有馬記念2015予想 中山の馬場を踏まえて最終結論!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日は有馬記念!2015年の締めくくりの予想となるので、すっきり終わりたい!これまで3回に渡って検討してきたので、それらと土曜日中山の馬場傾向を踏まえて最終結論といきます。まずは馬場の分析から。

※過去の傾向についてはこちら
予想記事その1→有馬記念2015予想 まずは過去の傾向から

中山芝の馬場傾向

5回4週中山

最初は3Rマイル。48.3-47.7のスローの展開からローズクランスが外差し。2着シャララは逃げ馬。ペースの割には速い時計が出ていて、先週より速いくらいの水準か?血統はいつもの中山という感じだけど、時計が想定以上に速い可能性がある。5R000m内回り。新馬戦はルネイションが先行押し切り。ここもスローになったので前々での決着。ルネイションはアドマイヤムーン×Pivotal、2着クラウンディバイダはダイワメジャー×サドラーズウェルズ。7Rも2000m内回り。人気馬が上位を独占という結果になってこれはレベルがある程度以上にはありそうだ。展開はスロー気味でも低速戦の持続力。やっぱり時計は速くて500万条件で2分フラット。もちろんこのレースレベルの高さはあるんだろうけど、この時期の中山にしては速め。1着ツクバアズマオーはステイゴールド×ジャイアンツコーズウェイ、2着ミュゼダルタニアンはハービンジャー×SSという血統。

9RクリスマスローズSは4F目に12.3と緩んで、ラスト2Fが11.5 – 11.6なので前に有利の流れになった。この流れになっても8枠バシレウスライオンは差してこれているので、外も届かないというわけではなさそう。極端な外でなければ問題ない。黒松賞より決着が遅くなったので展開によるところが大きい。馬場の水準は当時とそれほど変わっていないのだろう。最終グレイトフルSは有馬記念と同じ2500m。ウインアルザスがペースの割には縦長の展開を作るも、ポトマックリバーが一枚上の内容で快勝。ラスト2Fは11.4 – 11.8なので、最後まで減速せず。1着ポトマックリバーはハービンジャー×スウェプトオーヴァーボード、2着ウインアルザスはシンボリクリスエス×Sicyos(リファール系)の血統。

昨年と比較して見ると時計の出方も内外の有利不利もほとんど同じ。ペース次第で決着時計は変わってくるけど、時計は出る馬場だし、冬の中山にしては軽め。グレイトフルSなんかを見ても先行馬はやはり警戒しないといけないなあ。血統はハービンジャーなどノーザンダンサー系が良さそう。

有馬記念2015の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→有馬記念2015の枠順

展開はリアファルが逃げる。奇襲をかけてきそうな陣営も不在ですんなりいけそうなメンバー構成。番手にキタサンブラック、ゴールドアクター、好位にラブリーデイ。ゴールドシップはいつも通りテンで置かれる可能性が高く、加えて外枠なのでさらに置かれるかもしれない。ペースはルメールJ次第なので判断は難しいけど、リアファルのここまでの逃げは飛ばしていくタイプではないのでスローになる公算が高いか。昨年~やや速めくらいのイメージで。

◎アルバート
○ラブリーデイ
▲ゴールドアクター

ショウナンパンドラの回避があって、能力的なハードルは下げて予想したい。ラブリーデイもペース次第では体力切れを起こすリスクがあえり、パフォーマンスが落ちれば、馬券内であれば可能性のある馬がかなり増えてしまう。

◎はアルバート。検討記事(予想記事その3→有馬記念2015予想その3 エリザベス女王杯組、ゴールドアクター、アルバートほかで指摘したように、ステイヤーズSは過去のもの比較しても優秀で、この相手なら上位の能力値。ラップを見てもコテコテの長距離馬だとは思えない。札幌の500万のレースは洋芝でも2分を切っているし、上がりも34.1かつラスト1Fは11.4。速力も兼ね備えている。土曜日のグレイトフルSのポトマックリバーは母父がスウェプトオーヴァーボード、アルバートは同じミスプロ系のダート血統アドマイヤドンなので、類似性はある。これらから今の速めの中山芝にも十分対応できると判断できる。枠も3枠と絶好、ショウナンパンドラ回避で下がりそうなレースレベル、ここは一発を期待していい場面だと思う。アッゼニJについては、アルバートに比叡Sで騎乗済、中山も騎乗経験はある。現状7番人気ならアッゼニJでも狙ってみたい。

対抗はラブリーデイ。適性については検討記事(予想記事その2→有馬記念2015予想その2 ジャパンカップ、菊花賞組の評価はとおりで、体力面をカバーできる状況は揃ったかな。2枠4番、速い馬場、スロー濃厚。ジェンティルドンナの競馬ができれば、崩れる可能性は低い。◎でもいいかなと思ったけど、アルバートを狙ってみたかったので、対抗にしました。今年は中山金杯で◎にした(前のブログで)ことからスタートしたので、そういうこともあって本命にしようかと考えたけど。▲はゴールドアクター。ここ2走はいい内容でジャパンカップ組上位馬と同等のレベル。ただどちらも低速戦からの瞬発力勝負で、いくらスローになるといっても、有馬記念と求められるものとは少しずれるので3番手の評価。余裕があるローテーションだし、特にここ2走の内容は本物なので。

印を回そうが迷ったのはリアファル。主導権を握れる可能性が高く展開利がある。ただ菊花賞のレベルはそれほど、ゴールドアクターと同じく適性のずれはある。なので能力が上のゴールドアクターのほうを取った。ゴールドシップはラストランということで頑張ってほしいが、8枠なら相当テンで置かれるだろうし、衰えもあるので無印。ヒットザターゲット、サウンズオブアース、ラストインパクト、アドマイヤデウスあたりが穴か。

買い方はアルバート単複と、ラブリーデイから名前を挙げたところを中心に流すという感じかな。アッゼニJには前目の位置取りをお願いします。

それでは、全馬の無事完走と皆さんの有馬記念が楽しいものになるよう願って、一週間かけての予想を締めたいと思います。この後ホープフルSの記事もあげる予定ですが、一年間ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いします!

ホープフルSはこちらから→ホープフルステークス2015予想 ロードクエスト、バティスティーニ他のここまで

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする