函館記念2015 まずは過去の傾向の復習を

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週の重賞は函館記念の1レースのみ。ハンデがまだ発表されていないので、いつも通り過去の傾向からおさらいしておく。

 

函館記念の過去の傾向

函館記念

 洋芝での小回り2000mの重賞で、持続力勝負になるのは当然なんだけど、年によって良馬場でも2分以上かかったり、あるいは58秒台で決まったりとばらつきがある。内外については見ての通り内が圧倒的に優勢で、過去の穴馬は内枠からが基本になっている。沈んだ人気馬は7枠グランデッツァ、8枠マイネルスターリーがいて外枠には厳しいという傾向。
 
 【2011年】12.2 – 11.0 – 11.5 – 12.2 – 12.8 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 12.1 2.00.3
 【2012年】12.5 – 10.8 – 11.6 – 12.0 – 12.2 – 12.4 – 12.4 – 12.3 – 11.8 – 12.4 2.00.4
 【2014年】12.3 – 11.3 – 12.2 – 12.0 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 11.8 – 12.3 – 12.7 2.00.1

 この3年はいずれも2分台前半で決まっている。2014年はペースが一貫して緩まず、前には厳しいレース展開。中段から捲った内枠ラブイズブーシェとダークシャドウがワンツーで、3着も内枠ステラウインド。勝ち時計は、2分台で洋芝らしく、馬力も問われる馬場だった。ラブイズブーシェはマンカフェ×メジロマックイーン、ダークシャドウはダンスインザダーク×PrivateAccount、ステラウインドはゼンノロブロイ×スピニングワールドという血統で、適性的にもマイルよりかは中長距離に寄っている馬たちが上位にきた。

 【2010年】12.3 – 11.0 – 11.2 – 11.5 – 11.8 – 12.1 – 12.6 – 12.4 – 11.4 – 12.2 1.58.5
 【2013年】12.2 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.6 – 12.1 1.58.6

 同じ良馬場でも対照的なのが2010年マイネルスターリーと2013年のトウケイヘイローが逃げ切った函館記念。2013年の函館はロングラン開催ということもあって序盤は洋芝ではあるものの、高速馬場で行われた。2着は1枠アンコイルド、3着アスカクリチャンは8枠でも4角は内と、イン有利の結果に。ゴールドヘイロー×ミルジョージ、ジャイアンツコーズウェイ×Alzao、スターリングローズ×ダイナレターはダートっぽさを感じる。2014年と違って速い時計の決着となってもある程度の体力は必要になっていて、2000m分の体力と馬力、持続力はどんな馬場になっても洋芝のこの条件なら求められる。

 過去をみると内枠が優勢の傾向にあるけど、今年はいつもより外差しも効く馬場なので、内にこだわり過ぎないようにはしたいところ。あとは時計面には注意するのと、ハンデの軽さや体力・洋芝向きの馬力・持続力という適性のポイントは各馬しっかり把握しておきたい。

 ハンデが決まり次第各馬の分析に入っていきたいと思います。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする