関屋記念&エルムステークス2015 過去の傾向を分析する

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新潟マイルの関屋記念と札幌ダート1700mのエルムSが今週の重賞レース。さっそくいつものように過去の傾向から。

関屋記念

関屋記念2015

【2014年】12.6 – 10.9 – 11.4 – 11.6 – 11.6 – 11.5 – 10.8 – 12.1 1.32.5
【2012年】12.2 – 10.9 – 11.9 – 12.0 – 11.7 – 11.1 – 10.4 – 11.3 1.31.5
【2010年】12.7 – 11.3 – 12.2 – 12.0 – 11.5 – 10.6 – 10.3 – 12.3 1.32.9

 まずは関屋記念から。

 枠順については外枠の活躍が目立つ。昨年のクラレントは7枠、ドナウブルーとかレインボーペガサス、レッツゴーキリシマも該当。それでは外差しの馬が勝っているかと言われればそうではなくて、先行馬→差し馬のパターンが多くなっている。昨年は好位からクラレント、ダノンシャークでサトノギャラントは差して届かず。2013年もレッドスパーダが先行押し切り、ジャスタウェイ、レオアクティブは届かず。ラップをみてもわかるようにこの時期の新潟開催は時計が速くなりやすく、さらに直線が平坦なので上がりもかかりづらい。このレベルの戦いになってくると、先行馬も一定のレベルにはあるので、ある程度の瞬発力を兼ね備えているため差し勢はなかなか届かないケースが多くなる。ここ5年の勝ち馬をみても先行できてかつある程度の上がりでまとめらるタイプが勝っている。

 いくつか特徴的な年のラップを並べてみたけど、まずは決着時計の速さ。2014年は稍重での開催だったけど、時計は32秒台の決着になったし、2012年は31秒台とかなり速い時計。それから上がりも速いものが求められて、33秒台前半になることもある。特に2012年ドナウブルーは屈指の高速馬場で31秒台でかつ、32秒台の上がりになったレース。ラップを見てのとおりスローになりがちで、ラストから2F目が一番速く10秒台になっている。このことからも差し勢が勝ち切るのはなかなか難しい傾向になっていて、先行~好位にはいたい。

 適性面も速力、瞬発力が必要。先行馬で縦長になった場合は展開で瞬発力をカバーできる場合がある。レッドスパーダとかレッツゴーキリシマがこのあたり。マイルでは軽いタイプを狙いたいところ。体力は求められる中京記念で凡走組を狙うべきか。クラレント、エーシンリターンズ。血統面はディープ、タキオンをはじめSS系やシンボリクリスエス、タニノギムレットのロベルト系、タイキシャトルあたり。ヘイロー系が良さそうだ。

 今年の新潟開催をみているとなかなか速い時計が出ているので2012年とまではいかないかもしれないけど、31秒台に突入する可能性もある。

エルムステークス

エルムS2015

【2014年】6.8 – 10.8 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.8 – 12.0 – 11.8 – 12.5 1.41.9
【2011年】6.6 – 11.5 – 11.9 – 12.4 – 12.6 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 12.6 1.44.2
【2010年】6.8 – 11.1 – 12.1 – 12.6 – 12.3 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 12.3 1.43.5

 続いてエルムステークスの傾向。

 ダート重賞らしく強い先行馬が上位にくるレースで、差しは決まりづらい傾向になっている。4角までに先団にとりついていることが条件で、ランフォルセ、クリールパッションは4角では4番手までポジションを上げている。差し馬なら捲りきれるタイプを狙うべきで、展開もどこかで緩まないとポジションを上げにくい。

 2013年は函館開催だったので、それを除くとローマンレジェンドが2連勝中。そのローマンレジェンドは今年は登録なし。2014年、2013年はともにレベルの高い戦いで特にエスポワールシチーVSローマンレジェンドだった2013年は良馬場でもかなり速い時計が出た。2014年は不良馬場でクリノスターオーVSローマンレジェンドの戦いで41秒台が出た。どちらの年もラップが落ちることのない厳しい展開になった。今年の登録馬を見る限りではここ2年ほどのレベルにはならなさそうだけど。

 2010年や2011年は函館、札幌1700m巧者が好走したレースで、お馴染みのエーシンモアオバーとかオーロマイスター、ランフォルセ、クリールパッション。ステップもしらかばSやマリーンSなど北海道1700mからのものが多い。そのレースで馬券外になっても巻き返すパターンもあるので警戒しておきたいところ。

 今年はクリノスターオーVSマリーンSという構図になっていて、大沼Sを含めたマリーンS組の中での序列がポイントととなってきそうだ。

 ざっと過去の傾向を振り返ったので、次の記事からは各馬の分析へ。続く。

 【関屋記念続き1】関屋記念2015予想 スマートオリオン&レッドアリオン中京記念組ほか

 【エルムステークス続き1】エルムステークス2015予想 クリノスターオーVSマリーンステークス組
 

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする