エプソムカップ&マーメイドステークス 過去の傾向

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エプソムC、マーメイドSともに、各馬の分析・比較はひと通り終わったので、温故知新、過去の傾向について復習しておく。

エプソムC

エプソムC2015

見ての通り、少なくともここ5年は圧倒的に内枠有利。外枠で馬券に絡んだのは8枠ジャスタウェイと7枠ダノンシャークのみ。ジャスタウェイについては、8枠ではあったものの4角では内にいてイン差しの競馬だったので、外枠から外を回して馬券になったのはダノンシャークのみという状況。言うまでもなく、2頭はのちのG1馬。良馬場になれば内枠から狙うべきレースなのは明白。

【クラレント】12.7 – 10.8 – 11.6 – 11.8 – 12.0 – 12.1 – 12.0 – 11.2 – 11.5 1.45.7
【トーセンレーヴ】12.7 – 11.0 – 11.6 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 11.4 – 11.6 – 12.6 1.46.7

上は2013年のクラレントが勝ったエプソムカップで、当時の東京は高速馬場。ドスローからの瞬発力勝負のレースだったので好位勢に有利の展開。差してこれたのは本格化前のイン差しジャスタウェイのみ。下は対照的に比較的時計のかかる馬場で、しっかり流れてラスト1fはかなり減速しているレース。2012年のトーセンレーヴ。この年差してきたのは外差しダノンシャークで能力的に抜けていたからこその内容。良馬場のエプソムカップを仮に「クラレント型」と「トーセンレーヴ型」に分類するなら、昨年ディサイファはクラレント型、2011年ダークシャドウ、2010年セイウンワンダーはトーセンレーヴ型となる。差し馬、特に外枠の差し馬は能力が抜けていてかつトーセンレーヴ型のレースにならないと届かない、というのが過去の傾向。今年のメンバーをみるとエイシンヒカリやフェスティヴタローがいるのでトーセンレーヴ型が濃厚であるので、内枠勢と、力上位の外枠の差し馬(いれば)という組み合わせが可能性としては高そうだ。

マーメイドS

マーメイドS2015

【マルセリーナ】12.4 – 11.5 – 12.7 – 12.4 – 11.6 – 12.0 – 11.8 – 11.4 – 11.7 – 11.9 1.59.4

エプソムカップに比べるとフラットな馬場傾向。良馬場なら2分を切るか切らないかの決着となっていて、各馬の上がりをみると、昨年のディアデラマドレのみ33秒台でほかは速くても34秒台。代表的なものとして2013年マルセリーナのラップを挙げたけど、阪神2000mという条件もあって持続力勝負になりやすい。ここ数年は良馬場での開催で、重馬場は2008年トーホウシャインが大穴をあけた年がある。前が残るか差し勢かくるかはそれぞれで、昨年のコスモバルバラ、2013年アグネスワルツは先行して穴をあけたパターン。やっぱりグルヴェイグの2012年くらいペースが上がると差し馬が独占することもある。
今年のメンバーを見る限りディアデラマドレクラスの馬はいなさそうなので、いつものマーメイドSのように上がりは速くても34秒台で馬場・展開次第でころころ結果が変わりそうだ。時計がかかれば当然差しやすくなるわけで、内外の馬場傾向だけではなく、時計の比較はしっかりしておきたい。
理想は前記事で書いたようにパワースポット、シャトーブランシュ、マリアライト、アドマイヤギャランといった能力が高い差し馬で勝負できる馬場なので、2分を切るような馬場だと手は出しづらくなる。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする