ダービー卿チャレンジトロフィー2016予想 ◎サトノアラジン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー卿チャレンジトロフィー2016の予想です。昨年はモーリスが嘘みたいな末脚で圧勝したレース。今年もサトノアラジンなど、好メンバーが集まりました。一方でハンデ戦でもあるので、ハンデ設定には気を配りたいところ。

ダービー卿チャレンジトロフィーの過去の傾向

まずは過去の傾向から。

ダービー卿CT2016

【2015年】12.3 – 11.5 – 11.8 – 11.1 – 11.3 – 11.6 – 11.7 – 10.9 1.32.2
【2014年】12.6 – 10.9 – 11.3 – 11.3 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 12.5 1.34.6
【2013年】12.4 – 10.7 – 11.2 – 11.2 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.8 1.32.6

まず内外は、稍重になった2014年を除けば外差しも決まっている。特に2015年は、時計も速く、外から決め手が活かすタイプに有利な馬場になった。枠順は、5枠が優勢で、中枠が狙い目。ラップは中山マイルなので、前傾ラップになりやすく、持続力よりの適性が問われる。決着時計が32秒台になれば速力も必要だし、逆にかかればパワータイプが台頭する。

血統は、稍重になった2014年はカレンブラックヒルなど父、母父いずれかがミスプロ系が1~3着。良馬場の年はダイワメジャーはじめSS系にノーザンダンサー系の好走が目立つ。全体数が少ないのもあるが、ディープ産駒は馬券に絡んでいないというには頭に入れておきたい。ローテーションは以前ほどではないにしろ、東風S組がいい。ハンデの関係から東風Sでちょい負けからステップが好相性。他には阪急杯、中山記念の重賞に加え、武庫川S、韓国馬事会杯など1600万からの好走例もある。2015年モーリス、2014年インプロヴァイズ、2013年トウケイヘイローがこれに該当する。

ダービー卿チャレンジトロフィー2016の有力馬分析

次に各馬の分析です。

サトノアラジン、ダッシングブレイズ

まずはサトノアラジンから。マイルCSで◎にしたように能力は高く評価していて、特に富士Sは優秀。マイルCSはさすがにスロー過ぎたし、香港カップは距離。中山マイルも春興Sで強い内容ではしっているので問題なし。斤量も57kgなら軽いので、あと馬場次第。昨年のように軽めの外差し馬場になれば、差してこれる。陣営のコメントからまだ少し太いというのもあるので、当日の仕上がりには注意しておきたい。

ダッシングブレイズの東京新聞杯は度外視。リゲルSではイン有利の馬場を差し切りなので、グァンチャーレ以下とは着差以上の内容の差がある。サトノアラジンと比較すると、ダッシングブレイズのほうが少し低速戦向きかなという印象も、差し馬場になればセットで上位にくる可能性は高いので、揃って狙ってみてもいい。

【関門橋S】12.5 – 11.7 – 12.0 – 11.3 – 11.4 – 11.9 – 11.5 – 11.6 – 11.6 1.45.5

次にキャンベルジュニア。ここまでの履歴を振り返ると、前走で大きく伸ばしてきたかたち。関門橋Sは高速小倉での速力と持続力が問われたレースで、過去のレースでも瞬発力はあまりなさそう。54kgなら重賞でも通用する能力は前走で示したものの、決め手勝負になったときに、サトノアラジンやダッシングブレイズ相手にキレ負けする可能性は高い。フェアリーキングの系統×デインヒルの系統の血統からもその点はやはり不安。イン有利の馬場がほしい。

ロゴタイプは中山記念でもう少し頑張ってほしかったかな。富士S、マイルCSではサトノアラジンに完敗だし近走の内容はいまいち。それでハンデ58kg。高速馬場+イン伸びの条件が揃ってどこまで、という評価。

東風S組、東京新聞杯組

【東風S】12.7 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 11.6 – 11.6 – 12.1 1.34.5

東風Sからはインパルスヒーロー。東風Sのレベルは低め。馬場を加味してもこの時計ではちょっと評価はできない。インパルスヒーローはリゲルSの瞬発力勝負から、東風Sは速い上がりが不要になってレース質も向いた感じ。ハンデは再度56kgでも相手は格段に強くなるし、前走をもって能力面をクリアしているとはいえない。狙うべきは、ここではなく、前走だったのかなと。

【東京新聞杯】12.7 – 11.4 – 11.9 – 12.4 – 12.2 – 11.2 – 11.0 – 11.3 1.34.1

見ての通りドスローで、東京新聞杯の着順に関してはあてにしないもほうがいい。先行馬と後続の上がりがほとんど同じで、前に行ったもん勝ちのレース。エキストラエンドは3番手からなだれ込んでスマートレイアーの2着。このレースは無視しても、京都金杯は外から伸びてきているし、マイルG3ならまだまだ戦える。ハンデ57kgもいつもの通りで、あとは京成杯AHのように外差し馬場になるかと全体のレベルがどれだけ落ちるか次第で好走できる。

ダイワリベラルはこの流れでは持ち味が生きず。市川S~ニューイヤーSのように好位から速い上がりでまとめるタイプで、11秒台前半のラップが並ぶと遅れてしまう。市川S~ニューイヤーSもレベルは高くはないものの、東京マイル→中山マイルは条件が好転するタイミング。ほどよく時計がかかり、ほどよく上がりがかかる状況になれば。

アルマワイオリも東京マイルから中山マイルはプラスのステップ。阪神カップは距離が短かっただろうし、久しぶりにいい条件でレースできる今回。55kgもダイワリベラルと比べると1kg軽いと思うし、マツリダゴッホ×ピルサドスキーの血統は傾向に合致。昨年くらいの馬場だと速過ぎるので、適度に時計はかかって、かつ差し馬場を希望。

中山芝の馬場傾向

次に土曜日の馬場傾向です。

3回2週中山

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

まず内外は、10R船橋Sでプレイズエターナルが僅差はまで差してきたことから、外差しが全くダメというわけではなさそう。ただ、極端な外は減点したほうがいい馬場ではある。時計も船橋Sを参考にするとややハイペースで1.08.1なので、標準~やや高速より好位~中段からある程度の上がりでまとめることのできるタイプを狙いたい。血統は、マイル戦でソングオブウインド×スペシャルウィーク、ダノンシャンティ×ムーンバラッドのワンツー。キングマンボ、ノーザンダンサー系に注目したい。

中山のほうも天候は問題なく、良馬場での開催となりそう。土曜日の馬場なら33秒台の決着かな。外過ぎるのは避ける形で。

ダービー卿チャレンジトロフィー2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→ダービー卿チャレンジトロフィー2016の枠順

◎サトノアラジン
△ダッシングブレイズ
△エキストラエンド
△サンライズメジャー

◎は内目の枠からサトノアラジン。57kgのハンデ、賞金加算が必要な立場ならここでは買いかなと。昨年のような馬場ではないものの、この枠なら内の中段には付けるはず。昨秋の内容ならこの相手では能力は一番なので。

△にも3枠からダッシングブレイズ。この馬もサトノアラジン同様位置取りが課題。リゲルSは優秀なので、あとは内が開くかどうかだけ。エキストラエンドもG3のマイル重賞なら。一線級相手だと厳しいけど、この相手なら圏内で走れる。前目に付ける意識があるのもいい。最後にサンライズメジャーの56kgは軽い。阪神カップはハイレベルで健闘しているし、マイルへの延長はプラス。ほどよく時計がかかる馬場で先行できれば、残る可能性は十分。

かなり迷ったというのが正直なところです。馬場の変化には注意しておきたいですね。その辺はTwitterにて。

今週の重賞:
産経大阪杯2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする