エリザベス女王杯2015予想 ラキシス、ヌーヴォレコルトについてなど

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のGⅠはエリザベス女王杯!ということでミッキークイーンがジャパンカップのほうに回って、3歳はルージュバッグ、タッチングスピーチが有力所。対する古馬はヌーヴォレコルト、ラキシスが中心になる。直感的にはミッキークイーン不在なので、昨年のワンツーのヌーヴォレコルト、ラキシスで良さそうと感じるがどうか。まずは過去の傾向から振り返っておく。

エリザベス女王杯の過去の傾向

エリザベス女王杯2015

【2014年】12.2 – 10.8 – 12.4 – 12.7 – 12.2 – 12.8 – 12.9 – 12.2 – 11.5 – 11.3 – 11.3 2.12.3
【2012年】13.0 – 11.3 – 12.9 – 12.6 – 12.6 – 12.9 – 12.7 – 11.9 – 11.5 – 12.5 – 12.4 2.16.3
【2011年】12.4 – 10.5 – 11.4 – 11.5 – 11.7 – 12.4 – 12.8 – 11.8 – 11.8 – 12.9 – 12.4 2.11.6

過去の傾向は上のとおりで、内外の有利不利については、その年による。昨年は高速馬場でスローの展開から内枠優位のレースになって、1枠ラキシスと3枠ヌーヴォレコルトで決着。上がり最速のディアデラマドレは外差しから届かず。ラスト3Fも11.5 – 11.3 – 11.3と減速していない。同じ良馬場でも対照的なのはスノーフェアリーの2年目のレースで、このときは1000mの通過が57.5とかなりのハイペース。ラスト2Fも12.5-12.4と2014年とは大きく違う。この展開なら自力が問われてスノーフェアリー-アヴェンチュラらの実力馬が上位を占めた。重馬場になった場合は、差しが効きやすくなっているのが過去の傾向で、2013年メイショウマンボ、2012年レインボーダリアは雨の影響で内が荒れて、外に進路をとった馬達が上位を独占している。時計は2年とも2分16秒台とかなりかかっていて、体力が求められる。

状況によって全体時計・ラップが異なるのは当然として、全体的にみたら実力馬がしっかりと走っているという印象を受ける。3歳馬vs古馬という構図になりがちではあるものの、3歳で好走するのはクラシック戦線で結果を出してきた馬達だし、古馬でも重賞で時計的価値のあるレースをしてきた強者が多い。穴パターンとしては、良馬場ではやはり前残り。ちょっと記憶が薄れてきた感じはあるけど、クイーンスプマンテ-テイエムプリキュアの衝撃。重馬場ならレインボーダリアの体力を活かして突っ込んでくるタイプ。

ラキシス、ヌーヴォレコルトほか

ここからは各馬の分析へ。

まずはラキシス。
まず、昨年のエリザベス女王杯の内容はいい。大阪杯も一定以上の評価はできる。この二つのレース質は真逆なので、ラキシスの適性が読みにくくなっている。ディープ×StormCatからすれば、速力、瞬発力優位だろうから、京都はプラスに働く。近走は札幌記念はハイペースを追いかけ過ぎ、京都大賞典は、32.5の上がりで4着なら仕方なしと敗因はある。

【京都大賞典】12.8 – 11.0 – 11.5 – 12.6 – 12.6 – 12.5 – 12.8 – 12.9 – 11.9 – 11.1 – 10.9 – 11.0 2.23.6

大阪杯の体力勝負で結果を出してはいるものの、血統とおりベストは軽い高速馬場という判断をしたい。ここは勝負をかけてくる仕上げだろうし、ムーアJ騎乗。能力値的にも当然上位争いしてくる。対ヌーヴォレコルトを考えると軽い馬場のほうがいいだろう。

そのヌーヴォレコルトのここまでを振り返ると、春は着順は悪くないものの、高いレベルの走りはないといっていい。3歳時のオークス、エリザベス女王杯と比較すると、多少パフォーマンスを落としていたので状態が上がり切っていなかったか。

【オールカマー】12.5 – 10.9 – 12.4 – 12.4 – 12.6 – 12.6 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.7 – 11.8 2.11.9

秋を迎えてのオールカマーはショウナンパンドラには完敗だったものの、前哨戦としては全体時計、ラップ共に優秀な内容で、やはり能力は高いのだと再認識させられた。ラップをみてもショウナンパンドラ以外には快勝で総合力は高い。事実、ショウナンパンドラは条件がベストとはいえい天皇賞で外枠から4着まで差してきたので、このオールカマーの裏付けになる。昨年のエリザベス女王杯は上のとおり、得意でないであろう瞬発力勝負でラキシスに僅差の内容、内枠で2kg軽かったことはあるが。瞬発力が求められる競馬よりかは体力問われるレースのほうが対ラキシスを考えるとプラスになるので、今週末の雨予報はヌーヴォレコルトにとっては追い風になる。とにかく、オールカマーで能力的な不安は解消されたので、ここは買いやすい状況だなあ。

この2頭の優劣については、ひとまず馬場次第ということで。

そのほかの古馬勢については、ヌーヴォレコルトと同じオールカマーからマリアライト。オールカマーの内容は上位2頭には完敗、外枠だったことを加味してもちょっと力差があった。潮来特別、緑風Sの内容がいいので、ディープ×エルコンドルパサーで、ディープの軽さはあまり感じないタイプ。ここはできるだけ重くなってほしい。

少々長くなってきたので、府中牝馬S組とルージュバッグほかの3歳馬の分析は次の記事でいうことで。それから一応先週の京都の馬場も振り返っておきたいので、その点も次の記事で書きます。続く。

【エリザベス女王杯予想記事その2】→エリザベス女王杯2015予想続編 府中牝馬S組、ルージュバッグほか3歳馬の評価

予想記事更新しました!印はこちらから→エリザベス女王杯2015予想 重馬場でどの馬が浮上するか?ヌーヴォレコルトほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする