アーリントンカップ2016予想 過去の傾向とアーバンキッドほか各馬の分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーリントンカップ2016の予想です。今週から阪神開催がスタート。3歳のマイル路線はエアスピネル、リオンディーズが中心も、対抗できるような馬がここから現れてくるか注目です。登録馬をざっと見た感じでは混戦なので、馬券的にもおもしろそうな一戦となりそうです。ではまず過去の傾向から。

アーリントンカップの過去の傾向

アーリントンC2016

【2015年】12.7 – 11.2 – 11.7 – 12.5 – 12.7 – 11.9 – 11.1 – 12.1 1.35.9
【2013年】12.6 – 11.3 – 12.0 – 12.4 – 12.4 – 11.4 – 10.9 – 11.8 1.34.8
【2012年】12.9 – 11.5 – 12.1 – 12.2 – 12.4 – 11.7 – 11.2 – 12.3 1.36.3

表を見て目に付くのは先行勢の健闘。毎年、4角で4番手以内の馬が一頭は絡んでいる。2015年のマテンロウハピネス、2014年ミッキーアイル、2011年テイエムオオタカは逃げて好走。開幕週だけあって内が有利になりやすく、外差しは効きにくい。追い込んで勝ったのは2012年のジャスタウェイのみ。時計のほうも特徴的で、開幕週の良馬場にもかかわらず低速戦が多い。速くなっても2013年の1.34.0が近年では最速で、この年はミッキーアイルなどハイレベル戦。なので、基本は34中盤~35秒台の勝ち時計になる。ラップも阪神の坂の影響によりラスト1Fは減速する。最も速いので2013年の11.8。パワータイプ、かつ先行~好位から進める馬が狙い目になる。

血統は、ダイワメジャーなどSS系とノーザンダンサー系が中心。2015年はヤングマンパワーのスニッツェル×SS、アルマワイオリのマツリダゴッホ×ピルザドスキーのワンツーだし、2014年のミッキーアイルもディープ×ロックオブジブラルタル。2011年に11番人気で激走のキョウエイバサラはAussie Rulesというダンチヒ系が父。ローテーションはシンザン記念でちょい負け、500万で強い競馬をしてきた馬がいいかな。

では次に各馬の分析です。

シンザン記念組、ジュニアカップ組

【シンザン記念】12.5 – 10.9 – 11.4 – 11.5 – 11.8 – 12.3 – 11.7 – 12.0 1.34.1

シンザン記念からは3頭が登録。京都の内有利の状況で、46.3-47.8のハイペースの展開で前が残るという結果。レベルとしては低め。3着シゲルノコギリザメは飛ばして、5着レオナルドは内枠を引くも出負けして後方からのレース。ジュエラーに次ぐ上がりで追い込むも届かずという内容。記事にも書いたように阪神の低速戦をいい内容で勝ってきてからの京都の高速馬場だったので、母父ガリレオからも条件としては厳しかったか。そう考えれば今回は再度阪神に戻って、過去の傾向から低速戦になりやすいアーリントンCは条件好転。出負けのリスクは今回も当然あるけど、スタートさえ決めれば、能力は足りているので上位に来る可能性は高い。アドマイヤムーン×ガリレオで、母父がノーザンダンサー系。

6着レインボーラインも京都マイルよりは阪神のほうがパフォーマンスを上げるタイプ。2走前の千両賞はサンライズクロンヌに競り勝ちで500万してはレベルは高め。この千両賞も時計は1.35.8と遅いので、シンザン記念よりはアーリントンCのほうが向いているはず。先行力はないので、勝ち切れるかは疑問も、条件としては悪くない。ステイゴールド×フレンチの血統。

【ジュニアカップ】12.9 – 11.5 – 11.8 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.3 – 11.7 1.34.2

ジュニアカップは中山金杯と同日の開催。当時の中山芝は高速馬場で決め手も活きる状況だった。レベルは、同日の古馬1000万マイルと比較した場合、500万クラスあたりの評価になる。ただ、その古馬1000万マイルはアンタラジー-ルナプロスペクターのハイレベル戦なので、それを考慮すると1000万のちょい下くらいには見ていいかもしれない。シンザン記念より少し上の評価。ラップを見れば先行馬に有利なものなので、内容としてはダンツプリウスよりアーバンキッドのほうがいい。好位で進められるのはダンツプリウス、能力はアーバンキッドという感じ。それぞれ血統はブライアンズタイム×マンカフェ、ハーツクライ×Swainで、アーバンキッドが阪神マイル向きかなという印象。

クロッカスS組、ヒルノマゼラン

【クロッカスS】12.4 – 11.0 – 11.6 – 11.9 – 11.7 – 11.4 – 11.7 1.21.7

このクロッカスSもハイレベル戦。当時の東京は稍重の馬場で、ラップはスローより。特にトウショウドラフタは1000万以上の走りをしている。アーリントンCに登録があるのは2着オデュッセウスと4着シゲルノコギリザメ。オデュッセウスはトウショウドラフタには完敗もそこまで悪い内容ではなく、57kgだったことを加味すると1000万のちょっと下くらいかな。ファルヴラヴ×スペシャルウィークからも低速戦向きで瞬発力も欠けるタイプ。京王杯はその瞬発力が問われたレースで凡走している。今回は上でも書いたように速力、瞬発力ともに不要なレースなので適性的には合致するし、先行もできるので、警戒が必要かなあ。マイルに延長でも血統からは体力面の不安はない。シゲルノコギリザメはオデュッセウス以上に瞬発力に欠ける適性。その点シンザン記念ではハイペースに持ち込んでうまくはまったとはいえる。それでも阪神1200mの500万は優秀で、今回もシンザン記念のように積極的に運べれば、再度激走があってもおかしくない相手関係ではある。スーパーホーネット×タイキブリザードで父ノーザンダンサー系の血統もいい。

【白梅賞】12.5 – 11.2 – 11.5 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.6 1.33.7

ほかに触れておきたいのはヒルノマゼラン。この白梅賞はシンザン記念と単純に比較しても上の内容で走っている。エルビッシュ、サンライズクロンヌと合わせて上位3頭は優秀な時計。前走のこぶし賞は重馬場の超低速戦だったので特殊なレースだったとしても、この白梅賞分走れば勝ち負けできる相手。マンカフェ×ブライアンズタイムは少しイメージとはずれるも、能力と先行力は評価しないといけない一頭かな。

ロスカボス、ロワアブソリュー、ボールライトニングは人気に見合った能力を示しきてはいないのが現状。それよりも、ここまで見てきたように、ジュニアカップ、クロッカスSが思いのほか内容がいいので、この組は注目しておきたい。特にオデュッセウスとアーバンキッド。シンザン記念の2頭、ヒルノマゼランも能力は足りているし、適性も合う。なんとか上手く馬券を組み立てたい。

中山記念はこちら→中山記念2016予想 ドゥラメンテほか豪華メンバーが集結!

阪急杯はこちら→阪急杯2016予想 ミッキーアイル、レッツーゴドンキほかの分析

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする