウドラフタ。クロッカスSも稍重で重めの馬場だったことから、多少重くなる程度なら問題なし。57kgでも能力上位なので、内から外に出すイメージで期待してみたい。

相手にはまずペイシャフェリシタ。重い外差し馬場になればハーツクライ×ケープクロスの体力が活きるし、前走はなかなか優秀な内容。レッドラウダはクロッカスSではトウショウドラフタに完敗も、今回は追い切りがよかったので、相手には入れてみたいということで△を付ける。最後にショウナンライズは、くるみ賞を評価して。

今週の重賞:
スプリングステークス2016
阪神大賞典2016
フラワーカップ2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする