函館スプリントステークス&ユニコーンステークス枠順決定と過去の傾向

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

函館SS、ユニコーンS、両重賞の枠順が決定したので、過去の傾向も含め有利不利について分析していく。

函館スプリントステークス

函館SS2015

内枠が圧倒的に有利で。1枠~3枠が毎年馬券に絡んでいるし、4角で外を回すとまず届かない、という傾向が見て取れる。
例外の昨年は内枠の人気馬、ストレイトガールとスマートオリオンが完全に詰まってしまい、まったく何もできず。上位を占めたのは4角で中を通った差し馬勢。ガルボ、ローブティサージュ、クリスマス。各ジョッキーも内を通りたいという意識が強いので、有力馬が捌けない事態というのも出てきてしまう。その点、2013年のパドトロワは外枠ではあったけど、外から包まれず2番手を先行できた。2,3着は内枠のシュプリームギフトとフォーエバーマーク。基本的には内枠で、外枠なら先行馬、でいいと思う。
時計面については、1.08.0~1.08.5あたりが多い。カレンチャンの2011年が一番速くて8秒ジャスト。ただこの年はかなりレベルが高いレースだったので、まず7秒台に突入することはないとみて良さそうだ。対して一番遅いのは2012年ドリームバレンチノの1.09.4。年によってはこれくらい重くなることもある。

1枠1番フギン
1枠2番メイショウイザヨイ
2枠3番アンバルブライベン
2枠4番ヒラボクプリンス
3枠5番エーシントップ
3枠6番ローブティサージュ
4枠7番コパノリチャード
4枠8番タガノアザガル
5枠9番ティーハーフ
5枠10番サトノデプロマット
6枠11番セイコーライコウ
6枠12番マジンプロスパー
7枠13番レンイングランド
7枠14番スギノエンデバー
8枠15番クールホタルビ
8枠16番アースソニック

この枠の並びだとアンバルブライベンがいって、レンイングランドが外から続く。どちらかがハナだと思うけど、内にいるアンバルブライベンのほうがいきたい気持ちは強そうだ。マジンプロスパーは希望の外枠、コパノリチャードは4枠でももう少し外がほしかった。いい枠なのはローブティサージュ、ヒラボクプリンス、サトノディプロマットかな。スギノエンデバーはいくら岩田Jでもこの枠なら外差しだろう。
当日はどれだけ時計がかかるかという点と、外の伸び具合に特に注意したい。例年の馬場ならローブティサージュで勝負できる。

ユニコーンステークス

ユニコーンS2015

函館SSと比べるとフラットば馬場傾向。やや内枠のほうが分が悪いかなという気もするけど。昨年は内枠には不利な馬場で、アジアエクスプレスが内枠から圧倒的人気で沈んだ。馬場、展開によっては内枠から包まれて、位置取りを下げてしまうパターンもあるのでそのあたりは当日確認したいところ。特に差し馬が内枠のケースは要注意。時計は基本的に36秒台。差し馬もよく馬券に絡んでいるし、逃げ馬はここ10年で昨年のコーリンベリーとアグネスジェダイのみ。

1枠1番ラインルーフ
1枠2番ダイワインパルス
2枠3番ピンストライプ
2枠4番アキトクレッセント
3枠5番ダノングッド
3枠6番アルタイル
4枠7番イーデンホール
4枠8番ミッキーシーガル
5枠9番クワドループル
5枠10番ノンコノユメ
6枠11番マイネルサクセサー
6枠12番ゴールデンバローズ
7枠13番ブチコ
7枠14番タップザット
8枠15番マイネルオフィール
8枠16番ノボバカラ

ユニコーンSは各有力馬はいい枠に入ったかな。ゴールデンバローズも内枠は嫌だったので、この枠はいいと思うし、青竜S組も極端な枠ではない。1800mからの短縮ラインルーフは最内枠なので包まれないかの不安があって少し減点。
強い馬たちの力勝負がみられると思う。あとは土曜日、当日の時計の出方、内外の差をチェックして最終判断。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする