函館スプリントステークス2016予想 ◎ローレルベローチェ

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

函館スプリントステークス2016の予想です。今年は、シュウジ、オデュッセウスなど3歳馬が多数出走。この時期は斤量面から人気になったりすることもありますが、実際古馬相手に勝ち負けできるのかという判断はなかなか難しい。今年は3歳の扱いが一番のポイントになりそうです。では予想していきます。

函館スプリントステークスの傾向

まず最初に過去の傾向から。

函館SS2016

【2015年】11.7 – 10.3 – 11.0 – 11.6 – 11.8 – 11.9 1.08.3
【2014年】11.9 – 10.8 – 11.1 – 11.4 – 11.3 – 12.0 1.08.5
【2013年】12.0 – 10.7 – 11.4 – 11.6 – 11.0 – 11.8 1.08.5

2013年以前は、内枠・先行馬が有利になるレースだったけど、ここ2年は外目の枠の差し馬が好走している。要因としては、内に密集して詰まる馬が多数出てくることにより、外をスムーズに運んだ馬が上位にくるというもの。それに伴ってレースレベルも下がっていて、2015年なんかは条件戦レベルの内容。内を取るか外を取るのかは難しい判断になる。展開は前傾ラップが基本で、洋芝なので8秒台の決着。適性的にはやはり7秒台を得意とするタイプよりはパワーよりのほうがいい。

血統も洋芝だけあってノーザンダンサー系が好調。特にクロフネは2015年も12番人気、14番人気で激走している。ミスプロ系も好調で、2012年以降は父or母父いずれかがミスプロ系の馬が連対中。今年も注意しておきたい。ステップは様々でも、ここ5年は毎年一頭は距離短縮の馬が馬券になっている点には注目。3歳馬は勝ち切れてはいないものの、2015年レンイングランド、2014年クリスマス、2011年テイエムオオタカが圏内に好走している。

函館芝の馬場傾向

次に前日の函館芝馬場傾向を見ていきます。

1回1週函館

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

やはり開幕週だけあって内前が有利になっている函館芝。メインのHTB杯のように外から届くレースもあったので注意は必要だが、通過順位2桁は馬券内ゼロなのである程度に位置にはいたい。時計については、雨の影響も残っていただろうけどその中でまずまず出ていて、1000万でしっかり流れて1.08.6の決着。血統はHTB杯でクロフネ、ハービンジャー、クロフネの父ノーザンダンサー系が1~3着、バクシンオーも活躍していていつもの函館という感じ。

当日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

函館も晴れ予報でそのまま良馬場でできそうな状況。8秒フラットを想定しておきたい。内か外かは判断しづらいので、位置取り重視で。

函館スプリントステークス2016の予想

◎ローレルベローチェ
△オメガヴェンデッタ
△ティーハーフ
△ヤマニンプチガドー

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はローレルベローチェ。高松宮記念は完全にオーバーペースなので度外視するとして、評価したいのはシルクロードS。稍重の時計がかかる京都で33.7-34.4のラップを踏んで2着。馬場を加味すればGⅡレベルの評価をしていいし、この相手なら上位に入る内容。今回は外枠を引いてスカイキューティーの出方を見つついける。ある程度の前傾なら対応可能。バクシンオー×キングヘイローの血統からは洋芝はクリアできるはずで8秒台のスプリント適性もある。

△オメガヴェンデッタは京王杯キレ負けからの短縮。当時の東京の馬場は軽い決め手が生きる馬場だったので、この馬には不向きの馬場。1200mは昨年の函館で勝っているし、ゼンノロブロイから悪くない。もう少し時計がかかる馬場なら本命も考えた。ティーハーフの昨年は展開利もあったし、低レベル戦。それでも前走、前々走と脚は使っているので今年も注意は必要なので△。穴で期待したいのはヤマニンプチガドー。ここ3走は届かない位置から速い上がりを使うという内容。今回はそれほど速い上がりは不要になるはずで、内枠から中段までにつけてうまく捌けた場合には圏内にきてもおかしくない力関係にはある。ヤマニンセラフィム×フレンチもここで、という血統。

今週の重賞:
ユニコーンステークス2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする