チャンピオンズカップ2015予想 JBCクラシック組、ノンコノユメほか

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャンピオンズカップ2015の予想です。昨年からジャパンカップダート改めチャンピオンズカップになり舞台は中京1800mへ。中京に変わって2年目なのでサンプル数が少なく傾向を掴むのは難しいかもしれない。それでもこのレベルの戦いになれば内前が有利になるはず。まずは昨年のレースを振り返って、各馬の分析へと進んでいきます。

チャンピオンズカップの過去の傾向

チャンピオンズC2015

【2014年】12.6 – 11.7 – 13.2 – 12.9 – 11.9 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 12.4 1.51.0

 ラップを見ての通り、5F目からペースが上がって先行馬が残る流れ。ホッコータルマエはじめ先行〜好位勢も強い馬が揃っているので最後までラップは落ちない。ラスト3Fは12.4-11.7-12.4で、後ろはまず届かない展開。ホッコータルマエは2番手から押し切り、ナムラビクターは2枠からロスなく運んで2着、ローマンレジェンドも早めに押し上げて3着。外枠から出遅れて、4角でも外のコパノリッキーにはきつい競馬になった。レースレベルとしては、当時の中京ダートの馬場は時計を要するものだったのでこの時計でも十分優秀な内容。血統はそれぞれキンカメ×チェロキーラン、ゼンノロブロイ×エンドスウィープ、スペシャルウィーク×オーサムアゲイン。で体力型のSS系とかミスプロ系がいい。

 阪神開催の時から変わらず、ダートの一線級の争いになると、先行馬、内枠が有利になる。ワイドバッハでも届かなかったので、外差しは余程決め手の活きる馬場になると厳しいか。弱い馬はまず来ないので、今年も能力上位の先行馬、内枠を狙いたい。

JBCクラシック組

【JBCクラシック】12.6 – 11.7 – 12.5 – 13.2 – 12.7 – 12.4 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 13.1 2.04.4

 中心は今年もホッコータルマエとコパノリッキーの2頭。

 コパノリッキーは日本テレビ盃こそ休み明けで、サウンドトゥルー、クリソライトに先着されたものの(完全にオーバーペースというのも大きいが)、JBCクラシックではきっちり巻き返して、ラスト13.1に落ち込む流れを快勝。地方のレースなのでレベルは測りにくいんだけど、2年のフェブラリーSの内容も文句なしに強いし、東海Sなんかも本当に強い内容で走っている。昨年のチャンピオンズCについてはスタートが全てで、ホッコータルマエはじめ一線級相手にあの位置取りで、あの展開ではさすがに厳しい。豊Jも手の内に入れているので、すんなりスタートを切って先行できれば昨年のようなことはまずないと見ているが。コーリンベリーを見ながら進められるのもいい。馬場は速くなったほうが対ホッコータルマエを考えると有利に立てる。

 ホッコータルマエは休み明けのJBCクラシックはいつもよりパフォーマンスを落とした。もともと休み明けは走らないタイプなので、昨年のJBCクラシック4着→チャンピオンズC1着のように、ここで上げてくる可能性は高い。事実昨年の内容はいい。能力的には言うまでもなく高い。重いダートならコパノリッキーよりは信頼度は高く、時計がかかる馬場になれば崩れることは考えづらくなってくる。高速ダート+外枠くらいの悪条件が揃わないとちょっと逆らいづらいという力関係かな。

 この2頭に割って入ったのがサウンドトゥルー。ジュライSまではOP特別で上位争いできるくらいの能力値しかなかった。事実時計的にはジュライSなんかはナリタポセイドンと同じレベルの内容だった。それが日本テレビ盃で覚醒してJBCクラシックでは展開が向いたこともあるが、ホッコータルマエに先着。まだ中央場所でのレースがないので、半信半疑な部分があるものの、ここ2走は本物。外枠を引くと差し馬なので厳しくなってくるし、対ホッコータルマエは、向こうが休み明けを叩いて伸ばしてくるので、ホッコータルマエ>サウンドトゥルーが濃厚だが。内枠〜中枠がほしいところ。フジキセキ×フレンチの血統。

この組の最後はハッピースプリント。ここまでの戦績を見てもJRA馬の一線級にはきっちり負けているし、地方より時計が出るダートもなあ、という感じ。ちょっと力関係的には劣る立場だ。

ノンコノユメ、アウォーディー

【武蔵野S】12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.5 1.34.7

 当時の東京は差しも届く馬場であったことを加味してもこの内容は優秀なノンコノユメの武蔵野S。ラップをみてもタガノトネールが押し切る流れ。ハイレベル戦だった青竜Sからもう一段上の内容で走っている。東京マイルなら、コパノリッキー相手でも十分に戦える数字だ。今回はやはりコーナー4つの1800mが課題となる。伏竜S、ジャパンダートダービーの時計的価値はそれほど、青竜S武蔵野Sで強かったこと、トワイニング×タキオンからはやはり東京マイルがベストの条件。ワイドバッハより少し上くらいの評価なので、人気なら脚質を考えても評価を下げていいのかもしれない。

【シリウスS】12.6 – 11.6 – 11.2 – 13.6 – 13.3 – 12.6 – 12.1 – 12.1 – 12.4 – 13.1 2.04.6

 次にアウォーディーのシリウスS。ダートに転戦しての2走は好内容。いずれも中段からあっさりでまだ伸ばせそうな感じはある。ただこのシリウスS含め2走ともラストのラップは12.7、13.1と減速していて差しやすい展開になったことは事実。適性は重いダート向きで高速ダートになると脚質的にも苦しくなる。ジャングルポケット×SSもダートっぽさはあまりない。余程うまく運ばないと厳しいという評価かな。

 ナムラビクターは昨年のほうがステップとしてはよかった。上がりのかかるレースが得意なタイプで、50秒台のみやこSからチャンピオンズカップへは条件が好転。今年は出遅れが深刻になってきているし、阪神2000m中京1800mはマイナス。内枠で完璧に運べた昨年と比べるとちょっと狙いづらいか。

【みやこS】12.0 – 11.3 – 12.2 – 12.1 – 11.9 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 12.4 1.47.8

 最後にみやこS組。
 京都の超高速ダートでのハイペース。ラスト2Fは12.4 – 12.4で先行馬にはきつい展開になった。差したのは2枠ロワジャルダン。レースレベルはちょっと測りづらくなってしまうが、シリウスSと同じくらいの評価かな。ロワジャルダンはブラジルC4着のステップから大きくパフォーマンスを上げてきた。条件戦の内容をみてもそれほどなので、この条件がよかったのだろうし、枠・展開の利があったといえるし、22着カゼノコ、3着ローマンレジェンドは58kgで、ロワジャルダンは56kgの斤量。今回は50秒を切るような馬場になるかは不明で先行勢もクリノスターオーらからより強力なメンバーに変わる。キンカメ×SSの血統はいいけど、前走が買うべきタイミングだったのかなと思える。

 ローマンレジェンドも内枠から3着。ペースと斤量を考えると、ロワジャルダンより上の評価ができる。昨年のチャンピオンズカップも外目の枠からいい内容なので、今年も勝ちきるかはどうかも期待していい。それからクリノスターオーは同型に強力な馬が多いし、ダノンリバティはちょっと能力的に足りないのが現状。

 コーリンベリーの参戦で昨年よりは速いラップが刻まれる可能性が高いので、後ろにもチャンスはありそうだが、中心はやはりホッコータルマエとコパノリッキーの2頭になる。漁夫の利を狙う差し勢なら、サウンドトゥルー、ローマンレジェンド、ワンダーアキュートあたりか。まずは枠順の発表を待ちたい。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする