ダイヤモンドステークス2016予想 東京3400mという特殊な舞台

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンドステークス2016の予想です。東京3400mのマラソンレース。今年3連覇がかかるフェイムゲームは海外帰りの休み明け。ここにつけ込める馬がいるのか、が焦点となってきそうです。特殊な舞台なので、求めれる適性もしっかり把握しておきたいところ。まずは過去の傾向から振り返ります。

ダイヤモンドステークスの過去の傾向

ダイヤモンドS2016

【2015年】13.2 – 11.6 – 12.7 – 12.8 – 11.6 – 12.6 – 13.0 – 14.4 – 13.2 – 12.6 – 12.3 – 12.5 – 12.2 – 12.0 – 11.4 – 11.8 – 12.0 3.31.9
【2013年】12.7 – 11.0 – 11.4 – 12.3 – 12.5 – 12.6 – 12.6 – 13.3 – 13.3 – 13.2 – 13.2 – 13.2 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 12.0 – 12.5 3.31.9
【2012年】12.9 – 12.0 – 12.7 – 13.0 – 12.9 – 13.2 – 13.1 – 13.9 – 13.8 – 13.7 – 13.6 – 13.2 – 12.2 – 11.4 – 11.2 – 11.5 – 12.5 3.36.8

表を見ると8枠が健闘しているけど、このレースについては東京3400mという特殊な舞台なので、そこまで枠や4角位置にこだわる必要はない。ラップは各年によってばらつきがあるものの、基本はマラソンレースなので、中盤緩んでからの持続力比べ。2012年だけは特徴的。かなりゆったり進んだため、11.4-11.2-11.5を刻んでケイアイドウソジンが大穴を演出した。

注目すべきはやはり適性面。血統を見ていくと、ハーツクライが4年連続で連対中。フェイムゲーム、アドマイヤラクティ、ギュスターヴクライ。これに関連してトニービン持ちが毎年のように好走している。他にはファタモルガーナ、アドマイヤラクティ、コスモヘレノスのエリシオやサドラーズウェルズなどノーザンダンサー系の欧州血統。やはりこの条件だと体力のある血統がいい。

ローテーションについてはAJCCからのステップが3連勝中(うち2勝はフェイムゲーム、1勝がアドマイヤラクティ)。距離延長で伸ばしてくるか?の視点は重要視したい。それから、ハンデ戦ということもあって条件戦からのステップも健闘している。2015年はカムフィー、2012年はギュスターヴクライがともに早春Sから、2013年メイショウカドマツ、2011年キタサンアミーゴもともに松籟Sから。

では次に各馬の分析に。

フェイムゲーム、モンドインテロ

最初は3連覇がかかるフェイムゲーム。ここ2年の内容は文句なし。特に昨年のパフォーマンスは58kgを背負って抜けた上がりで圧勝。ゴールドシップの2着の天皇賞もラップと内有利の馬場を加味すればゴールドシップ以上の競馬だったと評価していい。アルゼンチン共和国杯もハイレベル戦で、ハーツクライ×アレミロード、東京で体力が問われる舞台への適性は間違いない。このメンバーなら58.5kgのハンデでも能力は最上位。やっぱり今回の課題はローテーション。過去2年はともにAJCCで適度に負けてからの距離延長のステップ。対して今年はメルボルンカップのオーストラリア帰りで休み明け。過去2年のほうは理想的なステップなので、海外帰りの今年は買いにくくはなる。能力、適性は確かも、信頼しきるのは怖いかな。

ホッコーブレーヴもコーフィールドカップ→メルボルンカップのオーストラリア遠征帰り。この馬も実力馬で、2014年の日経賞、天皇賞の2つは優秀。リズムを崩してからはいまいちな内容なので、3400mの舞台がどう出るか。まあそれ以前にフェイムゲームと同じく遠征帰りで狙いにくいというのはある。マーベラスサンデー×ダンシングブレーヴの血統は魅力的だし、意外性のある馬なので、56kgなら相手に入れておくのはいいかもだけど。

【松籟S】12.7 – 11.9 – 12.0 – 13.4 – 12.8 – 12.5 – 12.4 – 12.2 – 11.9 – 11.3 – 12.0 – 11.9 2.27.0

条件戦からのステップはモンドインテロ。松籟Sは稍重の京都で低速戦の持続力が問われるレース。54kgだったことを考慮すると、あくまでも条件戦レベルの走り。2走前の1000万のほうがいいかなというくらいで、能力的にはハンデ54kgでどこまでという水準。プラス要素は松籟Sからのローテーションと、適性面。距離延長は精進湖特別→高雄特別で伸ばしてきたことを思えばプラスに出そうで、ディープ×ブライアンズタイムは先週のディーマジェスティと同じ。伸び代と鮮度は積極的に評価していいのかなと。

タンタアレグリアは菊花賞以来の休み明け。3歳時のレースは、ダービー内枠から後ろ過ぎてドゥラメンテから0.7差、セントラル記念は低レベル戦でいまいち、菊花賞も内枠を引くもレベルが高いとはいえないレースで4着というもの。古馬と戦うのは今回が初めてで、能力面の不安はある。ハンデ55kgも恵まれたわけではないし、ゼンノロブロイ×Stuka(ミスプロ系)×Stagecraft(サドラーズウェルズ系)の血統でも食指は伸びない。

ステイヤーズS組、、万葉S組

【ステイヤーズS】13.2 – 11.7 – 13.0 – 13.6 – 13.0 – 12.6 – 12.0 – 12.6 – 12.4 – 12.5 – 13.3 – 13.2 – 13.1 – 12.4 – 11.6 – 12.0 – 11.8 – 11.9 3.45.9

昨年のステイヤーズSは有馬記念の記事でも書いたようにアルバートの走りは優秀。トゥインクルは比叡Sと合わせてアルバートには完敗。それでも54kgでこの相手なら通用する内容で、ハンデは軽いかな。↓の万葉Sはラップが示す通りラスト3Fに11秒台が並んで内有利の馬場だったことから悲観視する必要はない。万葉Sよりかは体力が問われることになるし、上がりもかかるだろうから条件として好転だし、ステイゴールド×ノーザンテーストの血統も傾向に合致する。

2着カムフィーも母父ノーザンテーストの血統で父がダンスインザダーク。血統通りマラソンレースは得意としていて、このステイヤーズSに加え、昨年のダイヤモンドSでも3着に好走している。昨年と違うのはハンデとステップ。ハンデは51kg→54kgに増加。ステップも松籟Sでちょい負けからが、ステイヤーズS2着からに変わり。ステイヤーズSは東京2000mノベンバーSでキレ負けからというローテーションだったので、狙うべきタイミングは前走だったのかという感じはある。適性面には問題はないので、大崩れはないだろうけど。

4着マイネルメダリストはちょっと警戒しておきたい。AJCCでは速力が問われて適性外。目黒記念を勝っているように体力はあるので、少なくともAJCCよりは条件としてはいい。ステイゴールド×アサティスの血統、ハンデ55kgで。ファタモルガーナはフェイムゲーム同様、戦績通り適性は文句なし。ただフェイムゲーム以外には完勝の昨年と比較すると、ステイヤーズSは落ちるし、一度叩いてどこまで上昇しているか次第。追い切りはしっかり見ておきたい。

【万葉S】12.9 – 11.8 – 12.5 – 12.2 – 12.1 – 12.3 – 13.6 – 13.0 – 13.0 – 12.6 – 12.9 – 12.4 – 11.7 – 11.2 – 11.7 3.05.9

万葉Sは↑でも書いたように、内有利の馬場での瞬発力よりのレース質。レベルは高くない。マドリードカフェは位置取りがよく51kgの斤量、ネオブラックダイヤ、アドマイヤケルソも有利な内を通っていて内容としてはいまいち。今回はこれよりは上がりがかかるし、コース的にもさらに体力が必要になってくる。万葉S組なら松籟Sちょい負けのステップ、アドマイヤドン×SSでトニービン持ちのアドマイヤケルソが面白そうだけど。

フェイムゲームが中心も不安はある。狙ってみたいのはまずトゥインクルモンドインテロも伸びしろを買うなら候補の一頭で、カムフィー、ファタモルガーナは適性に不安なし。穴馬ならマイネルメダリストとアドマイヤケルソかな。また週末は雨予報なので、どこまで重くなるかもポイントになりそうです。続く。

・フェブラリーSはこちら→フェブラリーステークス2016予想 コパノリッキー三連覇なるか?有力馬の分析ほか

・京都牝馬Sはこちら→京都牝馬ステークス2016予想 今年から1400mに変更!

・小倉大賞典はこちら→小倉大賞典2016予想 ハンデ決定、アルバートドックほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする