反省会(函館2歳S、中京記念)ハンデ戦は馬場だ、という話と騎手の話

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 函館2歳ステークスは馬連的中!も中京記念ほうはかすりもせず……。やっぱり中京の馬場はトリッキーだなと、改めて思いましたね。だからこそ面白いんですけど。まずは函館のほうから。

函館2歳ステークス

・函館は稍重に回復している。
・函館1R。35.5-36.5-1.12.0のペースで決め手がいきた。このレースを見る限りでは外も悪くはなさそうだけど。時計は昨日くらいの水準で、血統はスウェプト×SS、トワイニング×SS、ダイワメジャー×コジーン。
・函館4R。昨日からやたら1枠がきているなあ。レッドサバスが捲って押し切り。ペースは速くなかったけど、差しは効いているか。
・函館5R新馬戦。スローの展開になって前々での決着。ワークフォース×ダンス、ディープ×ガリレオ、ローエングリン×アドマイヤベガ。
・函館8R。34.5-36.3-1.10.8でペースで前の人気馬で決着。マツリダゴッホ×ボールドルーラー、シンボリクリスエス×フジキセキ。差してきたのはバクシンオー×サザンヘイロー。内有利ではあるけど、4角中くらいなら上位に来れる馬場。
・この馬場なら10秒台真ん中くらいかなー。
・ブランボヌールなら突っ込んでこれるとみて、事前予想通り◎ブランボヌールからメジェルダ、ドナルチア、マコトルーメン、オデュッセウス、メジャータイフーンへ。内枠メジェルダとドナルチアは厚めで。
・ブランボヌール強いw馬連get

 12.2 – 10.6 – 11.3 – 12.0 – 12.3 – 12.2 1.10.6

 終わってみらればブランボヌールの力が抜けていたという結果。ペースは34.1-36.5なのでスプリント戦らしい前傾ラップ。この展開ではいくら内のほうがようくてもメジェルダには厳しい展開になってしまって、差し馬が台頭するかたちに。新馬戦の内容もブランボヌールは強かったのでまあ順当勝ちといったところ。メジャータイフーンは時計自体はいまいちだったものの、伸び代があった内容でここでさらに伸ばしてきた。3着ヒルダも新馬戦はメジャータイフーンと似ていたし同じパターン。上位3頭は距離が延びても対応できるタイプではあると思うし、特にブランボヌールは古馬500万くらいのレベルでは走っているので、今後も期待できるのではないかと。ディープ産駒は1200mでもいけるみたいだ。

 馬券のほうは、ブランボヌールから流して的中。内がよかったので、内枠からはメジェルダに加えドナルチアを取ったけど、正解はヒルダだった。この辺は2歳戦に顕著な、今回どこまで伸ばしてくるか、という視点が必要ということ。函館のほうはそこそこ満足のいく結果に終わった。

中京記念

・中京のほうは2Rの1400mから芝。スローで流れてダイワメジャー×アンブライドルドの2枠が好位から勝って2着も逃げ馬マンカフェ×Sllverdeputy。昨日より若干速い馬場になっている。
・新馬戦は好位からアオイプリンセスが抜け出し。イン差しのアグネスフェアリーも上位にきていて、まだ内もいきていそう。逆に極端な外差しは減点したほうがいいのかもしれない。
・時計は昨日より多少速いかなというくらいで。キンカメ×シングスピール、ゼンノロブロイ×キャプテンスティーヴ、ヴィクトワールピサ×クロフネなので、ある程度の馬力は必要な馬場なのだろう。
・2013年と似たような馬場という認識でいいはず。
・うーん、川須Jはもう芝のレースはなしか……。
・中京7Rはまたしてもゼンノロブロイ。中京はやっぱりトニービン持ちが強い。
・中京8Rは平均ペースで流れて4角で前にいたアドマイヤオウジャ、ナムラアッパーのワンツー。昨日より時計速く、内もいいか。内~中枠が優勢になっている。ディープ×Eltish、カンパニー×アドマイヤベガ。
・レッドアリオン単複メインで、オリービンとのワイド馬連を。
・スマートオリオン、アルマディヴァンが通ったルートだよなあ。レッドアリオンは外回し過ぎた……。混戦だとジョッキーの馬場への理解が重要になってくるなーと。川須Jは芝のレースは2Rのみだったし。

3回4週中京

 12.5 – 11.2 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 11.4 – 11.6 – 12.2 1.33.4

 土曜日と比較すると、馬場が完全に乾いたため、つぶやき通り高速化し、内が盛り返してきた。中京記念は8Rの1400mみたく内枠から先行したパワー型のスマートオリオンが押し切り。ペースは前後半ほとんどフラットで平均~ややスローくらい。2着もイン差しアルマディヴァンで、穴を開けた2頭は3枠と1枠だった。10着まで0.5差にひしめき合ったようにハンデ戦らしい結果に。
 スマートオリオンはグラスワンダー×ウイニングチケットという血統からも、重い中山1200mでのパフォーマンスがよかったように馬力タイプ。体力面に不安があったものの、高速化した馬場がよかったし、デムーロJのコース取りも完璧。まるでコパノリチャードの高松宮記念のよう。アルマディヴァンもこれしかないという競馬で馬場も合ったし、藤岡兄の好騎乗。先週のダービーフィズ-ハギノハイブリッドに続いてトニービンを買っておけばおkでしたと。

 馬券はかすりもせず。レッドアリオンはさすがに外を回しすぎで距離ロスが大きかったなー。事前予想でも触れたように川須Jのレース運びには注目する必要があったわけだけど、今日の芝レースは2レースのひとつのみ。これで買ったほうが完全に悪いんだけどね……。

 

騎手について

 今日の教訓を次にいかすならは、騎手のことについて書いておきたい。
 いつだって騎手は重要な要素ではあるんだけど、今日の中京記念くらい混戦で、かつトリッキーな馬場の場合、騎手が馬場を読めているかは重特に要な要素になってくる。スマートオリオンのデムーロJは5レースのアオイプリンセス、8レースのアドマイヤリバティで馬券になっているし、藤岡Jも同曜日にワントゥワンとセイントバローズで内目の枠から結果をだしていた。3~5着も浜中J、川田J、福永Jで、当日に馬券に絡んでいる。このことからも今日のようなケースは特に騎手がどういうレース運びをしているかということは馬場の判断をする上で注意しないといけないなと再確認しなければならない。函館のほうでも岩田Jは2週連続重賞勝ちだしね。

 来週からはまた開催が替わって新潟・小倉・札幌がはじまる。今開催は学ぶべきことが多かったので、なんとかそれをいかせるようにしないといけませんね。ではでは。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする